テーマ:中朝国境苦難の行軍

3月に北朝鮮恵山を撮った写真が夕刊フジに

6月4日付けの夕刊フジ(3日の夕方発売)で、お父ちゃまと一緒に、臨江から長白へ、北朝鮮を見ながら行った時に撮った写真が、夕刊フジの特集となった。私もお父ちゃまも、この苦難の行軍の写真の特集をすごく喜んだ。(画像をクリックしてください。出てきた画像が小さい場合は、少し待って、右下に出てくるマークを再びクリックしてください。下と右に青く細い…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中国国境苦難の行軍その4 中国の風景

臨江の川岸を散歩しました。お父ちゃまの後ろは北朝鮮です。お父ちゃまの前を豚を連れた男性が歩いています。のどかな風景です。庶民の住宅街です。中国ではレンガの家が多いです。後ろに立派な建物が見えます。手前には庶民の質素な暮らしが映っています。角の家に貼り紙がありました。近寄って見て見ました。性病にかんする啓蒙か、あるいは、相談所の案内でしょ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍その3 中国の風景

中国とは、空港を降りたときから息を吸うのが苦しいところです。とにかく、空気が悪く、ほこりや何かを燃やす匂いがします。下の写真は、車窓から見たビルの景色ですが、晴れた日でも靄がかかったようです。いつもそうなのです。 これは臨江の長白山大酒店(ホテル)の中。きれいな部屋だが、こういうところが何となく間が抜けている感じ。大雑把な感覚なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍20.03その2 調理器具を置いてある中国の仰天トイレ

 28日は、臨港の調白山大酒店(ホテル)から、一路、瀋陽まで車で帰えりました。臨江から通貨に出て食事をし、再び来るj間を走らせると、途中の街で、去年の11月に中国に来たときに立ち寄った「公厠」(公衆便所)の前にさしかかりました。私は運転手に頼んで止めてもらい、カメラを持って「公厠」へ向かいました。このトイレには、11月に中朝国境を調査し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍20.03その1

☆26日瀋陽の空港 物々しい警備  飛行機から構内の廊下を歩き、階段を降りると、一人、軍人が立っていました。税関の前で旅行客が並んでいるフロアには、それら旅行客の後ろに2~3人の軍人が立っていました。税関でパスポートの確認を済ませて出てくる旅行客に向かって、3人の軍人が立っていました。飛行機から出てきた荷物がぐるぐる廻っている場所の近…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境 苦難の行軍!!!8 中国の風景

とまんの国境の橋から川向こうの北朝鮮を眺めることは、中国政府により許されている。観光客も多い。下のURLがそれ。中国の最果ての地であるためか、日本からの観光客は多くないがまったくいないわけではない。 http://miyatsuka.at.webry.info/200708/article_5.html さて、下の写真は、この地…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境 苦難の行軍!!!7 愛しや延吉平壌食堂

店内にあるポスター。内容についてお父ちゃま(山梨学院大学経営情報学部教授)のコメントを以下に紹介します。 平壌食堂のオットセーのポスターにはこのように書かれています。 「ヤンゲーロン 健康が担保(保障)される茶(大文字) 特効(オットセーの頭の所の黄色い文字) 中年期と老年期に性機能が劣る現象 性機能不振などに特効 旺盛な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境 苦難の行軍!!!6 愛しや延吉平壌食堂

延吉白山大廈の近くに平壌食堂があるホテルがある。平壌食堂とは本来なら北朝鮮当局直営を指すらしいが、最近は、中国人の経営でも北朝鮮からの若い女性が数人で歌や踊りや接待をしてくれるところがあり、北朝鮮の若い女性がいるレストランを総じて「平壌食堂」と言っている。ここの「平壌食堂」も中国人の経営。行ったら、ショウーを見ることができる大部屋の座席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍!!!4

携帯電話の女を見た橋。橋の名前が書いてあるが、よく読めない。戦前、日本が作った。朝鮮戦争の時に破壊された。かなり遠くから写した。小屋の部分を確認すると、人影が。近づきながら恐る恐る写した。橋の袂では、ピクニックをしているような感じだ。この人の群れを離れて、女が携帯電話をかけに川原に下りたのか。 拡声器の声は私達を威嚇していた。誰が、な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境 苦難の行軍!!!5

これは中国延辺にある、脱北者の収容所。中国当局は脱北者をここに一時収容し、朝早く北朝鮮へ送り返すという。青い屋根の建物も、収容所である。 ズームで窓を調べると犬走りになにか置いてある。調べると、靴だった。 関連記事 http://miyatsuka.at.webry.info/200708/article_3.html …
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍!!!3

 国境に途切れた橋があった。橋の向こうに人が何人かいるようであった。その人の群れから離れて、橋に向かって左のかわらに、子供が何人か出てきたように見えた。赤い服を着た子供もいた。私はとにかく300ミリの望遠でシャッターを切った。  画像を見ると、子供と思った何人かは、若い女だった。赤い服を着た女は携帯電話で話をしているような風情だが、ど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍!!! 2

たぶん、中国というところは人々の感覚が私達日本人に比べて、すごく大雑把なんだと思う。これは、国境の橋のたもとの食堂で頼んだビール。ラベルが大胆に剥がれて敗れている。中国らしいと思ってシャッターを切った。 また、食堂に入ると、テーブルがきれいに拭いてあるかすごく気になる。割り箸は全てビニールの小袋に入っており、衛生的ではあると思う。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のまりんの中朝国境苦難の行軍!!!

8月13日、ソウルインチョン空港に到着。ソウルのラマダスイートホテル一拍。 8月14日、中国延辺朝鮮民族自治区延吉空港到着。飛行機の窓から見ると、軍用機があった。 すごくトイレに行きたい。税関のお兄さんがなんだかすごく愛想が良い。待っている間、不思議に思って見ていました。次々パスポート見て、何がそんなに面白いのか。中国は北京オリンピ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more