のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 原玲於奈君の物語 そのV

<<   作成日時 : 2010/01/08 23:32   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 11 / コメント 42

原玲於奈君の物語 そのV

http://constanze.at.webry.info/201001/article_5.html
原玲於奈君の物語 そのT
http://constanze.at.webry.info/201001/article_6.html
原玲於奈君の物語 そのU
http://constanze.at.webry.info/201001/article_7.html
原玲於奈君の物語 そのV
http://constanze.at.webry.info/201001/article_8.html
原玲於奈君の物語 そのW
http://constanze.at.webry.info/201002/article_1.html
原玲於奈君の物語 そのX

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

お父さんに虐待されていないと言うと、殴られた

原君の弁護士
ええとね、殴ったというんだけれども、北九州でも殴られたの?

原少年
そりゃ、殴られます。

原君の弁護士
殴られます?

原少年
はい。Tとか来たときには、ずっと殴られる。

原君の弁護士
殴られる。どういう機会に殴るの?

原少年
だから、お父さんが悪い人だと(T達が)言って、(その時に)僕が「違う」と言ったら殴る。

原君の弁護士
ああ、お父さんが悪い人だ、と向こうが行った時に、君が、いや違うというと殴るの?ふーん。そうすると、例えば、拳で殴りつけるの?

原少年
はい。

原君の弁護士
で、一日に何回くらい拳で殴ったの?

原少年
九州もけっこう殴られました。

原君の弁護士
何回くらい?

原少年
そういう話になるのは、一日5回か4回だから、

原君の弁護士
一日に、4回も5回も!お父さんが悪い人ではないんだと、君がそういって否定すると殴るの?

原少年
はい

殴られて倒れたら、蹴られた

原君の弁護士
殴るって、こぶしで、何回くらい、殴る?

原少年
けっこう、殴ります。

原君の弁護士
けっこうじゃ分らない。

原少年
だから、その一回の「反抗」だったら、5回くらいですね。

原君の弁護士
で、その5回なぐるんだけれども、君が倒れるくらい殴るの?

原少年
はい。

原君の弁護士
倒れるくらい殴るの?

原少年
はい。

原君の弁護士
倒れたら、蹴ったことある?

原少年
それで、倒れた時に蹴る。

原君の弁護士
蹴る。足蹴りする?

原少年
はい。

原君の弁護士
どこ蹴るの?

原少年
頭とかぁ

原君の弁護士
頭蹴る!!

原少年
背中とか、お腹。

原君の弁護士
誰が蹴るの?そんなにも

原少年
ええと、Tと、CHも何回か。

原少年
Tさんと、それから、CH弁護士もやった?

原少年
はい

一回「それは違う」と言うと
5回殴る


原君の弁護士
エライ 弁護士だねぇ、え?それはぜひ、明らかにしなくてはいかん。うーん。そして、殴るというのは北九州ではそういうことで、一日に、4〜5回。

原少年
そいうことがあって、一回の反抗に5回殴る。

原君の弁護士
殴りつける。で、殴るって言ったって、君が倒れるくらいだから、かなり強く殴っているわけよね。

原少年
はい。

原君の弁護士
せいいっぱい殴っているわけか。

原少年
たぶん、そうじゃないですか。

原君の弁護士
はあ…。なるほどね。
そして、倒れると今度は足で蹴る。頭も蹴る。

原少年
はい。

原君の弁護士
その他でそういうふうに殴られたというところは、どこだったけ?

原少年
山小屋…

原君の弁護士
山小屋でも

野牧
それは、最初に連れて行かれたところですね。

主に、TとCH弁護士が殴る

原少年
はい。

原君の弁護士
山小屋では誰が殴ったの?

原少年
主に、CH弁護士と、

原君の弁護士
CH!!

原少年
と、Tの二人ですね。

原君の弁護士
TとCHが殴った。CHって、CH弁護士ですね。

原少年
はい。

原君の弁護士
どういうことをきっかけに殴るんですか。

原少年
さっき、言ったみたいに、お父さんが悪くない人だというと、殴るの。だから、明らかにウソついていることを、違うって言ったから、なぐるの。

原君の弁護士
ああ、そういうすると、殴るの。そのときも、ようするに、せいいっぱい拳骨で殴るわけ?

原少年
はい。

原君の弁護士
で、倒れたときには、蹴る。

原少年
蹴る。

原君の弁護士
それは毎日のようにやっていたのですか。

原少年
毎日ですか?

原君の弁護士
毎日?

原少年
はい。

原君の弁護士
まあ、たまげたね、ほう。

野牧
殴って、(あなたが)倒れたら、蹴るの?その時から。

原少年
はい。

野牧
それを一日、30回ね。

原君の弁護士
一日30回もやっている、その山小屋では。

原少年
はい。

原君の弁護士
ほう!!うーーん。

野牧
そういう中で、(あなたを)放り投げた、ということがあったわけですね。

原少年
はい

原君の弁護士
山小屋から放りなげた

原少年
はい

原君の弁護士
それも、お父さんは悪い人じゃない、とこういうと、窓から放り投げたと、

原少年
窓から一回、(チャンらが)ほうり投げたのは、一回、すごく反抗したんですよ。

原君の弁護士
反抗したの、ま、それにしても。

原少年
だから、おかしいから、ものすごい。全然、違うじゃないかって…。それで、そう言ったら、ポーンと投げられた。

原君の弁護士
投げられた。うーん。

原君の弁護士
その時も、CH弁護士がおった?


はい。

原君の弁護士
あ、そう。はい。

原少年
はい。

一時保護所ではこぶができる程度

原君の弁護士
一時保護所で殴られたのは、さっきの話だと、どうしてお父さんのところへ返してくれないのだ、と、こういうとで、殴られたわけですか?

原少年
はい

原君の弁護士
そこでも、倒れるくらいなぐった?

原少年
そこでは、こぶができる程度。

原君の弁護士
こぶができる程度殴った。

野牧
こぶができたんですね。

原君の弁護士
何回くらい殴ったの?

原少年
反抗した時に、ボーンと一回。

原君の弁護士
うーん。そうですか。

小菅
反抗って、逆らったわけじゃないんですよね。言葉なの?

原少年
はい

野牧
あなたもけっこう、物を投げたりした?

原少年
もの?

野牧
何か、ものを投げたりとか…

原少年
いや、そういうことをしたらたぶん、ダメだと思う。

原君の弁護士
してない。そういうことはしてない。

原少年
はい

原君の弁護士
はい。

野牧
ウルセーナーとか、そういう口をきくの?貴方が…

原少年
聞いたら、たぶん…

野牧
そういう乱暴な口は聞かないのね。

原少年
だから、それは違うんじゃないですか、とか。

北朝鮮の収容所みたいだ

野牧
そんな、普通な感じで言うわけ?違うんじゃないんですかっていうふうに?ちょっと言ってみて、当時の雰囲気で。私に。「あなたのお父さん、すごく悪いのよ」

原少年
そしたら、「お父さんは何もして無いのに、なんで僕が帰れないんですか?」って言ったら、

野牧
そういうふうな感じで言うわけね。「あなたのお父さん、暴力、すごいの、DVなのよ、知らないの?」

原少年
いや、違います。ぼくはDVされてないですよ、って言ったら、

野牧
ぎゅってやるわけ?

原少年
はい

小菅
北朝鮮の収容所と同じだ。

原君の弁護士
ううう…

野牧
嘘じゃないですね?

原少年
はい

野牧
女性の職員もそれやるの?

原少年
女性の職員はいないです。

一時保護所の職員は10人くらい
全員なぐった


野牧
だいたい、男の職員は何人くらい、いましたか?

原少年
一日だったら、見張り一人と、歩いてまわる人が二人です。

野牧
それで、交代した人達、全部で何人くらいの顔を見ましたか?

原少年
10人くらいです。

野牧
10人くらいがとっかえひっかえ来て、全員が殴ったわけね。

原君の弁護士
一人が殴ったんじゃなくて、みんなが殴ったの?

原少年
はい。

他にも殴られている子供はいた

原君の弁護士
ほう。君以外の人間でも、殴られている人はいたわけ?

原少年
はい。

原君の弁護士
うちへ帰りたいというと、ようするに、殴る?


はい。

原君の弁護士
分りました。その他の細かいことを聞かなくても、他はだいたい押して知るベしで、だいたい分ると思います。はい。

そんなに反抗するなら
お父さんを逮捕させる


支援者
ちょっと、外に投げられた時、どこに着地したの?芝生みたいなとこ?

原少年
そこに木があるんですよ。木の横のとこに落ちた。

野牧
父親が逮捕される、ということは、どこで言われたか。ちょっと整理して言ってみて。ここで言われた、あそこでも言われた、って、ずうっと最初から、順番に思い出してくださらない?

原君の弁護士
まず、あれですか、山小屋に連れていかれたとき?そこでも君が逃げたら父親が逮捕されると言われた?

