七生の過激性教育裁判 おさらい

七生の過激性教育裁判 おさらい

七生養護学校の性教育事件とは何か。それは、“人間と性”教育研究協議会(性教協)の影響を受けた教師達が、七生養護学校に何人かいて学校全体が過激な過激な性教育を行っていたことが発覚し、その性教育について都議会議員らが議会で質問したり、都教委に改善を要求したり、都議らが七生養護学校に視察に行ったりして、教員らが処分を受けたので、教員らがそれら一連のことを不名誉として裁判を起こした事件です。

原告は性教育を行っていた七生の教員達。被告は都教委、土屋たかゆき都議、古賀俊昭都議、田代ひろし都議、産経新聞、都教委です。

詳しくは、こちらをどうぞ。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin23.html
上記URLにはいろいろのことがリンクしてある。

http://constanze.at.webry.info/theme/9abf52439a.html
ここに、訴状の記事がいくつかあります。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin330.html
ここには解説が少し。途中で解説やめちゃったんだ私。この訴状、けっこう、支離滅裂なんで。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin42.html
この人形、すごく有名になりました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin387.html
こうゆうのもあった。これで、都議害議員たちが批判しない方がおかしいわな。これやったら、たいていの人は非常識と思う。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin370.html
私は七生養護学校の教員達の性教育についての会議録もHPで出したことがある。これを見ると、けっこう、悪影響もあったらしい。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin30.html
平成15年、はじめて都教委に都議らが行って性教育のグッズを見せてもらったところ。私の初めてのデジカメで、私の写真を待合室で土屋都議が撮ってくれた。ピンボケしている。私はこのデジカメで性教育のグッズや資料を撮って撮って撮って、使いすぎてシャッターがきかなくなり、やがて、このデジカメはボロボロなった。捨て難く、引き出しのおくにしまってあります。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin368.html
七生の性教育の教師達の中にはお産した時、自分のおなかの胎盤を食べた人もいる。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin365.html
これは「からだうた」について。「からだうた」なる珍奇な歌を七生の教師が作って、歌わせていたことを都議らが批判した。そのことについての教員達の話し合い。歌詞は次のとおり。

あたま あたま あたまのしたに
くびーがあっててかたがある
かたからうで ひじ またうで
てくびがあって てがあるよ
むねーにおっぱい おなかにおへそ
おなかのしたに ペニス(ワギナ)だよー
せなかはみえない せなかはひろい
こしーがあって おしりだよ
ふとももひざ すね あしくび
かーかとあしーのうら つまさーきー
かーかとあしーのうら つまさーきー
おしまい


教師の一人が「テーマソングみたいに歌っているのもどうか」と述懐しているところがあります。七生の教師の中にも、ちょっとやりすぎかしら、と考えている人がいたみたいです。
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2005/0507/ronbun2-1.html
これ、正論に書いた私の文章。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

過激性教育被害にあった保護者
2009年03月19日 10:06
全くふざけた裁判結果だと思いました。この七生の事件があった頃、息子が中学で養護教諭に過激性教育を受けるところでした。内容はひどいもので、マスターベーションの進めや、性交は生を知るよいチャンス!また、同性愛なども普通のこと、メディアリテラシーということで、学校に持ち込み禁止のはずのコミック本を持ち込ませる授業など、到底授業時間をつぶしてまで行う授業とは思えませんでした。そんな時学校に申し入れをした際、七生で起こったいる「事件」を産経新聞が伝えてくれたことは、学校側に有効に響きました。息子は、この変体授業を受けずにすみました。
この申し入れのとき感じたのは、教師は「教育権の侵害」などと言いますが、親には、全く口を挟む余地などなかったのです。私は、一保護者として三都議がなさったことは、我々のように子供の情操なども考えて育てようと普通に思っている親の代弁をしていただいたに過ぎない当然のことと思っています。
裁判長はずいぶんと非常識だと感じて落胆しております。性教協なるところの資料もちょっと常識では考えられない内容にあらためて驚かされています。今後の子供たちの教育のことが心配です。

この記事へのトラックバック