テーマ:裁判関係

七生養護学校性教育を覚えていますか 4

土屋都議のメッセージ 過激性教育は、七生養護学校だけで行われていたわけではありません。八木秀次高崎経済大学教授の奥さんが 保護者参観で学校に行ったとき、あるクラスから『セックス、セックス、セックス』と言う大合唱が聞こえて 驚いたと産経の正論欄に書いてありました。 私たちが問題にしたのも全く同じで、たまたま、七生養護に行っただ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七生養護学校性教育を覚えていますか 3

さて、いよいよ、今年、平成23年9月16日に出た、高裁の第2審の判決文。 もちろん、紙を重ねると、3センチくらいの厚さになるほどの文書が裁判所から各弁護士さんに送られました。 しかし、一番大切な結論は、これだけ。 前の第一審のまんま、変わらない。 裁判にかかったお金は、各自で払いなさい。 っていうことです。つま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

七生養護学校性教育を覚えていますか 2

それでは、第一審の判決文の復習です。 主文 教育委員会に教師達が教材返せとか、原告一人につき一人99万円ずつ払えだのというのはみんな却下。でも、ちょっと可哀想だから、少しお金を払いなさいよ、というもの。 事案 どういう裁判か、書いてある。平成15年7月、都議らが七生養護学校を視察し、保健室に入ってグッズを見て「わー」「ひ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

七生養護学校性教育を覚えていますか

七生養護学校の性教育を覚えていますか。 このブログは、児童相談所が子供を連れ去ったり、女権主義者らがDV法を利用して、家族破壊と利権をもくろんでいることを書くために始めたブログではなかったんですね。 このブログは主に、性教育の実態を正しく報道し、日本の社会の良識に訴えるためのブログとして始めたのです。 さて、七生養護学校の高等…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

判決文紹介その2

判決文紹介その2 理由の要旨 争点1  ①不当な支配、自由の侵害については原告の主張には理由がない。過激な性教育ができなくなっても、それは都教委の適法な権限に基く指導によるもの。 ②都議らの視察時の物言いは、原告の「名誉感情」を傷つけた。(賠償責任あり) ③都教委は都議らの物言いについて、それを制止しなかった。(賠償責…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

判決文紹介その1

いよいよ、判決文の紹介です。 主文 教育委員会に教師達が教材返せとか、原告一人につき一人99万円ずつ払えだのというのはみんな却下。でも、ちょっと可哀想だから、少しお金を払いなさいよ、というもの。 事案 どういう裁判か、書いてある。平成15年7月、都議らが七生養護学校を視察し、保健室に入ってグッズを見て「わー」「ひどいな」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

七生の過激性教育裁判 おさらい その2

七生の過激性教育裁判 おさらい その2 http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin2.html これは視察の日の写真。日野市義渡辺眞先生がお撮りになった。私は渡邊先生から前日、電話をいただいた。翌日、渡邊先生が都議らと一緒に七生養護学校に視察に行くとのこと。私は写真を必ず撮ってくだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

七生の過激性教育裁判 おさらい

七生の過激性教育裁判 おさらい 七生養護学校の性教育事件とは何か。それは、“人間と性”教育研究協議会(性教協)の影響を受けた教師達が、七生養護学校に何人かいて学校全体が過激な過激な性教育を行っていたことが発覚し、その性教育について都議会議員らが議会で質問したり、都教委に改善を要求したり、都議らが七生養護学校に視察に行ったりして、教…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

七生裁判第一審のまりん達良識派の勝利!299/300

のまりん&三都議・都教委達 良識派の勝利 【法廷傍聴記】 1.原告らの被告都教委に対する訴えを却下する。   一同静まった。 「え、敗訴?」と皆思ったであろう。 しかし、 2.被告東京都、被告三都議は、連帯して原告二人の保健婦に各5万円と年5分の金利分を支払え。   原告弁護人が傍聴席に向かって右親指を立て…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

2月25日 土屋・田代両都議尋問に立つ

 あの過激性教育を行っていた七生養護学校・性教協ラインがが引き起こした裁判。私は勤務でせっかくの土屋・田代両都議の尋問を聞くことはできなかったけれど、報告集会に行くことはできました。  出てきた人に、土屋先生どうでした?と聞いたら、「ふふ、面白かった」と言いました。土屋先生に、「ご苦労様でした」と言ったところ、「むこうの(七生・性教協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状11 損害賠償請求6

34、35、36、37ページ 「本件」が教育内容への「不当介入」や「不当支配」ということはあり得ません。きちんと手続きを踏んで視察、調査、厳重注意などをしました。このような指導義務を教委が負わずして、教委の存在価値はありません。 視察参加者はそれぞれ、自分達の意志できたのであり、「同行」したり、させたりで参加したのではありま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過激性教裁判育訴状10 損害賠償請求5

32パージと33ページ これら露骨な性教育が「職務」とは、とうてい思えないものです。 http://constanze.at.webry.info/theme/a25b246434.html http://constanze.at.webry.info/theme/075e63acf0.html http://constanze…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状9 損害賠償請求4

訴状30ページと31ページ 訴状が同じことを繰り返すので、こちらも同じことを繰り返すのですが、都教委は正式な手順をふんで(地教行法にもとづいて)不適切な性教育の是正をしたものです。私がここで皆様にお見せした、多くの指導案、多くの教材をもう一度ご覧下さい。 写真 指導案 報告 教材 これだけを見ても、教育委員会は何らか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状8 損害賠償請求について3

保護者も「正しい性教育」を受けてこなかった、とはどういうことか。「正しい性教育」とは何か。「正しい性教育」が、子供に「性の自己決定権」を付与するものであったり、露骨な教材・教具を使用するもの、性交の様子を絵本や人形で見せるもの、家族の劇と称して、役割分担の解消をめざすもの、ならば、大間違いです。それは正しい性教育ではありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育訴状7 損害賠償請求について2

まず、ここできちんと認識をしなくてはならないことは次のことがあります。本来、学校教育においては、性教育という言葉を使う必要がないということです。性に関する指導は、実は、あらゆるところに隠れて潜んでいます。また、そのような指導、しつけの延長線上においては、一見、性に関係ないようだが、性に関係することも含んでいる場合が多いということです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状6 損害賠償請求について1

 憲法26条の解釈について、七生・性教協ラインが見習えとする旭川学力テストの最高裁判決における「理由」に書いてあることをは次の通りです。 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・° 憲法中教育そのものについて直接の定めをしている規定は憲法二六条であるが、同条は、一項において、「すべて国民は、法律の定…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状5 本件養護学校で起きた権利侵害の事実経過

だいたい、「権利侵害」てな感覚が、私ら良識派からは理解できないものです。わいせつ物陳列的行為、薄いきみの悪いアンケートなどなど、こういうことをしていることに対して、教委や議員やマスコミが批判するのは、当たり前です。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin330.html 再び「のま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状4 性教育が実施された経緯

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin330.html 上は、「のまりんの部屋」の訴状紹介ページです。あのような露骨な教材・教具を使う理由や、なぜ、七生で性教育を行わなくてはならないか、などが縷々述べられています。その不自然な弁明に対する、私の反論が上のページにありますので、ぜひ、ご…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

過激性教育裁判訴状3 当事者について

かつての七生養護学校についてと、「当事者」の説明です。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin330.html 上のアドレスは、「のまりんの部屋」の訴状ページです。 下のアドレスは、訴状の画像です。 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが運動のプロ 企業みたい

七生・性教協ラインの支援団体は、年収一千万円を目指すのだそうです。さすがです。この能率のよさ、手馴れた感じは、運動のプロというか、殆ど、企業という感じです。私達良識派は、こういう人達がする運動に対し、社会を守るために努力しています。私達も、こういう人達のやり方を見習いましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七生・性教協ラインの活動

ここに掲げるものは、七生・性教協ラインの集会等で配布されたパンフレットの一部です。七生・性教協側の支援者の名前が列挙されています。公開を許可した人達の名前と思います。胎盤食、露骨な会話、性器模型、本当の人権侵害的調査等、人間の精神やモラルに対する破壊的な、イデオロギー運動、悪魔の囁きの繰り返し、これらを支援する人達です。 キンパチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七生・性教協ラインの裁判指導者達

これは、実質的に七生・性教協側の裁判支援の会を運営している人達の名前です。キンパチ先生の脚本家もいます。浅井春夫さんなど性教協の人達は当然、一生懸命頑張るんでしょうが、その他の作家だの学者だの気が知れません。このブログで次々と公開されたかつての七生の性教育の実態を知れば、これに自分が加担するなど、普通ならできません。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more