学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅴ

緊急速報です。 今お伝えしている男児の児童相談所隔離軟禁事件ですが、男児は、緊急手術、緊急入院となりました。 ところが、医師の診断書も、入院している病院も、児童相談所は両親に教えないのだそうです。 何をされたのか。どうも、すいちょうらしいのですが、詳しいことはわかりません。 何せ、両親は子供に会わせてもらえないので、心配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅳ

担任と母親との感情のすれ違い さて、前の記事で紹介した、学校からの報告書ですが、この文書は校長先生が書いたこととなっています。 文書を全部読むと、できごとのすべては担任の先生の情報がもととなっており、校長先生は担任の先生の先生を信頼して、児童相談所への密告を決断した、ということが伺われます。 (なお、赤い書き込みは男児の母…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校→児童相談所→家庭破壊のある事例 Ⅲ

段取り良く親を追い詰める児童相談所 下の画像は、今お伝えしている事例の男児の小学校の校長先生が書いた報告です。これは校長先生が「大阪府中央子ども家庭センター」の所長に宛てに書いたもの。この文書は家庭裁判所に提出されました。 この文書の日付は、3月15日です。しかし、お母さんがこれを見て自殺したという、文書も、3月15…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more