テーマ:子供の権利関係

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅴ

緊急速報です。 今お伝えしている男児の児童相談所隔離軟禁事件ですが、男児は、緊急手術、緊急入院となりました。 ところが、医師の診断書も、入院している病院も、児童相談所は両親に教えないのだそうです。 何をされたのか。どうも、すいちょうらしいのですが、詳しいことはわかりません。 何せ、両親は子供に会わせてもらえないので、心配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅳ

担任と母親との感情のすれ違い さて、前の記事で紹介した、学校からの報告書ですが、この文書は校長先生が書いたこととなっています。 文書を全部読むと、できごとのすべては担任の先生の情報がもととなっており、校長先生は担任の先生の先生を信頼して、児童相談所への密告を決断した、ということが伺われます。 (なお、赤い書き込みは男児の母…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅲ

段取り良く親を追い詰める児童相談所 下の画像は、今お伝えしている事例の男児の小学校の校長先生が書いた報告です。これは校長先生が「大阪府中央子ども家庭センター」の所長に宛てに書いたもの。この文書は家庭裁判所に提出されました。 この文書の日付は、3月15日です。しかし、お母さんがこれを見て自殺したという、文書も、3月15…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅱ

発達障害のある子供を両親から奪い、隔離軟禁を続ける児童相談所の手口の事例です。 今までのお話は、 http://constanze.at.webry.info/201111/article_5.html ↑ ここをお読みください。 母親が死んでも会わせられない 母親のことを心配して、父親は「大阪府中央子ども家庭センタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例

学校による密告まで 平成22年、6月、大阪のある町で、小学校1年生の男児と、その母親が二人で暮らしていました。担任の先生から、その男児に発達障害の可能性があると教えられ、学校のカウンセラーの先生に紹介された「やすはらクリニック」で服薬治療を開始しました。 同年10月、母親の男性の友達と、その男児が知り合い、男児はその男性を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

神経を逆なでするテレビ番組

日本テレビが、児童相談所を大変良いところである、というふうに紹介するドラマを放映しているそうです。私は、地デジを見ることができず、テレビを廃棄してしまったため、その番組を見ることができません。 しかし、児童相談所に愛する我が子を拉致されたあるご夫婦が、その番組を見て、あまりに神経が逆なでされるため、抗議をしに行きました。門前払いだ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

最初はチョコ 次にコンドーム

街に繰り出して、「若者」を見つけ、親しげに話しかけてチョコをあげたりして、運動家の建物に導き、やってきた若者に性の悩みの相談などをしてあげるらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の会議ごっこ

子供に議会ごっこをさせて、人権に良いことをした、とえつにいっている人たちがいます。そういう人権主義者のよく使う珍語の一つに、「居場所」っていうのがあります。疎外感を持つ子供が「私には居場所がない」とかいうんだけれど、(大人がそう、言わせている)、疎外感を持つとか、みんなが私を仲間にいれてくれないとか、みんなが私をちやほやしてくれない、と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腐った運動

日本は法治国家ですが、時々、教員が日本をなしくずしに法治国家ではなくしてしまう運動に加担しています。そのような、腐った運動例を一つ紹介します。 なんと、教員が職員室でこのようなパンフレットやカンパ袋をまわしています。この物語の登場人物を整理すると、 ①フィリピンから来た母親  「別名のパスポート」つまり、偽造パスポートあるいは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成21年度版人権ワークシート

 私は以前、児童虐待防止運動によって、教師達を洗脳し、日本の国民を家族破壊へと導く「人権学習ワークシート集-人権・同和教育実践のために 第11集(小・中学校編)」(平成19年3月神奈川県教委の教育委員会)について、このサイトで報告しました。2008年のことだったようです。  この冊子の改訂版が、平成21年、3月に発表されていました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国連・児童の権利委員会傍聴報告会

行ってきました ジュネーブ 国連・子供の権利委員会! 傍聴報告会! ☆日時 6月17日(木) 午後7時より ☆場所 ホテル機山館 〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-20 TEL:03-3812-1211 FAX:03-3812-2937 東京メトロ丸の内線、都営地下鉄大江戸線本郷三丁目…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その3

弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2 第三 玲於奈に対する空前絶後の人権侵害の犯罪行為 空前絶後の人権侵害 謎の男 DV活動家 NT 小学校に現れたNT 許可された面接 副校長が外から鍵をかけた 珍問愚問のオンパレード 毎日学校に行かせてもらってますか 行かせてもらっているから、あなたと話しをし…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2

すでに、「弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その1」は皆様におとどけしました。事件の背景の説明でした。いよいよ、事件の内容に突入します。 弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2 児童の意見表明権に抵触 12条 空前絶後の人権侵害 児童の権利に関する条例 両親が別居のときには どっちにつくか意見を言う権利に抵触…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その1

弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 そのⅠ ~事件の背景~ ココ読んで 父親が手塩にかけて養育した 母親側から、人身保護法に基づく引渡し請求事件 裁判官も母親への引き渡しを認可しなかった 母を忌み嫌う少年の気持ち 仲直りしたくありません 日常的に接している人々が 玲於奈の母の存在を否定 なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族を守るために抗議要請を!!

全国の有志達よ、 日本の家族を守るために 抗議・要請を!! 拡げよう、良識の輪☆.。.:*・°  夫婦別姓より破壊的  既に家族破壊の教条持ちに主導された厚生労働省の児童家庭局など(下記参照)は、夫婦別姓よりも強力な、家族破壊の民法改悪を行なおうとしています。  読売紙1月5日付けによると、子供を拉致・誘拐、隔離…
トラックバック:10
コメント:31

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅤ

原玲於奈君の物語 そのⅤ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanz…
トラックバック:10
コメント:3

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅣ

原玲於奈君の物語 そのⅣ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanze.…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅢ

原玲於奈君の物語 そのⅢ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanze.…
トラックバック:12
コメント:42

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅡ

原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html 原玲於奈君の物語 そのⅠ http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html 原玲於奈君の物語 そのⅡ http://constanze.…
トラックバック:18
コメント:1

続きを読むread more

原玲於奈君の物語 そのⅠ

原玲於奈君の物語 原君の物語を始める前に、去年の経緯を紹介します。 http://constanze.at.webry.info/200809/article_3.html http://constanze.at.webry.info/200809/article_4.html http://constanze.at.web…
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

家族破壊と利権を狙う極悪人たちに抗議を!!

悪魔のサミット陰謀会議 親子を引き裂く研究会 子供の不幸促進と金銭獲得の目論見 すごく悪徳な人達がいることを知り、背筋がぞっとしました。法務省内の「児童虐待防止のための親権制度研究会」です。これって、児童に虐待をさせるためにあるようなものです。なぜなら、児童相談所が子供を拉致誘拐したとたんに、親権が児童相談所にうつる、そういう…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

悪魔に魂を売った讀賣新聞

悪魔に加担するオバカ記事出現!! またまた、讀賣新聞が悪徳記事を掲載しました。子供達が児相によって虐待を受けている現状をよく調べもしないで、日本の国の家族を破壊するようなことに加担するとは、それでもジャーナリズムと言えるのか。 子供が児相委託の施設で虐待を受け、同じ施設の子供達にいじめられ、親元に逃げ帰えり、その親がまた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)のうちわけ

熊本県「こうのとりのゆりかご」俗称赤ちゃんポストの利用状況 なんと、51件の預け入れのうち、39件、親が判明した。そのうちの38件が県外からの預け入れ!! 詳細その一 虐待の疑いは一件もなし、かぁ… 手紙を一緒に入れる親もいるらしい 詳細その二 やっぱり、子供というものは、祝福され、望まれるる環境の中で産むべ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

墨田児相VS浅野家・原君

浅野家に意地悪する墨田児相 墨田児相の成沢・松崎が、平成2年12月18、浅野家を訪れました。私達、児相拉致被害者レスキュー突撃隊は、この日も、浅野家を応援に行きました。 浅野家の子供達は、ピンポンがなると、「こわいー!!」とまた、叫んでいました。そして、お父さんやお母さんにしがみついて、「こわい、こわい」といい続けていました…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more