「戦争と女性の人権博物館」集会に行ってきました

「戦争と女性の人権博物館」

この会に行ってきました。

【パネラー】
・尹美香    
韓国挺身隊問題対策協議会常任代表
・池田恵理子
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」
(wam)運営委員長
・新谷ちか子
「もうひとつの歴史館・松代」建設実行委員会実行委員
・君塚仁彦
東京学芸大学教員・博物館学

【コーディネーター】
鵜飼哲    一橋大学教授

【日時】
2月7日[土] 14:00- (開場13:30-)

【会場】
東京ウィメンズプラザ・ホール

 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は「戦争と女性の人権博物館」を作ろうと、すごく熱心に募金活動や広報活動をしてきました。ソウルの西大門独立公園の敷地内に建てるわけです。あそこは日本の朝鮮総督府が韓国に初めて近代的な刑務所を建てた場所。近代的刑務所のあり方を日本が教えてあげました。

挺対協の推進する「戦争と女性の人権博物館」は09年3月8日に着工式を迎える予定です。だけど、韓国内で反対運動が起きているのだそうです。「民族の聖地」である西大門独立公園内にこの博物館を建てることは「殉国先烈に対する名誉毀損」だと言うのです。慰安婦の方々も、ある意味、「殉国烈士」じゃないですか。お国のために身をささげたのだもの。当時、日韓は同胞でしたからね。韓国の人は慰安婦を蔑視しているのかもしれません。

 それにしても、どうしてこの人達は「戦争と女性の人権博物館」と反戦と結びつけるのでしょうか。「戦争と女性の人権博物館」を建てても、戦争がなくならないもんね。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

すごい熱気、という感じでもなかったけど、女性達が地道に、こつこつ、めげずに続けている韓国慰安婦擁護運動。日本軍がすごく悪者にされているものの一つ。この議論、藤岡信勝先生他、いろいろの論客が次々と日本軍の男性が悪い者扱いにされていることに対し、反論をして、論争としては一件落着、藤岡先生側の理論が勝ったはずであった。

しかし…

理窟じゃないのね。とにかく、傷ついた女性を助けよう!とか、そういうことで、着々とやっている。そのエネルギーに脱帽です。会場で、海南島の慰安婦ハルモニの裁判を支援するための葉書が販売されていました。

裁判官にハルモニが有利になるような判決を出してください、という葉書をみんなで書きましょう、という運動です。一枚、50円。切手代だけで売られていました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像


「戦争と女性の人権博物館」と「ナヌムの家」にある歴史館と、どう、違うのか、という質問がありました。挺対協のユン・ミヒャンは、ちょっと顔を曇らせました。(うーん、のまりんの考えすぎかも)そして、ナヌムの歴史館は日本軍の慰安婦中心だが、こんどの「戦争と女性の人権博物館」は世界中の性奴隷になった人を扱う、ということでした。

うーん、それでも、やっぱり韓国の慰安婦が主なテーマのはずです。それにあまり違いはない。

私の感想として、ナヌムと挺対協はさして強力な協力関係ではないのかも、と思いました。ナヌムは仏教のお寺ですし、挺対協はキリスト教です。ナヌムの家で喧嘩をしたバルもニが挺対協の施設に入ることもあります。水曜礼拝は主に挺対協の努力で行われています。

一番大きな違いは規模だと思います。ソウルにあることもナヌムの家のような山の中にあるより、人が訪れやすいです。ハルモニ達もずいぶんお歳を重ねられました。ハルモニがいなくなった後、彼女達をお世話していた人達や、運動していた人達は何をすればよいのか、その時、「戦争と女性の人権博物館」があると、そういう達の再就職にいいかもしれません。

そうそう、毎週水曜日、ハルモニと支援者が日本大使館の前で抗議デモや礼拝をしていますが、そこに、いずれ、碑を建てるのだそうです。次々とテーマを決めて、本当に熱心です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年02月08日 22:23
ナヌムの家…キリスト勢力に押されて内輪もめ?確執?ではないでしょうか。
肝心な部分ですが韓国には在日朝鮮人の影響による「立証佼成会、創価学会、霊友会……」の、拠点つくりとの「説」としておきましょう。そういえば佼成病院は教条持ちでしたね。
でもって、新宗教とよばれる中には、もうひとつ「真如苑」という真言宗からの'はぐれ団体,がありますが教条持ちです。
2009年02月08日 22:54
連投ですが韓国国民のほうが危機感を持つべきです。一部の親北派の策略に乗せられたら、対馬は韓国領土(韓国の主張)から北へと、すり替わり、韓国は自国を滅ぼす結果となるでしょう。
韓国を日本と北との板挟みに…が、目論みではないでしょうか。
韓国にも売国奴がいるということでしょうね。日本と韓国が喧嘩して喜ぶ国はいくつあるでしょうかね
のまりん
2009年02月09日 05:07
うちわもめ-これは分りません。
彼らはもめてもめったに表に出しません。ただ、前から感じていたのですが、挺対協とナヌムの家はあま意志の疎通はないような気がします。もちろん、全くないことはないと思いますが。
2009年02月09日 08:06
うちわもめでしょうね。
ナヌムの家を運営する大韓仏教曹渓宗がナヌムの家の女性を二名、、強制わいせつ。
これがひとつと、、、もうひとつは時代を遠くさかのぼり、朝鮮半島が儒学を中心としていた時代(朝鮮王朝だったかな?)から、後に仏教、キリストとの勢力争い?と言ったほうがよいのでしょうか…。
まとまりが悪いですが、いや、むしろまとまりが悪くなるほど複雑な背景があります。
2009年02月09日 11:28
再度重ねて呼び掛けます。
対馬の懸案については良識ある韓国…非常識な韓国、、そして良識ある日本…非常識な日本を色分けし、打開策を考えましょう。
日米韓の同盟を崩す目論みもあるでしょうし、韓国を孤立させ侵略する機会を窺う北の目論みもあるかもしれません。
日本の態度と意思を明確にしたうえで過剰な戦いは避けるべきです。漁夫の利を目論む国々の思う壷とならないように心掛けましょう
2009年02月10日 18:43
国連の子供の権利条約について、簡潔にしますと,,虐待関係では「十分な調査」 とあり、また「父母との分離・家族再統合」 という日本の提出した文書に対して委員会は「懸念事項」としてるようです。
またまた、条約の内容は主に貧困国での子供の労働、売春(いずれも教育を受ける環境も収入もないため)を解消しましょう、という内容でして、条約の全ての項目が一律一様に当てはまるものではありません。
国内に必要なもの、他国に支援するべきものを混ぜ合わせ、国連の条約だから…という騙しは即廃止です。
もっと暗部まで書きたいですが、このへんで。でも一言、条約全部取り入れると、それぞれの国の慣習・文化を否定しまうことになります。ですから必要ないものは必要ない!と突っぱねていいわけです。
2009年02月10日 20:09
子供の権利条約については
国際連合児童基金,,も参考にしてください。
なお
2009年02月11日 04:26
みなさんの話題の多さには驚きです。
私などは未だDV問題で足踏みしていまして…。
ところで、場違いでしたらお許し願いたいのですが、DV裁判離婚についてご意見を戴ければと思います。
現在、当事者尋問が終わりまして、いよいよ終盤に差し掛かっています。
原告妻の主張はもちろんDVですが、診断書や証言などは一切なく、保護命令も却下された状態です。
フェミ弁護士や保護施設の支援者からの露骨な嫌がらせが酷くなりまして、今は裁判よりもそちらに参っている状況です。
つきましては、家庭裁判所へ保護施設の実態などの資料を証拠提出したいと考えていますが、これは得策かどうか、みなさんのご意見を伺わせて頂けないでしょうか?
裁判自体は私もそれなりに主張していまして、そこそこの感触は得ているのですが、これからも続くと思われる数々のDV裁判に一石投じられたらと考えているところです。
ご意見よろしくお願いします。
2009年02月11日 19:43
保護命令却下とは
異議申し立てが却下でしょうか?どちらでしょうか?
それと、コメント覧で話を聞くのは不本意ではありますが
のまりんさんの、ご承諾をいただけますか?のまりんさん、どちらにすべきか、ご判断お願いします。
ただ一点、フェミ弁護士や悪徳ボランティアが、どのような嫌がらせをエスカレートさせてるか、お聞かせ願いたいものです。
のまりん
2009年02月11日 20:37
保護命令却下とは、妻側が申し立てたDV防止法による保護命令が裁判官によって却下されることです。妻の言い分が通らないのです。保護命令却下は数が大変少ないが、あるひはあります。
なお
2009年02月11日 21:51

★ 柳さま
★ のまりんさま

説明不足ですみません。
保護命令は調停の席で知らされまして、調停委員さんが原告妻の申し立てをすべて読んで聞かせてくれました。
未だ呼び出しがありませので、私から地裁へ問い合わせましたところ、名前を聞かれ、しばらくしまして職員から内容は教えられないと言われています。

フェミ弁護士の嫌がらせですが、原告妻の所得申請を住宅供給公社から依頼され、それをフェミ弁護士に伝えました。
しばらくしまして住宅供給公社から電話があり、フェミ弁護士から「保留」と言われたと知らされています。
ところが裁判が進み原告妻がかなり不利になりますと、今度は一転原告妻の所得がわからないと最高額の家賃設定になる…などと無理を言ってきたのです。
職員が「離婚をしたら解決する」などと漏らしましたので、なるほどと理解しました。
私は私が申し立てています「子の引き渡し」請求審判の写しを送りまして、同居していない証を行い今に至っています。
また、ここでは書けないようなえげつない事もフェミ弁護士は平気で行うため、どうしたらフェミを懲らしめられるか思案しているところです。
2009年02月11日 23:37
のまりんさん、ありがとうございます。
保護命令が却下されたのですね。よく読めば、そうなるでしょうね。常套手段の些細な診断書とアホな証拠で保護命令が出るところが、それすらないから却下にならざるをえない、わけですよね。
そこで、嫌がらせの証拠を家裁へ持って行っても期待薄と思ってください。なぜかと申しますと、離婚裁判と嫌がらせは別個になります。嫌がらせ証拠を地検に提出したほうが良いでしょう。検察で悪徳弁護士や悪徳支援者たちを起訴してもらい、有罪判決がでたら反転攻撃してください。
その間は家裁も離婚裁判を保留状態に。。。
被害者Y
2009年02月12日 00:08
柳さん、保護命令申し立ての却下は、おそらく妻の証言不足と認められたと言うことでしょう。最近は昔のように簡単に保護命令申し立てができないのではないでしょうか?やはり一連の事件が絡んでいるのでしょう。裁判所もそろそろやばいのでは。
2009年02月12日 01:15
なおさん
メールをデジカメで?(笑)お笑いです
PCに携帯のチップを入れてプリンターすれば鮮明で夫のメールアドレスも同時にプリンターできますから、
デジカメで撮った理由が胡散臭~~い、やり方です。
日の丸
2009年02月12日 02:51
のまりんさん!!
笑い事じゃないんだけど、児相については超笑える話!!
福岡で虐待事件があったのですが、事件発生前に近所の人が警察に「虐待ではないか?」って警察へ通報したそうで、警察は児相を連れて訪問したそうなんです。子供には外傷もなく、そのまま警察も児相も帰ったそうで、中略
のちに警察に義父親が暴行で逮捕されたそうです。強制介入が好きな児童相談所が警察がいるときは優等生!
でも、これでいいんですよね。ホントの虐待と証明できれば警察で。。母親が110番して義父が逮捕だそうです。二月七日の新聞だったかと。
のまりん
2009年02月12日 05:15
なお様、constanze@diamond.biglobe.ne.jp
にメールしてください。時系列にできごとを書いてください。それでは。
なお
2009年02月12日 05:56
野牧さま
アドレスありがとうございます。
今後詳細はそちらのアドレスでご相談させていただきます。