原少年
はい。

原君の弁護士
そこでも言われた。

原少年
はい

原君の弁護士
ほう。それから、一時保護所はどうですか。

原少年
そんなに言うと、お父さんも逮捕させるぞ、とは言われました。

原君の弁護士
そんなことを言うと、お父さんも逮捕させるぞと言われたの?「される」じゃなくて、「させる」と言ったの?

原少年
はい

原君の弁護士
うう。それから、九州ではどうだったの?

原少年
九州でも言いました。

原君の弁護士
九州で言ったのは、誰が言ったの?

逮捕させる権限があるんだぞ

原少年
Tとか、施設の人。逃げたりしたら、逮捕させる権限があるんだぞとか。

原君の弁護士
逮捕、させる権限がある?ううん。そうすると、君は自分が逃げるとお父さんが逮捕されるんじゃないかと、こう思ったと。

原少年
はい。

原君の弁護士
そういうことですか。

原少年
はい。

もうそろそろ、逮捕させてもいい

野牧
CH弁護士は、山小屋では逮捕に関しては、どんなふうに言いましたか?


「これ以上、反抗するんだったら、お父さんをもう逮捕させてもいいんじゃないか」とか、Tとかに話をするような感じでした。

野牧
Tさんがいるとですね、CH弁護士が「まだ、反抗するなぁ、逮捕させようか」とか、こんな感じで言っているわけ?


はい、はい。

野牧
「どうやって、逮捕させようか」
「こうやったら、こうやって、こうやったら、こうして…そしたら、逮捕されるんじゃないか」
「そうだなぁ」
って、こんな感じで会話してたわけ?

原少年
はい、はい、はい、はい。

実母も見ていた

野牧
お母さんもそこにいたの?

原少年
はい

野牧
お母さんもその様子を見てた?

原少年
はい

野牧
そういうことは何回くらい、その山小屋、一番最初に監禁されたところで、何回くらいありましたか?

原少年
そういう話は、けっこうありました。

野牧
ああ、もう、しょっちゅうしてるわけ?

原少年
はい

原君の弁護士
山小屋へ、お母さんも来たの?

原少年
はい

原君の弁護士
山小屋へお母さんも来た、はあ。

実母も殴った

野牧
何人で住んでいたか、言って?

小菅
お母さんにも殴られた、そういうの、ない?

原少年
あります。

原君の弁護士
お母さんに殴られた?はあ、どういう時に?

原少年
Tが殴ったときに、(お父さんが虐待したということは)「違う」って(僕が)言ったら、お母さんも殴る、みたいな感じ。

原君の弁護士
お母さんも、拳で殴るの?

原少年
はい

原君の弁護士
お母さんもそれじゃあ、その山小屋っていうのは、九州じゃないでしょ。最初の監禁は

原少年
はい、違います。

原君の弁護士
そこへお母さんも来てたわけだ。

http://constanze.at.webry.info/201001/article_4.html
児童相談所に親権を移さないように、抗議要請をしよう!!

原くんのことの予備知識(去年の記事)
http://constanze.at.webry.info/200809/article_3.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_4.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_5.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_10.html

平成21年12月18日、原くんが浅野家の子供を守りに来たときのこと
http://constanze.at.webry.info/200912/article_2.html
http://constanze.at.webry.info/201005/article_2.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!

http://constanze.at.webry.info/201005/article_3.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!U

http://constanze.at.webry.info/201005/article_4.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!V

http://constanze.at.webry.info/201005/article_5.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!W

http://constanze.at.webry.info/201005/article_6.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!X

http://constanze.at.webry.info/201005/article_7.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!Y

http://constanze.at.webry.info/201005/article_8.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!Z

http://constanze.at.webry.info/201005/article_9.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now![

http://constanze.at.webry.info/201005/article_10.html
The DV Law is Destroying Japanese Famillies,Now!\

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
家族を守るために抗議要請を!!
全国の有志達よ、 日本の家族を守るために 抗議・要請を!! 拡げよう、良識の輪☆.。.:*・°  ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/24 21:34
原玲於奈君の物語 そのV
原玲於奈君の物語 そのV ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/24 21:36
原玲於奈君の物語 そのT
原玲於奈君の物語 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/24 21:37
家族破壊と利権を狙う極悪人たちに抗議を!!
悪魔のサミット陰謀会議 親子を引き裂く研究会 子供の不幸促進と金銭獲得の目論見 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/24 21:38
墨田児相VS浅野家・原君
浅野家に意地悪する墨田児相 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/24 21:39
原玲於奈君の物語 そのW
原玲於奈君の物語 そのW ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/26 06:28
原玲於奈君の物語 そのU
原玲於奈君の物語 そのU ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/26 17:03
− タイトルなし −
原玲於奈君の物語 そのX ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/02/03 06:08
弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その1
弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 そのT 〜事件の背景〜 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/03/19 21:43
弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2
すでに、「弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その1」は皆様におとどけしました。事件の背景の説明でした。いよいよ、事件の内容に突入します。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/03/22 20:17
弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2
弁護士が訴える 原玲於奈くんの物語 その2 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/03/22 20:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
「原玲於奈君」のは、読めばよむほど、酷過ぎる。
もはや、児童相談所とは、DVシェルターに匹敵する。拉致問題だ。北朝鮮だ。社民党だ。共生社会を謳う、強引なマルクス強制社会だ。
夫婦別姓どころか、親権停止と不正に乱発する社民党が、暴れまわる民法改正が、接近する。
非対審で、家庭裁判所調査官が、実態の無い暴力被害を捏造する。どうして、不正請求を行なう介護事業者が、これだけ多いのに、起訴されない。なぜ、金を騙し取る厚生労働が、牢屋に入らない。なぜ、不正が、守られている。
介護事業で景気回復と言う話は、世間では呆れられているのに、職安で公的扶助のピンハネビジネスの一本化がされてゆく。ボランティアが一攫千金を狙う。総理大臣が子供手当てで脱税をかすめ、国民は不公平に、増税を強いる。ケアハウスでは、虐待が恒常化し、今や、老人が火事で死ぬと、又ケアマネジャーの仕業かとみんな、首肯する。厚労省出身の最高裁判所裁判官、人事院に至るまで、厚生労働省が、悪行三昧を謳歌している。   
なぜ、親の知らないところで、子を蹴ったりするのだ。厚生労働省は、ふざけるな。
欽ちゃん
2010/01/24 23:58
よってたかって殴る蹴る・・しかも、抵抗できない小さなこどもを・・
母親はそれを黙認どころか、一緒になって殴るという行為は、まるでカルト宗教の集団リンチにも似ています。教条持ちですから、脳みそが麻痺して、人一人の尊厳も命の重みも理解できないのでしょう。
日の丸
2010/01/25 00:17
24日、某政治団体の永住外国人参政権付与反対デモに参加してきました。今までこんなデモとか活動する自分ではなかったのですが、原君や私の身の回りに纏わりつく在日の存在に怒りがこみ上げての行動となりました。当日は20代と思える女性が50人ほど参加しており、びっくりしました。彼女たちが日の丸を掲揚しシュプレヒコールしながら行進したのです。「民主党」「社民」意外にも「生活ネットワーク」を糾弾するシュプレヒコールを先頭の街宣車の女性がアナウンスしていました。途中、日の丸に×印した在日30名ほどが「差別やめろ、日の丸反対」と理解不能な抗議行動をしていました。
なぜこのようなコメを入れるかというと、在日特権というものが有り、住民税のゴネ不払い、朝鮮大学卒業で司法試験一次試験免除とか、とてつもなく、日本人逆差別の特権を彼らは持っているのです。その上で帰化していない彼らに参政権を与えるという亡国法案を民主・社民は今国会で通過させようとしています。
自相やフェミ・ジェンダー、DV防止法、戸籍廃止等々この国の現状を蝕む病巣は複合し、お互いが利用しあうとてつもなく邪悪な人々によって静かにやってきてます。当面は現政権を降ろし、個別には一つ一つに抵抗していきたいと思います。
家族の写真を胸に働いていた男(疲)
2010/01/25 13:30
ぼくも、そんな抗議なら、参加しても、いいかも知れない。けど、街宣車とか聞くと、「民暴の女」に出てきた右翼団体のイメージがあるから、腰が引ける。一般人なら、そうなる。ワールドカップに行くくらい、ファッショナブルにして下さい。男女共同参画って、見るからに、気持ち悪いでしょ。厚化粧でしょ。それと戦うのでしょ。じゃあ、オープンカーがいい。アメ車がいい。そうなら、日章旗のマントを着て、やりたい。顔にも書いて、マイクを握って、「民法改悪を止めろ。」、「政治は道義を取り戻せ」、「極めて珍しい事件を取り上げ、常に、家庭内が暴力に荒んでいるなどと啓蒙する、児童相談所らは、DVを止めろ」、「厚生労働省は、北朝鮮と同じだ。」、「拉致活動を許すな。」、「厚化粧を許すな」と、抗議したい。
どうでしょうか。
だって、厚生労働省って、「ベッ○―」みたいな程度が、関の山でしょ(正直、誰も綺麗だと、思ってない。)。そうすれば、遠慮なく、みんなが、ここぞとばかり、やりますよ。
欽ちゃん
2010/01/26 23:50
欽ちゃんさんへ。当日の主催者は迷彩服や特攻服など誰も着ていませんでした。みんな普通のおじさん、青年、お嬢さん(老若)でしたよ。和服着ていたお姐さんが私の後ろを行進してました。写真を撮ったのですが添付できないのが残念です。街宣車も白いワンボックスで防御用の網なんか張ってないし・・・新宿警察がガードしてくれましたか゛警官たちはとても我々には親切でした。行進途中にちょっかいを出してきた、中華系が制服に捕縛されてましたが、女性達もマスク、サングラスもせず堂々としてました。ニコニコ動画で行進の様子が観れます。ぜひご覧あれ。
さて、各地で永住外国人参政権付与を決議する自治体が出てきています。市民人口の20%が外国人の市もあり、財政面から屈しているらしいです。こんな危険な動きの中、土屋都議(つっちー)が、国会突入なんてツィッターで話題になっているほどこの問題については、意識が高いと思います。ぜひ、できることから行動お願いします。ちなみにお住いの議会にはがきを送るなども良いかと・・・実践してメールより証拠が残るほうが効果大だと思います。
家族の写真を胸に働いていた男(笑)
2010/01/27 16:32
とっても、良い話ありがとうございます。連れ子虐待は、DV内閣府推進と結果だと思いますし、いたたまれませんし、児童相談所が、野放しであることに、我慢できません。やるときは、覆面をかぶらずに、堂々、やりたいです。
でも、抗議活動は、目立たないと意味が薄いとも思われますので、ちゃらちゃらと「愛」だとか「義」だとか「共生」などと言う、いんちき社民党内閣に対抗して、武田信玄の格好ぐらいして、派手に、ぶちかましたいですね。
なにか、一気にやれる良い方法があれば、いいのに。
児童相談所なんて、ペテンもペテン。それは、皆、知ってる。この前の「仕分け」で、十分片鱗が顕れました。一寸だけなのに、全国民があれだけ食いたのですから。
欽ちゃん
2010/01/27 22:18
「あれだけ食いついたのですから」に訂正。
とこで、顔が見れました。
「元ホステスの女」って言うけど、なんだあれは。「DVの女」と言うのが、ちょうど良い。又、「練炭の女」も、見た。まるっきり、妖怪人間だ。しかも、最初は「介護ヘルパーの女」だったが、次に「婚活の女」とだんだん顕わになった。きっと、警察で「証拠もない。記憶も無い。」と言う風に、「元局長の女」とみたいなこと、ふてぶてしく、言ったに違いありません。
「もし親に殴られているような子を見つけたら私たちはどのように動けばいいのでしょうか?」など、本当に、やばい。人の子が殴られたりしたら、あまりに酷い場合に限って、注意すればいいだけ。動くも何もない。それ以外、なにがあるんだ。皆さん。気をつけましょう。動いている人に。ぼくは、厚化粧だと見抜きました。いつ何時、睡眠導入剤が襲ってくるか分かったものではありませんよ。いっそのこと、「男女共同参画の女」あるいは「児相の女」と統一すれば、いいのに。
欽ちゃん
2010/02/03 01:08
テロリストの巣靴、グループホームや、ディサービスが、虐待ケアハウスと、決定付けられた「ハイムひまわり」の放火殺人は、3人も死んだ。しかし、懲役12年と判決。  
軽すぎる。どの報道も、動機解明について、訳がわからない。DVと同じ。建物の構造を熟知している本人が、障害者がいる住まいに火をつければ、どうなるか知らなかったでは、すむわけがない。殺す気でやったに決まってます。
実際に印鑑が押された。国会議員が、権限のない部下の小役人に頼むわけないのに、被告人「村木厚子」は、記憶にない一点張り。なぜ、その証書ができたのか。さもなくば、民主党の石井議員が、部下の小役人に頼んだことにしかならない。誰かの指示がなければ、その印鑑が押されることはなかった。
明らかに、横暴です。ファシズムです。
厚生労働であるならば、人をさらっても、捕まりません。児童相談所がそうです。人を焼き殺しても、死刑になりません。グループホームがそうです。動機さえ、適当に、済まされます。どんな不正も、どんなに汚い金儲けも、恐れません。年金がそうです。死人名義の脱税も、そうです。秘書のせいにします。障害者団体が大掛かりな詐欺をやっても、「記憶にない」で、微動だにしません。
本当、厚化粧には、ムカムカします。
欽ちゃん
2010/02/09 19:49
何度も、警察に相談に行ってたって。不自然です。父親は何をしていた。二女が怪我してたんじゃないのか。
その殺人の背景に、ひょっとして、例によって、髪が赤かったり、厚化粧だったり、気持ちの悪い風体のボランティアが介入してたんじゃないのだろうか。だって、保護施設に入っていたとDVSとか、芋洗い坂系が報道してます。しかも、被害届を出す出さないとか、覆面をかぶったみたいに、後ろからのインタビューで、友人なるものが言ってます。どんよりしてます。やらせっぽい。
だから、ボランティアが介入したことで、殺人まで起こったんじゃないのかなぁと思います。
欽ちゃん
2010/02/13 23:48
欽ちゃんさん、始めまして。
>もし親に殴られているような子を見つけたら私たちはどのように動けばいいのでしょうか?」など、本当に、やばい。

↑の文章は私が書いたものですよね。
色々私なりに考えて書いていましたので、
勝手にこちらに書かれて傷つきました。
他は良いことが書いてあるなあと拝見して
いましたのですが・・・。
ゆきの
2010/02/19 11:22
それは、ごめんなさい。昔は地上げ。今は福祉。そういう世の中ですから、嘘が上手いボランティアなのかと警戒しています。疑われて当然です。ここに来るのは、本質的な被害者か、加害者(極左(DV主張者団体)、暴力団系(老健グループホーム、ケアマネージャー等)、悪代官系)、報道関係、裁判所関係のどちらかしか、いないと思ってます。
悪の震源地、元局長の女と真っ向から対峙してますので、やむを得ないと思ってください。戦っていると言っても良い。尋問のテープを隠すな。出てくる裁判所記録は、どれも、これも、辻褄が合わないものばっかり続々じゃないか。世間のどこに出したって、おかしい。どうなっているんだ。そう詰め寄っています。結構裁判も大変なもので、もっとも、ぼくは、無学なので、所詮、下手の横スキーと言うわけです(「http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/sakurai.html」参照これこそ、世の中の本当の癌です。)。
でも、本当は、ゆきの氏より、アンチフェミさんとお話したいです。
欽ちゃん
2010/02/23 19:15
3月12日、一票の格差違憲判決で見ました。法廷に向かって左側の女性裁判官は、2民の法廷に出ていますが、いつも5民の法廷に出ています。不自然に厚化粧でした。フェミニスト高等裁判所は、終わったと言う感じです。
欽ちゃん
2010/03/14 21:35
ボランティアこそ、蓄財の王道。
文春に載った「みずほ銀行(社民党)」は、鋭い。夫は、日弁連の事務総長らしい。コツコツ貯めたと言うが、嘘っぽい。毎日、ちんどん屋と言うほど、ファンデーションを厚く塗りたくってきた。その量たるや半端じゃなく、いくらお金があっても、足らない筈。
そう言えば、「【うつばり】」の一味、緒方被告(元公安調査庁長官)の朝鮮本部ビル詐欺事件で、元日弁連会長弁護士が、登場したこともあった。
みずほ銀行の定期こそ、旧労働省独得の、40年つちかってきた、「飲む」「打つ」「買う」と言う伝統的「下手の横スキー」が、最高裁ばかりか、DV内閣府の奥深くに、潜むことの片鱗と見て取れる。
私は、学べば、学ぶほど、浅かったと気付きました。皆さん。裁判所を、信用しては、全く駄目です。フェミニスト高裁の3月12日の一票の格差、違憲判決、向かって左側の女性裁判官の顔を見れば、分かります。並大抵の、厚化粧じゃありません。不正(厚化粧)が横行しています。
欽ちゃん
2010/05/09 21:19
「暴力行為は、一切なかった。あったのは、強行採決だけ」。その一言が、日本列島、津々浦々に、とどろき渡った。グレイトです。ブラボーです。大絶賛です。
早く、消費者庁発足時の醜態などを、二度と起こさないよう殺処分し、次に備えるべきです。その一言で、みんな、「みんなの党」か「自民党」にしようか迷い始めました。
DV厚労省を遡って処罰するかに思わせ、政権を取ると、ふてぶてしくあぐらをかく。なんだあいつは。誰しも、そう思っています。現内閣府や厚労省関係が、財務省が悪いかに脚本すればするほど、あきれています。そんなに馬鹿じゃありませんから。
思えば、消えた年金で人気が爆発しましたし、社会保障費削減を打ち出したとき、空前の支持率を記録したように思います。事業仕分けで、婦人会館、児童相談所が叩かれれば、高い支持率も維持できました。実際、子ども手当の法案成立と共に、現内閣支持率も大暴落が始まったんじゃないでしょうか。つまり、厚労省をぶっこわすことが、必要なんじゃないでしょうか。
欽ちゃん
2010/05/14 19:55
「官僚支配(マックスウェーバー)」の内閣府と、厚労省の強権作用が促がし、NPO業者が蓄財にはげむ。大方、そんなところでしょう。法網の隙を狙い、正義を潜るに旺盛で、結果、社会に悪が瀰蔓する。共参党の立法行為が、三権分立制度を占拠し、不正を緻密に支配している。
その敵は、かなり、でかい。逆に、ワクワクする。
しかも、相当効いている。根拠は、最高裁のHPの「最高裁判所について」から入って、「最高裁判所の裁判官」に潜む。ちなみに、作曲家じゃない「ウェーバー」がヒントなのかも知れません。
今、民訴法312条2項2号、338条1項2号をして、土俵際で交戦中ですが、必ず討ち果たします。カメラが入った、公開法廷における並々ならぬ厚化粧という、たぐい稀なる強みを消すことは、無理。
もちろん、悪い裁判官ばかりではない。対審を欠き、本人の知らないところで、性暴力判断を内緒でやったキチガイ沙汰に、「飛躍の運用」が諭された(最高裁判所 平成19年(ア)第80号 平成22年4月27日 第3小法廷判決 意見参照)。どんな裁判やってたんだ。
やっぱし、どうしても、厚化粧の【うつばり】を取れと、なっちゃう。
欽ちゃん
2010/05/16 09:19
審理を重ね、良い法案を通すべきだ。マニフェストに反する。千石大臣に詰め寄る。大体、駄目だと分かっているんだから、やり直せばいい。少なくとも、足らない部分について、何時までに、どういう道筋を立てるのか。答えないなのは、おかしい。選挙の前はいいことだけ言って、誰も、もはや、信用してない。そのように、性偽(せいぎ)と正義(せいぎ)が、クロス。回答を迫った。
けれども、かえるの面にしょんべん。全く、答えになっていない。のらり、くらりで、裁決が接近。兄貴分が、怒りの大火炎を背負い、きちんと答えてないじゃないか。詰め寄ろうと、前進。しかし、巨象が立ちはだった。予定通り、かすかに、ソフトタッチ。あるいは、一寸、当たっただけ。   
ここぞとばかり、ドデーン。自ら、積極的に倒れこむ。なぁに、運動不足と本音を吐いたが、記憶にも、記録にもないと、面の皮厚子風にやれば、良い。次の日、これみよがしに、足を引きずった。今や、犯人性は、性暴力だらけの「下手の横スキー」が、誤謬山脈(最高裁)であやつっているから恐いものはない。そのため、厚労省を仕分けから、のぞいてあげていた。余裕がこみ上げ、痛く装うのを忘れ、足を組み、ふんぞり返った。  明らかに、DVである。「歪んだ茶碗」の根性が顕れたと言うべきである。もはや、小沢ガールズを改め、松葉杖ガールズと言うべきである。たんなる暴力被害の「なりすまし」程度と侮ってはならず、年間3万件のDV加害者が生まれ、全国に、何十万人の「DV加害者と言う被害者」がいることを、看過してはならない。
ところで、一人前の男性で、「男組」を知らないようでは、青い。はからずも、谷垣総裁は、少年刑務所の所長に、似てなくもない。偶然、「新次郎」と言う名が、ロゴが良い。冤罪を背負い、影の総理に立ち向かう、流全次郎にかぶる(感じも少し似ている)。やっぱり、影の総理は、あの人に、決定。
欽ちゃん
2010/05/21 23:23
毎日「カメラ目線の総理大臣」を見ていると、衆議院選挙さえ、何時あってもおかしくないかも分かりません。
小手先が器用で、適当にごまかそうとする「普天間無責任内閣」、第2段の仕分けで、厚労省優遇を露骨に行い、力の差を見せ付け、結果、国債増発の記録を塗り替えた、かわいた雑巾を絞って暮らすご老人に負担をかすのに狡猾な「増税原因内閣」、少女がご老人に金属バットでなぐりかかり、ろうそくで火を着けたり、下山元判事の業務はメールだったと言う、「ストーカー被害倍増内閣」と、判断材料にはキリがありません。
ところで、選挙のときは、最高裁の裁判官も選べるんですよね。そこで、最高裁HPで、裁判例情報を見ると、あんまりにも酷いことが分かります。だから、提案したいです。選挙のとき、最高裁も仕分ける必要があるというべきだからです。その情報を報道機関が、発しても良いのではないでしょうか。ここ、数ヶ月を見ると、仕事をした小法廷と、片や、不正を隠すために、和解作業の指示ばっかりに躍起になって、訴えを調書で却下するばかりで、本質的な仕事をしてない小法廷と、その差は歴然です。つまり、遊んでる最高裁裁判官が一目瞭然なのです。
じゃぁ、在任期間と判決及び決定を割ってみて、「判断関与率」っぽい検討材料も報道機関から発信してもらってもいいのではないでしょうか。そういう材料もないのに、根拠もないまま、名前はかけませんから。それが一番、衡平だと思います。
ちなみに、新次郎議員は、アングルを変えると、ブルースリーによく似ているかも分かりません。イケメンカメラマンには、是非、検討してもらいたいです。
欽ちゃん
2010/05/26 19:59
5月26日の臨場の「前田愛(女優)」は、フェミニスト高裁5民女性裁判官に、雰囲気まで、そっくり(実際には、2民の女性裁判官がなりすましていたわけです。ちなみに、5民にはもう女性裁判官はいません。)。
背格好、髪型、厚化粧(本物は、もっと厚いかも分かりません)、その性格まで、瓜二つ。
3月12日に、多くの報道陣が法廷に入ってます。もう、ばれちゃっているのでしょう。往生際が悪いと思います。
プロテスタントだか、ポリデントだか、良く存じ上げませんが、DV支配、官僚支配、厚化粧支配。何れも、「罷免」からまぬかれないと思います。
欽ちゃん
2010/06/05 19:54
ノリピーは、罪責ロンダリングのため、介護学校に行ったらしい。今時、老健と聞けばやばい。そんなことも、知らないんでしょうか。で、学校には、生徒が4名程度で、お金が足らず、更に作家から、1億円以上も借金しても、ほとんど返さず、学校の教員に給料も支払われず、大変な状態とのこと。
あの手の福祉は、とかく、ゴージャス過ぎる。悪の巣靴たる厚労省の問題は、なんにも手がついておらず、ともすれば、介護で内需拡大とか、DV内閣府が、今時、誰も信用しない、嘘ばっかりの数字で脚本し、増税を強いる勢い。欲に際限がなく、この前、「40年間つちかってきた」と言ったとき、遂に、喉にまで手が伸びた。現実に、意図的に、厚労省仕分けを回避した内閣なのであって、北朝鮮推進の男女共同参画担当大臣が誰だか分かり難い内閣でもあり、もともと、厚労省とは極悪省庁で、そのエリートが凶道参画に出世したと見てよく、結局、不正を温存したままじゃないのだろうか。
思えば、人事院が内閣府出身の元厚労省出身に決まったとき、誰しも違和感を強く感じた。だから、本質的に、変わっていない。さしずめ、「歪んだ茶碗で、冷や飯食わしてやるぞ」とばかりに恐怖の指示が恒常的に下り、そんな中、背筋を正さない凛の会も無罪放免となり、かように、最高の下手の横スキーが厚化粧の威力を用いて不正を重ね続ける。
もう一度、厚化粧を取ったら(取る前からも)、化け物と思われている大臣と、前内閣総理大臣並みの、カメラ目線の長爪厚労省と一味(馬鹿三役)にスポットを当ててもらえないだろうか。テレビに出せば良い。話をさせれば良い。直ちに、暴落局面がおとずれる。
欽ちゃん
2010/06/08 21:25
牛の殺処分もいたたまれないが、グループホーム生活保護ブロイラーシステムも、多くの人が、焼け死んだ。人為的老人殺処分だ。けれども、スプリンクラーの話にすりかえ、大したお咎めはなし。ぬけぬけと、「軍手を持ってきました」と、ふてぶてしさが、日本中を震撼させたも、ついこの間のこと。この上、増税をすることで景気回復がするなど馬鹿さ加減は止めても止まらず、ついには、民主党のマニュフェストを直訳すれば、「約束破り」と確定するに至った。
女性を付け回し、押し込み乱暴する北海道の裁判所職員や、バスの中でパンティに手を突っ込むフェミニスト高裁裁判官など、一般人では思いつかない犯罪が蔓延し、そういう高貴な人間の尺度によって、恒常的に存在しない性暴力ができあがる。密かに犯人性を縫いこみ、反論の機会を露ほども与えない。そういう密室でべっとりファンデーションを塗った犯人像(裁判官)が、好き勝手にやっていたと、分かってきた(平成22年4月27日最判三小)。
予算大半を陣取っているのに、増税を求める所為こそ、北朝鮮がお慶びになる施策で、坂本竜馬に「お龍という女」が出ていたけれども、脱税ツートップ不起訴も、人事院に元厚労省が送り込まれたときに無罪が確立し、何億円も発生しても、背筋を凛としない「凛の会」は、500万円程度の罰金だけで、すまされる。きっと、面の皮厚子さえ、下手の横スキーの【うつばり】に守られる。
客観性がものを言う。メディアの役割だと思う。冤罪被害者は、皆、表情が怒っている。どうしても、そうなる。しかし、面の皮厚子は、決定的に違う。冤罪被害者じゃない。よく見て欲しい。うすら笑いが浮かんでいる。その鏡において、歪んだ茶碗の根性が、透けてしまう。
そうすれば、管没する。
欽ちゃん
2010/06/10 20:54
マックで、「俺もみんなの党」、間髪、「お前、まだ二十歳になってねーし」と聞こえた。たらこ唇になっちゃうんじゃないかと思わせる、大きなピアスをした男の子達で、女の子達も朝帰り風だった。それが、嘘偽り無い、世間相場です。
和を以って尊しは、17条憲法の引用で、恋愛や趣味の絵画には政治が介入しないと、正しい政治を匂わせるが、結局、チキンレースに違いない。
「DV団体」は、今や、勇気なくして近寄れない程の「超ブス団体」と周知され、その気持ち悪さに目を奪われて、生活安全課デカ及び暴力団との仲介、すなわち、生活保護の重複受領袖の下ポッポ業務が隠されており、更には、児童相談所こそ、これに勝るとも劣らない。何れも、希代の悪代官KYの思いを踏襲する「歪んだ茶碗」の縄張り。ところで、政権交代直後、事業仕分けで人気をはくしたきっかけは、「心外です」の婦人会館や児童相談所でしかなく、その余は惰性と言えなくもない。つまり、故なくして、親権を奪われる。背景に反社会勢力の生活保護受給の手口が潜む。その被害者は、全国に何十万人。そのツボを心得ていればこそ、できる加害者ならではのパフォーマンスだからだ。そして、常ならず、人気の高いとき、不正の行使を抱き合わせてきた。次に、「天地神明に誓って、知らなかった」が続く。強行採決もそう。紛れも無い、事実だ。
ついに、男女凶道参画を隠した。正々堂々やってみろ。眉間に不吉な縦の亀裂が現れた罷免元大臣の代わりに、兄弟に詐欺容疑がかかった「小宮山衆議院議員」を、男女凶道参画大臣にすれば良いじゃないか。修正申告と言う習性があるけれども、殷管遠からず夏后(下手の横スキー)の世にありと言わざるを得ず、政治資金で、キャミソを買ったんなら、国会に着て来いと申し上げなければ、ならない。
欽ちゃん
2010/06/13 11:31
失われた20年と言うが、国債を大量に刷り、未曾有の財政危機を確立した。終いに、「増税すれば、景気回復」などと、官僚答弁をしゃぁしゃぁと言ってのけた。もはや、20年先まで、失ってしまった。
それこそ、管僚答弁と言うべきで、つばきが飛ぶほど、ガッツリやりあわなければ、ならない。児童相談所、男女凶道参画、下手の横スキー(厚労省)を放置したままに、騎兵隊などと言うが、あまりに、おこがましい。そのやり口は、兵は奇道なりと言うべきである(偽りがなんでも正当化できると言う主旨)。政治と金では足らず、「事務所費とキャミソ」の問題と言うべきである。少女漫画とは、ひょっとすると、不健全図書の可能性が高いと言うべきである。なぁにが「不適切」だ。官僚コピーそのものじゃないか。レシートには品番も載る。どんなガラの、いまどきのキャミソだ。いい年したおっさんの事務所だから、笑っちゃうから出せ。買った現物を見せろ。いつ、誰が、なんのためにと言うように、5W1Hを明らかにしろ。おっさんが読んだのは、一体全体、どんな少女漫画か堂々と、示してみろ。
でてくる閣僚は、次から次へ、社会通念上、とんちん管なもんばっかり。恥ずかしいとは思わないのか。なぁに。直ぐに、管落する。あえて申し上げるなら「いやん。ば管」内閣と、言うべきだろう。
欽ちゃん
2010/06/15 00:51
満員電子に乗るときに、ICレコーダーをもっていたほうがいい。取調べを録音してれば、生きている限り、冤罪と戦える(死んでしまっても)。強引な性暴力被害によって、いつ何時「加害者という被害者」になってもし方ない世の中になった。ついこの間、厚化粧御用たちのファンデーションが、大連経由の密輸で、北朝鮮に運ばれていたし、キャミソ大臣どころか、蓋を開けてみれば、痴漢も出てきた。蓮舫大臣よ、お前もかと言うしかなく、もはや、「天地神明に誓って、知らなかった」、「学べば学ぶほど浅かった」想いを受けつぐ内閣だ。
きっと、あっちこっちで火が着いているグループホームのため、お金儲けのボランティアのため、そういう福祉のために、戦略的に増税がされてしまう。「火付盗賊グループホームあらため役」が欲しいところ。なんで政治資金でキャミソを買ったのか説明義務がいるし、どうして、初めっから痴漢をした秘書を公表しないで、大臣になったその後に、遅ればせながら発表したのか、十分な説明がいる。18歳の女性のスカートをめくって、手を入れたらしいが、「許せない」というのは、国民が内閣に言う台詞で、そんなのばっかりだから、あきれてしまう。今や、社会を支える正義の【うつばり】が朽ち果て、下手の横スキーの手で、取っぱらわれた(http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/huruta.html)。
秘書が「ち管」では、どうやったって、手の施しようがない。
欽ちゃん
2010/06/18 20:06
名裁判官「飯坂潤夫」の説く「固有の意味の判決」こそ法治国家の鏡であり、名裁判官「垂永克已」は「三権分立性国家組織の柱」と、「真実の法(正義)を発見するのに比類なく優れた方法」とまで、分かりやすく道筋を立てた。その制度は遵守されなければならず、更に、人事訴訟の場合は、現にある人訴法20条の法理「証拠ハ裁判所自進テ之カ調査ヲ為シ力テ明トナリタル事項ハ当事者ノ主張セサルモノト雖モ之ヲ採リテ裁判ノ資料トナスヘキモノ」とすることから(昭和10年2月25日・大審院判決全集26頁「人事訴訟ト裁判官ノ態度」)、裁判をその後において、点検をしたところで、順序的に、不自然性を生ずることもないはず。かかる不自然さは官内閣でも、よく顕れており、キャミソを政治資金で購入してはならない規則がないと言うところ、そんなものあったらたまらないのであって、大臣任命前に「痴漢秘書」の件を公表してない理由こそ、到底、説明がつけられそうもない。
昨年、どんよりNHKで、在宅介護に、月50万円かかるという報道を拝見していたことがありますが(例によって、お金が足らず現場が疲弊しているというのです)、「福祉予算が破綻する構造」と官僚総理大臣が言い出だしました。そんなことやってたら、当たり前じゃないかとしか、思えないのがごく普通の一般論ですし、どうも、現官僚内閣は、やり口が冤罪傾向にそっくりです。
密室で子供達が虐待を受け続ける児童相談所、暴力団の隠れ蓑DVシェルター、生活保護ブロイラーグループホームシステムに、増税資金が回るように、手が打たれています。それ自体が歪んだ茶碗のテリトリーであることから(http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/sakurai.html)、派遣村に行った政治家が必ず落選するジンクスも併せ見ても、現内閣はぜんぜん駄目だと思われます。
欽ちゃん
2010/06/23 19:51
民主党の演説は、皆が避けて通ってるように、思えます。誰も、チラシを受け取ろうとしません。他の党のを受け取ってもです。ぼくも避けます。皆、同じ反応のようです。世上の認識は、民主党マニフェストと聞けば、約束破りと納得済みです。
固有の権利は(昭和35年7月6日大法廷)、古今東西、変更できないもので(昭和40年6月30日大法廷)、奪うことができず(憲76、32)、そこは、避けて通れません。法治国家ってそういうもののはず。しかし、密室で、やられてしまう。携帯電話の電源を切っていると、殺人犯にされてしまう。非対審で、厚化粧が、勝手に決めてしまう(平成22年4月27日最判三小)。
全国で歪んだ茶碗に、無実のものが、大勢虐げられています。大変な被害です。半端な量ではありません。ファンデーションが濃く、含み笑いをする薄気味悪い下手の横スキーが、裁判に関与していること自体、問題視されなければなりません。又、NPOと言えば肩身がせまく、その肩書き自体、やばい代名詞となった今、どうして、ボランティアの金儲けが、許されるのですか。そういう福祉のために、17兆もばらまいているのはおかしいのでは、ありませんか。
ある党の候補者が、「ばら撒いた挙句に増税とはむしが良すぎる」「気をつけよう。振り込み詐欺と民主党」と言っているところをテレビで見ました。拍手喝采でした。厚労省関係と聞けば、誰もが避けて通ります。それも紛れも無い、事実です。そんな連中に、大量に予算を扱わせていること自体、問題です。
ところで、坂本竜馬の「お龍」はORYOで、歪んだ茶碗の「お龍」はORYUです(三丁目の夕日19巻87頁)。「お龍」違いでした。
欽ちゃん
2010/06/25 21:41
一寸した「道筋ブーム」ですが、間違いなく、増税させられることになりそうです。福祉予算がふくれ上がり、「下手の横スキー」の一味の袖の下に、転がり込んでゆく道筋。
ところで、北朝鮮側の国境に「教育は無料」と看板が出てました。帰国事業というのをテレビで見たことがありますが、当時は「地上の楽園」とする誘い文句です。きっと、グループホーム生活保護ブロイラーシステムも同じように「地上の楽園」と誘ったのでしょう。結果、放火で殺された。失火というが嘘に決まってます。とくに、奈良、葛城市の介護サービス「楽園」の話は酷い。円丘被告は女性で、高利貸しだったようで、介護サービスをしたかに装って、金を巻き上げていた。それが日本の介護です。捕まらないように上手くやるのが、ボランティアの常道です。今も同じようなことが行われていると思われます。北海道の嘘つき障害者などは、あっちの方面(暴力団)に人気があるのも、面の皮厚子のふてぶてしさを見れば、納得です。
増税して、福祉に予算を回す。ついには、税金で、キャミソを買う。その大臣は、そもそも官首相の腹案、もとい、腹心だって言うじゃありませんか。
その福祉には、児童相談所やDVなども、含まれているのでしょう。福祉で増税など、とんでもない話だと思います。
欽ちゃん
2010/06/30 20:49
下手の横スキーの庇護の下で横行する、裁判官の偽装ファンデーションのなりすましの事実は、かなり、広まりました。
ところで、男女凶道参画を掲げる、DV内閣府の言う数字は、周知徹底されているとおり、ほとんどあてになりません。あるいは、改ざんがあります。意図的です。そう言う風にしか、思われていません。自らが得をするための政策(NPO的天下りの手段等)で、神経さえ疑われてます。要は、今時、誰も信用してません。
和歌山県田辺市で介護士が強姦で逮捕、お金が欲しかったとキャッシュカードから引き出した介護施設パート職員も逮捕、「脱税で介護事業者を逮捕」など、福祉の現場は逮捕ばかり。ほとんどの犯罪は、福祉とともにあるのかと、疑いが晴れません。
官総理の言う増税に便乗して、DV内閣府は必要な消費税を15%と試算したなどと言うが、本当に、馬鹿じゃないだろうか。還付で返すとかいうが、官腐制度では、又、不正が増えます。本当に、行き当たりばかっりです。準備不足です。逆に、元女局長から激を飛ばし、もっと、逮捕者を少なくするように指導して、隠蔽体質を強めてから、言うべきです(老健施設こそ、誰しもが、箱物行政としか、思ってません)。増税で福祉ばらまき、強い経済で雇用回復など、顔を洗って来いというが、ほくろを洗って来いと言う感じです。成長戦略っていうか、増税戦略です。
今求められているのは、なぜ、福祉に詐欺が多発するのかの、原因解明(歪んだ茶碗の構造分析)だと思います。
欽ちゃん
2010/07/04 17:09
ダブりの件も、又三小です。他の小法廷は歪んだ茶碗でお食事でもしているのでしょうか。ところで、6月29日判決に「執行文付与請求事件」があります。女性裁判官の岡部喜代子の意見が付されました。そういうくだりが光ってます。
所詮素人です。判決の内容は詳しく申し上げられません。でも、その意見を読んでみようと、探しました。隅から隅までです。だけど、どこにも載ってません。何べんも読みました。
長くもない判決ですが、がんばった甲斐があって、やっと、見つけました。なんと、「裁判官岡部喜代子は裁判官田原睦夫の補足意見に同調する」だけ。ひょっとすると「同調する」と、意見を述べたのでしょうか。そんな馬鹿な。他の裁判例で、「各補足意見がある」と言うケースは多くありそうです。しかし、そんな横着な意見がまかり通っているとも思えません(一般的には、「仰々しく意見があるかに前置きを付けた挙句、そんな程度の意見なら付けるな」としか思いません。)。
極端に短い。意見のうちに入ってない。そんな意見じゃ、違憲と言われても仕方がない。最初っから、「裁判官田原睦夫と裁判官岡部喜代子の意見は次のとおりである」としたほうが、よっぽど、格好が良かった。
そこに、フェミニスト高裁で顕在化した「厚化粧の胴元」が、蹲っいるのかも知れません。労働行政が40年つちかってきた「歪んだ茶碗(見たものの致死量を超えるファンデーション)」のにおいが漂い、三小にまで自浄能力がなくなってしまうと、一言いいたい。
欽ちゃん
2010/07/09 01:35
「アジェンダが違う。連立はない」。久々に、いけてる言葉が生まれました。「俺と、詐欺師を一緒にしないでくれ」という意味に近い。機会があれば、日常会話でも、使ってみようと思います。
ところで、消費税が本当の争点ではなく、夫婦別姓法、外国人参政権法、人権関連法(児童虐待法等)などの悪法が、強行採決されないよう、無意識のうちに、国民が反応したと言う意見には、大賛成です。今は、あまり関係ない人でも、「家庭裁判所調査官は悪い」と認識していますし、それさえ改善される余地が、全くないのです。歪んだ茶碗が胴元となり、不正を最高から操っているというべき、大変な世の中です。
現職の法務大臣が、破れました。未来永劫、語り継がれるべき快挙です。みんなの党は、男を上げました。「ざまぁみろ」と声が挙がりました。法律が正しく作用し、多くの人が裁判に不満を生じていなければ、よもや、法務大臣が落選するなど、思いもよりません。消費税ではなく、厚化粧でもない。法務省、裁判所にふざけるなって、言っているんですよ。
欽ちゃん
2010/07/12 19:53
ベンチャービジネスを立ち上げたなら、ペイするまで、一心不乱に打ち込む。採算が取れるまでは、大変。スタートしたなら、とりもなおさず頑張る。ついには、成果を得る。それが、自由な社会のルールです。商売をしている者が、税金に頼るなど、不合理です。しかし、ボランティア(金儲け)をはじめると、爪がどんどん伸びる。欲には際限が無く、「もっとお金が欲しい」と描きはじめる。そういう、歪んだ茶碗の根性が、内閣府に、根を張っています。
だって、介護事業をはじめたときに、採算が取れると分かっていて、はじめたのでしょう。違うんでしょうか。いつも、お金が足りない。もっと欲しい。現場を見てくれ(お金をばら撒いてくれ)。政府がきちんとしていないと、潰れる。そういう風に内閣府が数字を操って、声がかれるくらい叫んでいます(みんな「又かよ」と思い、あきれています)。
メディアの皆さんこそ、一方的に与えられた材料だけでなく、本当の現場にカメラを当てるべきです。老健施設は、何億、何十億という箱物ばかり。エンジェル係数みたいに、老人係数を割って下さい。1ヵ月30万円とは、本人が負担する持ち出し費用で、助成金なども足してみれば、ご老人1名に50万円程度かかっているというのが、もっぱら噂です(もっと高いかも知れません)。採算が合わない、破格の高利回りです。老健ブロイラーシステムに、反社会勢力が繁殖するのも当然です。
テレビで見ると、施設入所のご老人の中に、見るからにご健勝な方も多く、「息子と相撲の話もできない」と嘆いている人もいます。入所する理由がない。つまり、「孝」と言う尊い精神が、価値観が変わったなどと啓蒙する、DV内閣府に置き去りにされてしまった。
はやく、厚労省の身を削り、身を正すべきです。そのために猛バトルが要ります。つまり、増税の用途に介護を掲げるとき、偽装のファンデーションの戦略が潜んでいるのです。
欽ちゃん
2010/07/14 19:39
あの・・・横から失礼しますが、外国人参政権反対について書かれてる方がいますが、ここは原君の被害情報、全体では、「女性と子供の味方」という顔をして実は、不当に父から子を引き裂く、偽善、ペテンの実態について語ってるのであって、外国人参政権について云々は、少しずれてると思われるのですが・・・

一部の自称人権家が外国人と女性の各問題を、半ば無理やり、一緒くたにして絡ませているのも確かです。
「外国人女性は、女性、外国人という二重のハンディを抱えている」と公言する自称人権家もいます。

しかし、私は、フェミと外国人の問題は、あくまで別と考えています。

私の見解の中では、この国において外国人が、不当に過剰に優遇されているとは考えていません。少なくとも、この国の女尊男卑に比べたら。

むしろ私が気になるのは、たとえば同じ外国人の不法労働者の中で、水商売などをする女性に対しては「人身売買、経済格差の被害者」であるように描き、肉体労働などに従事する男性に対しては、犯罪者予備軍のように言います。

なぜ「人身売買」が女性の専科のように描かれているのか。彼女たちは騙されて、口車に乗せられて日本に来たのだとしても、拉致されて、目隠しされて日本に売られたわけではない。

「日本に行けば金儲けできる」と騙されて、ブローカーに大金搾り取られた人は、男性の中にもいるはずです。

同じ不法労働者の外国人の中でも、女性だけが「人身売買の犠牲者」のように描かれます。むしろその点が気になります。

日本での外国人の権限が云々よりも、外国人の中でも、
男性か女性かによって扱いが変わるのが気になります。
アンチフェミ
2010/07/16 04:03
野村修也先生のような方に教わりたい。今は、メディアがすこぶる分かりやすく、素人でも、なんだか透けて見えます。
もし、内閣不信任案風のが出されても、否決されるでしょう。すると、「そういう規則がないから法的問題は無いと発言した」、「ならば、事務所費でキャミソを購入してはならない規律が必要。そうしないと、卑劣な行為を、いつまでも制御できない」と詰め寄られてしまう。いきおい、坂田俊夫似の大臣が、蝿が手を擦るように、右往左往。現内閣は見るに耐えがたく、国家公安委員長もあんな程度で、長爪大臣と馬鹿三役のしゃべりっぷりは見るのも嫌という人もかなり多いのです。そんな中、ついに、総理大臣に対し、「増税すれば景気が良くなるとは、どういう神経だ。馬鹿にするのもいい加減にしろ」、「参議院選挙で民意を問うと、御自らが、はっきりおっしゃった」と運ぶ。必然的に、説明義務を求められる。具体的かつ、明確に、説明責任を果たすのが、国会議員の礼儀作法ですから、つまりは『礼』の問題が、とどめを刺す。
すると、どうなっちゃうんでしょうか。
史上最低の内閣支持率が更新され、解散することにならないでしょうか。良識の府の精神は、完全に復活しました。今時、内閣府の数字根拠で、法案を作成しようなど、自分で見積り書を書いているようなもんで、そんなこと、どんな馬鹿でも見抜います。強行採決と修正申告の水浸しで、年間3万人のDV加害者が作出され、親の親権が守れず、常識・良識がまかりとおらないのです。どうしようもない筆頭格の、厚労省が予算の大半を牛耳っていますし、そういう連中が袖の下をのばし続け、大臣の秘書まで、鼻の下を伸ばしてます。
逃げまくりの官内閣が、礼法を作用させ、解散に追い込んじゃえば、いいんじゃないでしょうか。
欽ちゃん
2010/07/17 01:15
アンチフェミさま、仰るとおりと思います。国連子供の権利委員会でも、日本代表団の法務省や外務省の人達が、「女性が逮捕されることはありません。売春は、男性だけ逮捕されます」とはっきり言っていました。録音もあります。でも、これは色々な意味で、女をバカにしたことと思います。それから、今の日本では「売春」ではなく、「買春」と書き、カイシュンという珍奇な読み方でいいます。これは悪意に満ちた陰謀です。
のまりん
2010/07/19 21:56
売春については議論が尽きませんね。

売春を一切撲滅したら(有り得ないけれど仮に)
レイプが増える、だから必要悪であるという声もある。

女性を性的商品として買う男性を糾弾するフェミたちだけれど、
では、男性に食事をおごってもらうのは間接的な売春でないのか。という疑問も出る。

あるテレビ番組に出演していたドイツ女性が「結婚はベールをかぶった売春。職業として自立してる分、主婦よりも娼婦の方がマシ」と言っていた。如何にも炎上しそうな言葉ですね。

フェミと売春について議論したら炎上してキリがなさそうですけど、ただ確実に言えるのは、やたらと「売春反対!」とだけ声高に叫ぶ連中は無責任だなということです。
売春は、それで生計を立てる女性にとっては生活の手段。「売春反対!」なんて叫ぶ人は彼女たちにとって客を奪う営業妨害なんです。ただ「売春撲滅!」と叫ぶだけでなく、売春をやめる代わりに、彼女たちが自立できる方法を考えるべきなんです。

あとフェミの偽善が許せないのは、そういう自称人権家が心底では娼婦などを侮辱していることです。
きちんとした地位に就くことに恵まれた、あるいは夫の庇護の下で生きている、娼婦として生活せざるを得なかったという人生とはまるで無縁の女性どもが、娼婦を上から目線で蔑みながら「女性の人権」を声高に叫んでるんですからね・・・
アンチフェミ
2010/07/21 13:52
伝説のKY元裁判長が、除斥裁判が棄却した。次に、下手の横スキー現裁判長も除斥裁判を棄却した。除斥事由が、不正を掌っていた。しかし、素人ならではの猛烈バトルを継続中。そうこうしていると、誰が見たって褄の合わない裁判所記録が山になった。もう逃がさない。つまり、奏功した。「罷免の夏」になりそうです。
つまり、DV加害者という被害者です。で、フェミニズムという薄気味悪いものを排除しようとすると、自然と、「マイノリティ」と言う言語に遭遇します。結構出てきます。その場合、男性が権利を主張するケースはありません。被害者は常に女性だそうです。ちなみに、考え方は、本質的には、誰しも大体同じはずです。日本に長く居住し、戸籍を得た方なら、別に、選挙権があったって、そんなに違和感を感じません。しかし、そういったマイノリティを掲げる主張は、次元が違う。第一、国籍を取ろうとしない。我こそは、従軍慰安婦だと喝破する。命が大事と叫ぶ。たかる。生活保護で豪勢に暮らす。そのように、権利を主張し憚りません。その道筋を見渡すと、何れ、被選挙権を行使して、DVボランティアをはじめてしまうでしょう(本質的震源地の可能性が強い。)。
国の呪詛を広める連中だから、『忠』が全くありません。
見てもませんが、三省堂の本に、「Q&Aセクシャルラスメント ストーカー規制法解説」と、「Q&Aドメスティックバイオレンス法 児童虐待防止法」というのがあります。連中は、同根です。
公僕が身を削る。絶対に、しません。けども、立法がされる。法律、規則、政令ができ、終いに、NPOが口を開けて待っている。おおよそ福祉関連法は、プロレタリアアトの厚化粧行使です。サポートと付けば、もろです。「男性か女性かによって扱いが変わるのが気になります」の懸念が、外国人参政権法案の奥底に縫い込まれてる筈です。
欽ちゃん
2010/07/21 20:35
誰かに、車がぶつけられて壊れたなら、車の所有者は被害者です。直ぐに、車の修理をしてもらいたい。そう思うのは、当然です。しかし、見積りに、5年かかり(紙台帳のうんちゃく)、更には費用が3000億円もかかるというのです。その費用を被害者が(税金から)、負担しなければならないというなら、無茶苦茶です。早く、修理してください。見積りが必要なら、加害者の自費(厚労省の費用で)でやってください。厚労省がちゃんとしていれば、そんな被害が生まれることはなかったのです。そして、加害者を罰してください。あたりまえのことでしょう。長爪厚労相は、熱射病で沸騰しちゃったんじゃないでしょうか。子供でも分かりそうな簡単な論理です。3000億円もかかると言うけれども、厚労省の給与をカットしてやってください。あなたのせいで、大勢困っているんですから。
今は、親の親権は、児童相談所や、家庭裁判所調査官が野放し状態ですから、簡単にもぎとられます。児童虐待のほとんどは、父親の親権がなかったからだと思います。父親であるなら、幼い子供を死に至らしめるような、酷いこと、絶対にできないはずです。自堕落なDV女に家庭裁判所長官が、いかさまを繰り返して、与えてきた結果です。まるっきり、北朝鮮です。なのに、まだ、福祉にお金がかかるって、官報機密費鱈腹頂戴型メディアが(どこの局にも少しは潜んでいるのかもしれません)、ブームを作ろうとしているように思えてしょうがありません。
「親」が壊れています。一兆円を超える相当程度とか、馬鹿につける薬はありません。早く、『信』を問うべきです。
欽ちゃん
2010/07/27 20:09
平成22年7月22日(仏滅)に、的をしぼった。最高裁だけでじゃ、危ない。訴追委員会、綱紀委員会に届くように発送した。最高には、更に申立てを加えている。事実を掲げ、四方八方から攻める。おっぱじめた。事案の概要的にも、その日が、ロゴがよかった。
で、偶々、偶然にも、恐ろしいことに、滅多に出ない最高裁の大物裁判長が、同じ日に、ファンデーションを塗りたくって、お出ましになった(平成22年(さ)249号「平成22年7月22日」第1小法廷判決)。正直、他のを知らない。下手の横スキーを、はじめてみた。以心伝心と言うか、覗き見と言うか(ぼくはのぞき見られても、ぜんぜん平気。逆に利用するタイプですし、逆にそっちの方が、上手くやれそうです。)、平成22年7月22日に、ミステリーが蠢く。かかる偶然は、フェミニスト高裁で、女性裁判官が他の裁判官になりすましていたこと、既に、最高でも、バレたとうかがわれる(正義の判決の部類。歪んだ茶碗の裁判長じゃ、難易度的に、到底、無理。一字だって入っていないと思われる。)。
このブログはメディアだけじゃなく、最高裁も見ている。
法曹には、『智』を働かせてもらいたい。
旧々民訴法の取消ノ訴の系譜的に、「関与できない裁判官の関与」の審級は、最高裁。民訴法312条2項2号が絶対的上告理由であることがその証。偽装ファンデーションの争訟事件は(記録上出廷していない裁判官が出廷し、大勢の裁判当事者を欺き、且つ、地方裁判所の裁判官が退官する高裁裁判官になりすまして出廷)、下級審には構造的に向かず、原審のそれは効かない。事実審が必要(民訴322)。最高で、公開対審をする舞台が整った(小室直人・裁判所法の諸問題下「再審事由と上告理由の関係」)。
困っているあふれている。労働行政に40年培ってきた、偽装のファンデーションを、必ず、剥がしてごらんに入れます。
欽ちゃん
2010/07/29 21:24
記録を精査すると、一方を認定したのに、一方をはぶいたことが矛盾する。おかしいと、聞こえてくる(最高裁判所 平成21(受)1539平成22年7月9日 最高裁判所第2小法廷判決)。公開対審制度を曲げ、隠されたことを名指しして、頭がおかしいんじゃないかと、二審ばかりか、一審をも破棄。性暴力の運用そのものが、間違っているとも、とどろきわたった(平成22年4月27日最判三小)。最高裁は、解釈の規範。徳高きものに、従順にしたうべきが、習わし。ところが、下級審は無茶苦茶。これは、『悌』の問題じゃないでしょうか。
選挙の際の一票の格差について、07年の参院選が違憲ではないと、平成11年11月10日に大法廷が判断。しかし、舌の根も乾かない今年の3月12日、フェミニスト高裁第2民事部が、違憲と判断。正に、偽装ファンデーションの下克上です。ぼくの場合、生活保護を受領していないと宣言されていました。しかし判決で、「生活保護等の公的資金を基礎収入に含めるべきである旨主張するが、」と、40年培われてきた「喉手」の荒技が及んだ(そんな主張するわけがないっつーの)。
下手の横スキーがいるから、辻褄の合わないことばかり。役人が平気で嘘をつき、市民が指摘する。公務員の不祥事が増え、増税すれば景気が良くなるとか、予算のこと、まだ前年を上回らなければいいとか。一兆円を超える相当程度とか、厚労省係立法活動を啓蒙して(児童相談所の件は顕著です)、大量に分捕っていく構え。それで、上手くいくと思っているんでしょうか。
長爪厚労相がテレビに出れば、反射して、支持率が低下する。厚労省が、責任をとった試しがありませんし、児童虐待死のほとんどは、親権が父親に無いからに決まっています。官内閣は、嫌がられてます。民意に対し、従順にしたがうべきです。さっさと辞めて、ザンゲボウズで、お遍路まわりをして下さい。
欽ちゃん
2010/07/31 19:27
今、親の居場所がわからないと言う大変な世の中になりました。健康福祉課を中心に、厚生労働的政策ともいえる、生活保護グループホームブロイラーシステムによって、ご老人が家畜のように、売買されているかにも、思います。子供さえ、家庭裁判所調査官のインチキによって、召上げられる酷い世の中です。親族の仁義は踏みつけられています。
そして、箱物に詰められます。虐待されます。しかし、爪の長い厚生労働省は、ここぞとばかり、虐待事件が発生すると、全国で増えていると嘯き、肉を切らせて骨を絶つ戦法で、予算獲得に向かって算盤をはじき出します。啓蒙に勤しみます。本当に、DVそっくりです。だから、父親が仁義を切っても、勝てません。事実を争おうとしても、べっとりとファンデーションを塗った下手の横スキーが、曲げて封じ込みます。
尊いはずの『仁』は、歪んだ茶碗のように、なってしまいました。
ニュースで見ましたよ。盗人猛々しいとは、正に、同感です。ぼくの目には、盗人弱弱しいとも映りました。嘘を平気でつく。答えになっていない。盗人図々しいとも、思えました。女性が悪いとは、決して、思いませんが、ボランティアとか、少子化、男女凶道参画とかに関っているものは、そのうち、人を殺したその後において、DVを主張するでしょう。それが、そのままになっていて、いいんでしょうか。現実に、参院選では、小選挙区でほとんどの女性候補者が敗れたように、思います。やっぱり、背筋を凛と正して、仁義を切るような女性が必要なんじゃないでしょうか。
欽ちゃん
2010/08/04 20:12
ファックス文書の証明力って、強いんですね。「FAX送信書兼御連絡」とまでは、確認できませんでしたが、8月6日の夜、坂田俊夫似の大臣がトコトコ歩いていて、1年生議員が合宿するって、言ってました。その案内状みたいなのに、極意が示されました。
テレビに、ファックスが映りました。
軽井沢といえば、女王待遇で有名な人がやってきたばかりです。なんだか違和感を、正直に感じていました。やっぱり、親子の絆をもてあそんでいたんじゃないでしょうか。
他人事とは思えません。今は、年間3万人のDV被害者が人為的に作出されています。離されます。お金になるから、NPOが口をばっくり開けてます。子供は虐待されます。児童相談所の施設と同じです。儲かってしょうがないから、どんどんボランティアを励みます。一方、殺人をしたその後に、減刑を狙ってDVを主張します。どんでもない尋問がされます。行為を処罰せずに、DVと言う事情ばかり。その中身に、実態がありません。正に、お龍さん的マルクス恋愛論です。一般社会では、DVを主張すると聞けば、テロリスト扱いなのに、まだ裁判所じゃ公然と、まかり通っています。夫婦茶碗は、裁判所によって、「歪んだ茶碗」にされてしまいました(http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/sakurai.html)。
で、合宿のお品書きに、確かに、「私とマルクス」と、映っていました。軽井沢で、どん合宿やるんだって聞きたいです(多くのイケメンプロデューサーには、そこを、もっと、ドアップでやってもらいたかったです。)。
ところで、これは大変な決定です。DV被害者から、親権を取り上げる日が近いのかも、知れません(最高裁判所 平成22(ク)376人身保護請求棄却決定に対する特別抗告事件 平成22年08月04日 第二小法廷決定 )。
欽ちゃん
2010/08/09 19:40
平成22年9月21日、橋下府知事が、弁護士会の決定事項が事前に漏れたとして、懲戒請求する旨、報道された。ドラえもんが押入れから出てきたあれの件。その日、面の皮厚子の事件も、控訴断念と報じられた。メタボリック検事のミスで、大変な事態に陥った。正に、法治国家、危急存亡之秋。
民主党石井議員と、背筋を凛と正さない会の会長は、知らぬ中ではありません。依頼した日時の相違のみで、上手く潜り抜けました。議員と秘書の関係にあったのです。部下の何某は、メディアの取材時にも、「やっていない」風な嘘をつきました。要は、嘘つきです。だから、検察官のでっちあげといったところで、それが嘘か本当か、分かったもんじゃありません。もともと、嘘つきなんですから。そして、ファンデーションにまみれた面の皮厚子も、テレビ画面上、嘘をついていると認められる表情が、度々、映し出されました。「記憶にない」と言うあたり、唇がスネオのように前に突き出そうとするのを抑えています。間抜け顔です。         
検察の大失態は、懲罰もんです。フロッピーを書き換えて、返還していたのでしょう。そのとき、裁判所に対し、そういう証拠がありましたが、誤って日付けを書き換えたまま、保存してしまったと届け出ていれば、良かったでしょう。それをしなかったため、検察のあり方についてまで、面の皮厚子に意見されてしまった。大変な悪党を取り逃がした責任は甚大で、盗人猛々しいことを言わせたことは、前代未聞の恥の上塗りです。
平成22年9月22日は仏滅。この日は、記念すべき日です。その日付着で、こっちも、新たな戦い勃発です。面の皮厚子が厚労省に当庁した日です。やっぱり、偶々、偶然なのでしょう。下手の横スキーと、いざ、勝負です。
欽ちゃん
2010/09/23 19:59
野牧先生へ。
とうとう、やっちゃったかも知れません。
なりすましの厚化粧裁判官の件、地裁本庁へ訴状を提出しました。今、同時多発的に、やっています。だって自信がありますから(報道機関の証拠)。素人なりに頑張ってきました。すると、訴状が、地裁の支部へ回付されました。そして、訴状が却下されました。困りました。直ぐに、抗告(不服申立て)を提起しました。普通、そう言う場合は、期日の定めの連絡が、地裁から書面で、理由書を期限まで提出するよう、求められますが、何時まで経っても、何にも、届きません。
そこで、「亀のように遅い」と、又しても、やっちゃいました(本庁に、やっちゃいました。)。ちっょと、やりすぎたかなぁと心配していましたが、今日、突然、高裁から、訴状却下命令を取り消すと、決定が届きました。しかも、厚化粧裁判官がなりすましていたことを争う旨、決定には、威風堂々、謳われています。遂に、裁判官とのバトル勃発です。戦争です。公開法廷で、やります。証拠で勝負します。DVとは、不正の裁判官らの技術によって、生み出されるものです。「顔」で、勝ちです。
追っつけ、コピー関係を先生宛に、届けます。一寸、お時間下さい。必ず、あばいて、やります。
欽ちゃん
2010/12/09 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
原玲於奈君の物語 そのV のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる