さわやかUP 「きちんと」していない報告 保護者に人形の使用を隠匿

画像
画像

上に示したものは、「さわやかUP」です。ビデオ「北の国から」を子供に見せたことが記されています。保護者の中で、このドラマを知っている人は、具体的にどのようなものか分るでしょう。しかし、知らない人は、書かれている筋書きを読んでも、あまり具体的な内容は分りません。使われている教材も、他にどのようなものがあるかは書かれていません。
おおざっぱな報告とは言え、重大な問題がここに含まれています。動物の性交と人の性交と同列に扱っていること、ドラマで生々しく見せていること。すきでもないのに体を触れ合うってどう思う?なんて、子供に語りかけていること。
次に、なんとコンドームです。コンドームしてセックスしなさいっていっているみたいな授業です。

さらに、つなん出版「七生養護の教育を壊さないで」の65ページに、「北の家族」のビデオを使った授業で「スージーとフレッド」の人形を使って性交の説明をしたらしきことが書かれています。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin101.html
人形の使用を保護者には隠匿していたのです。これはとんでもないことです。これは「きちんとしていない報告」です。

教員が性教育検討委員会に提出した報告書には、人形を使用した記述がありますが、人形で何を行ったのか、全てがはっきり分るわけではありません。
http://constanze.at.webry.info/200601/article_61.html

それにしも、保護者には「さわやかUP」を通じて「きちんと」連絡していたなどと、ぬけぬけとよく言えるものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック