テーマ:DV

DV母子寮に行ってきました

ある方が、なんと、シェルター(この場合は母子寮)にいる奥様を探し当てました。 そのシェルターのスタッフから、お父さんは殺人鬼と言われているのでしょうか、あんなに仲良かった父と子供達だったのに、子供達は「怖い」と言って逃げてしまったのだそうです。 子供がいなくなって、その方は15キロくらい痩せてしまいました。何のためにいままで頑張…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

夫を罠にかける妻 その2

さて、前回(http://constanze.at.webry.info/201105/article_1.htm)ご紹介した保護命令申立書の用紙の事例でですが、奥さんの主張では、ご主人は、奥さんが坊やに添い寝をしていると、いきなり奥さんの後頭部に靴を投げつけて、2回蹴り、さらに前頭部、後頭部、側頭部、つまり頭をあっちこっち殴ったりけっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夫を罠にかける妻 その1

香川県の男性から、私のサイトに公表するという許可をいただき掲載します。 この保護命令申立書は、あらかじめ用意された用紙にレ点等を打って作られております。本人の記述もありますが、わずか。夫婦喧嘩は多種多様であり、用紙にパターン化して説明できるものではありませんが、これを見ると、「妻たちをその気にさせて、どんどん用紙に書かかqせて、どんど…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ある父親の怒りと悲しみ2

裁判所も家庭が円満だったことを認めるが…  私は、妻と結婚以来、妻と息子を連れて旅行をすることが何よりの楽しみで 日常生活の折々や家族で買物に出かけた際や家族旅行の都度、家族3人の写真を撮影してきました。  その家族写真のどれにも,私、妻及び息子の幸せ一杯の表情が判然と写って います。  これにより、私が息子に対しては…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ある父親の怒りと悲しみ1

これは、DV防止法によって我が子と引き裂かれた、ある父親の手記です。 この父親はビジネスマンとして、立派に仕事をしていました。現在も、立派に仕事をしています。家族を愛し、家族のために働いていました。奥さんが浮気をしたことで、夫婦仲がしっくりいかない時期がありました。なぜ、浮気をしたのに、奥さんが子供を取り、浮気をされた父親が、子供に会…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

H22.9.5集会報告 Ⅱ

「DV法」の見直しと「DV法」による裁判所の人権侵害阻止の訴 平成22年9月5日 私達は、ある日突然、妻が夫に暴力を振るわれたと警察に虚偽の申告をし、夫に行先も知らせないまま子供を連れて家出をし、妻のいう夫の暴力についてはその真偽について一切調査もされないまま、私共は、所謂「DV男」との烙印をおされ、警察、市役所並びに子供が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

H22.9.5集会報告Ⅰ

9月5日の集会には、予想以上に多くの人があつまってくださいました。私達は、10人集まればいいね、とうちうちで話し合っていたのです。ところが、なんと、30人以上のご参加をいただき、嬉しく思いました。 広島や島根や鹿児島からのご参加がありました。自殺しようと考えていた男性も思いなおしてくださいました。DVでシェルターに行った先で、児相…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

H22.09.05 集会のお知らせ

今 立ち上がろう! 集まってください!! ~DV防止法犠牲家族の人々へ~ 悔んでいても誰も助けてはくれない!! 女権行政が警察や裁判所を使い、夫を罪人に仕立てて、家族を破壊へと追いやっています。さらに、家を出た母親が連れている子供達を、児童相談所が拉致誘拐軟禁する実態が生まれています。日本の家族が3分割(夫・妻・子供)される…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

祐輔さんのお父さん、頑張って

祐輔さんのお父さんへ 祐輔さんのお父さん、産経新聞の記事を読みました。DVの虚偽、歪曲、針小棒大、の訴えは、ひとり、香織被告だけではありません。殆どすべてのDV申立書がそのようになっています。 そして、裁判所の裁判官は、証拠もなしに妻側の言い分をそのまま認めます。 それは、裁判所の人達が研修と言う名の圧力を受け、DVを証拠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな記事を待っていた!! 君は「SPA」を見たか

SPAが女権行政に苦しむ男性を特集!! SPA!!H2206.22 女権運動家のクレームや権力者からの圧力があるのか、多くのメディアが女権の横暴とそれに苦しめられる人々についての記事を掲載できないでいるなか、ジャーナリスト魂を地で行く記事が出ました。 ちょっと、つっこみが足りない気がしますが、のまりんが書いた記事以外で、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連・児童の権利委員会傍聴報告会

行ってきました ジュネーブ 国連・子供の権利委員会! 傍聴報告会! ☆日時 6月17日(木) 午後7時より ☆場所 ホテル機山館 〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211 FAX:03-3812-2937 東京メトロ丸の内線、都営地下鉄大江戸線本郷三丁目…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

裁判所のねじれ決定の物語 その3

虚偽歪曲針小棒大!! 邪悪なる申立書 巨悪に立ち向かう答弁書 まず、この男性の奥さん側から出された申立書。 次に、この悪意に立ち向かう答弁書。 http://constanze.at.webry.info/201004/article_2.html 裁判所のねじれ決定の物語 その2 http://constan…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

裁判所のねじれ決定の物語 その2

弁護士が語る離婚論 前回のこのブログの記事で、奥さんが浮気をして子供を連れて行方をくらまし、その上、DV夫にしたてあげられてしまった男性に対する、同じ裁判所のねじれた決定をご紹介しました。 http://constanze.at.webry.info/201004/article_2.html ↑ これです。 さて、この男…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

裁判所のねじれ決定の物語 その1

裁判所のねじれ決定の物語 その1 妻子の居場所が分らないのに保護命令 上の画像をご覧ください。ある男性に下された保護命令です。日付を見ましょう。平成22年3月15日です。この男性にとっては、2度目の保護命令です。半年前の9月7日に発せられました。この男性には妻子の居所が全く知らされておらず、奥さんの代理人弁護士と称する人が、…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅤ

原玲於奈君の物語 そのⅤ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanz…
トラックバック:10
コメント:3

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅣ

原玲於奈君の物語 そのⅣ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanze.…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more