管理人さま
申し訳ありませんが、私の名前が載っていますので、その部分は削除をお願いします。
なお
2009年02月12日 18:11
柳さま

原告妻から訴状を送られてた時に証拠としまして、携帯メールの写しを提出してきました。
確かに行方不明になりました晩に長男へはメールをしていますが、それは安否確認や返信を催促する内容でして、無茶苦茶な罵りは言っていません。そのような無茶苦茶な内容がメールに含まれていましたので、私は準備書面でメールのヘッダーやIP、送信履歴や使用ソフト、偽装メーラーの可能性やSIMカード使用者の特定などを求めました。
ところが、結局当事者尋問ではデジカメで撮影されたメールだけを示され、執拗に詰問してきたのです。

デジカメで撮影しただけの携帯メールなどはいくらでも改ざん可能なため、証拠力として弱いと思うのですが、どうやらフェミ弁護士には関係ないみたいです(笑)。
2009年02月12日 20:49
遠回しな言い方となりますが「子供の権利条約」 については国連が認識してる日本国内の子供全般の状況が日本からの報告で歪んでるような感じですねぇ

そりゃ国連だって隅から隅まで熟知しているわけじゃないでしょうから
報告する側の良識しだいにもなりますわなぁ。
2009年02月13日 00:20
ご紹介です。
北朝鮮を賞賛し日本をさげずむ書籍を出す「浅野健一」

DV防止法を賞賛する「NMP研究会(国際人権~~~)と大西祥世」


破壊防止法を疎み嫌い、旧オウム真理教信者たち(現在は別名称で活動する信者たち)の人権を提唱する「千代丸健二」


けしからん思想信条者たちです
2009年02月13日 21:51
国連からの勧告とは、委員会からの勧告だと思いますが。
報告書を提出し順調に推移してなければ勧告になるものでして……、問題提起がおかしいから、おかしな勧告が出されるわけでして、それを逆手にとり「勧告がでてるから急ぎましょ!」 と騙すつもりなのでしょう。
いやはや、念の入った猿芝居です。
※ここでいう委員会とは国連条約締結国にたいして問題提起された報告書の事項が順調かどうかを確認検証され、たとえば差別があると問題提起すれば、そのまま突っ走る危険な性質があります。
むろん勧告されるような差別は日本には存在しないわけです。
2009年02月14日 11:48
引きつづき
委員会の評価には以下のようなものがあります。


■留意 ■懸念をもって留意 ■留保
■勧告
なお
2009年02月15日 08:31
野牧先生、先日はお電話でお時間をいただきありがとうございました。
大変参考になり、今後大いに役立たせていただきます。

今日、Googleで『冤罪DV』を検索していまして疑問に思ったのですが、なぜ日本にはアメリカのようなNPOが存在しないのでしょうか?
税金をフェミ弁護士や保護施設に垂れ流しにする無駄に比べれば、NPOを設置して徹底的に管理したほうが無駄な税金や冤罪は防げると思います。
のまりん
2009年02月15日 21:24
なお様、
 DVシェルターや民間の女性相談の多くはNPO法人です。
なお
2009年02月15日 22:07
野牧先生へ

えー!!
NPO法人なんですか!!
認識不足でした。

日本の政府はなめられているんですね。いえ、上手く言いくるめられているのでしょうか。

やはり冤罪DVを撲滅するには、民間の私たちが声をあげていかないとダメなんでしょうか?
児相にしても、平気で子供たちを拉致しているようですし、どうしたら家族崩壊に歯止めがかけられるか思案のしどころです。

2009年02月16日 15:41
なおさん
手っ取り早いことには、まずは行政やNPO(フェミ)に生活相談をしないことです。
たとえ、行政のほうから啓蒙活動的な地域の推進にも関与しないこと。
シェルターもNPOの法人格を取得してます。なおさんは知ってると思ってました。
なお
2009年02月17日 03:35
★ 柳さま

大変不勉強で申し訳ありません。私は家庭裁判所に係わる関連法案ばかり勉強してしまいまして、家族を救う方法論が後回しになってしまいました。
本来、一番に家族を救済する策を講じなければならないところを、誠にお恥ずかしい限りです。
柳さまをはじめ、みなさんのご意見は尤もで、大変勉強になります。

これからもお邪魔にならない程度に書き込みをさせていただき、いろいろと勉強させて下さい。
私もできる限り、法律を悪用する輩を退治したいと考えています。
どうぞよろしくお願いします。
2009年02月17日 10:57
ジェンダーフリーの原点ともいうべき
男、女らしさの否定ですが
これはどんなに理屈で否定しようとも否定できるものではありません。
本能として生まれもってきているからです。

女性には女性にしか持ち得ない立派な
女らしさがあります。これは男性からみても尊敬と敬意を払います。
女性も 男らしくない中途半端な男性に興味が持てますでしょうか…。

だらしない男と目に映るだけです。
日の丸
2009年02月18日 01:04
ソ連時代の政府は
海外からの来賓は暗い部屋に通し、来賓を明るい窓際には座らせ、政府側は暗いほうへ座るのが交渉事の手段だったそうです。
窓際に座らせた来賓の顔の表情を観察しやすい、政府側は暗い席だから表情がわかりにくいからだそうです。
ブレジネフ時代ですが、スターリン後のソ連なので薄気味悪さを感じます。
2009年02月21日 21:43
正しさの主張も度が過ぎると、周囲の人からみれば 至上主義とも受け取られてしまいます。
念頭に置くべきものです。
受け止める側に違和感なく主張していくことです。
2009年02月22日 22:05
東京児童相談センターは親子が転居した場合転居先の管轄する児童相談所へ虐待履歴として通達しているそうです。
どこまでも真の人権を無視した非道者たちです。
2009年02月26日 15:38
だから報告する側の悪意があるから、変な勧告が出るって、それとなく示唆してるのに、みなさん、ちゃんと聞いてくださいよ。
自分がいちばん、自分が、さきがけ一番というプライドが邪魔をするわけです。
だが!悲観することはないです。
日の丸
2009年02月27日 21:57
フェミ政治家、特に市町村議員はご存知の通り 市民派を気取ってます。
どこもかしこもフェミ市民派は裏金問題ばかりに終始してる感じですね。
市民ウケを狙ってるんでしょうけど、
ちゃっかり市民派気取りと▲・権利・人権をセットにしてるところが共通点です。
16才成人を夢想中の千葉県内の市議会議員もいます。(嘲笑)
そこまでして有権者を増やしたいのでしょうか。(憤怒)
日の丸
2009年03月11日 00:15
のまりんさん
最近の児相の被害状況は幾分かは減少傾向なのでしょうか?
潜在的に把握できないものもあると思いますが、さしつかえない程度で、どうなのでしょうか?
ハムレイ
2009年03月11日 13:03
のまりんさん、お久しぶりです。ハムレイです。
昨年10月に児相から解放された次女は、相変わらず母親(妻)と暮らしていますが、1月中旬に役所から「中学校の指定通知」が私の所に届いた為、母親にその旨を伝え、指定変更の手続きを頼みました。
しかし、その後の連絡が途絶え、今日に至っています。
ただ、手続きが完了しているなら役所に連絡等があるかもと思いその事を聞きに行きました処、職員の態度がおかしく、「何も答えれない、教えられない」とまるで児相職員と話している様な気分になりましたが、これって何でしょうか?
ある人にこの事を話した処、「DVではないでしょうか!?」との言葉に、「ありえるかも」と思えるようになっています。
この様な事で、相談してもよろしいでしょうか?
七尾ちゃん
2009年03月12日 23:33
今日は、とある裁判の判決が出て実に気分が良い日でした。

やはり悪には天罰が下りますね。

この記事へのトラックバック