のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 讀賣新聞の悪質な家族破壊記事に抗議を!!

<<   作成日時 : 2009/11/25 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 8 / コメント 4

現状を知っていながら家族破壊を促進する記者達
梅崎正直・小坂直子両記者

まず、この記事をご覧下さい。讀賣新聞11月24日朝刊。
「虐待児守れ『親権』制限論 『養護施設の監護権優先』案浮上」
画像


現状を知っていてわざと真実を隠す

事例として一つ、金属バットを持って児相に乱入しようとした父親の、極端な例を一つあげ、もっとたくさん存在する大人しく、弱弱しく、心優しい両親達の児相被害については、何も語っていません。原君のように、行政と自虐法と児童福祉法とDV防止法の犠牲になった子供達については、何の配慮もありません。

しかし、よく読むと、両親と児相との「対立」という問題は書かれています。よく親に殺される子供を救おうと呼びかける記事がありますが、そういう記事は、児相に対して、もっときちんと子供を見守るようにと書いてあるだけで、両親と児相の対立については触れていません。

つまり、讀賣新聞の記者達は、児相が罪もない両親の子供達を取上げていること、施設を抜け出して親元に逃げ帰る子供がいることをよく知っているのです。それでいて、児相と「対立」する親が金属バットとナイフを持って乗り込んできるが如き錯覚を起こすような文章を書いています。

親の冤罪で引き離される事例はわざと隠す

ここには、理由もなく親から引き離される子供達や、外で怪我をしたのに児相に連れて行かれる子供達や、性的虐待、お湯をかけたなどと両親を無実の罪に陥れられて児相に連れて行かれる子供達への思いやりが全くありません。中には「子供に会わせてやらない」などと脅迫されて、仕方なく施設入居の同意書にサインする浅野家の両親の例もあります。

また、校長室で児相職員に「あなたが施設に来ないとお母さんが逮捕される」というようなことを言われ、驚愕して児相職員についてゆき、その後、施設から逃走した中学生もいます。

ウソの数値グラフで読者を誘導

厚生労働省の「対応件数」調べのグラフを、さも親の虐待数として掲載してあります。しかし、これらは学校や保健所、医療機関からの、イデオロギーに満ちた作意によって通報された数であることが書いてありません。警察が事件として発表したのは、300件あまり、しかし、児相が虐待とするのは40000件以上。

つまり、児相は子供が病気になったり怪我をしたりすると、虐待としてとらえ、幼い子、おとなしい子などを連れ去っています。しかし、明確な事実に基づかないので、一時保護通知書には「虐待の疑いがある」「不適切な養育が疑われる」など、曖昧な理由を一言書いているだけなのです。

はなはだしきは、「児相の所長が一時保護を認めた」などというのもあります。これは、理由ではありません。

このような記事に後押しされて親の監護権や親権が児相に移ったら、日本の家族は次から次へと破壊されてしまいます。みなさん、讀賣新聞に抗議をお願いします。

画像


抗議先と抗議方法
善意を装い悪意を実行する記者達に意見を言おう!!

@讀賣新聞の代表電話にかける
03 3242 1111
そして、「社会保障部」にまわしてくださいと言い、社会保障部にまわしてもらう。
まわしてもらったら、「梅崎正直」記者を出してくださいと言う。
そして、この記事に対して抗議をする。

A讀賣新聞の代表電話にかける
03 3242 1111
そして、「生活情報部」にまわしてくださいと言う。生活情報部にまわしてもらう。
まわしてもらったら、「小坂佳子」記者を出してくださいと言う。
記事について抗議をする。

・児相の犠牲になって引き離された子供達のことは何故書かないのか。
・どうして野牧さんに取材しないの?
・家族破壊のお手伝いをして、罪の意識を感じないのか
・このような事実を無視する記事を書き、ジャーナリストとして、恥ずかしくないのか?
・「殺してやろうと思った」と言った、金属バットとナイフの男の言葉は誰に取材したのですか。児相に取材したのですか。男にも取材しましたか。この事件の詳細を知っていますか。
・自宅で臨月の妻が3回くしゃみをしたら子供が生まれた。夫が救急車を呼んで病院に搬送したら、その病院から子供が児相に送られた。という例や、アスファルトで子供が火傷をしたら、学校の教師が児相に密告し(継父がたばこの火を押しつけたとして)、児相職員が通学途中でその子を誘拐した、などという事実を知らないか?

などなど、言ってみよう!!
さらに、親権監護権が嫌いな母親にあり、好きな父親にないばかりに、児相に引き離された原君の事例(これは墨田児相の犠牲者)、お嬢さんのあそこをなめたな、とお父さんが言われた女の子の例(杉並児相の被害者)、兄弟で手に手を取って親元に逃げた浦山兄弟の事例、佐賀県の前田家の事例などをどんどんしゃべって。

03 3242 1111
メールもあります。
讀賣新聞編集委員室
kaisetsu@yomiuri.com

讀賣新聞社会部
shakai@yomiuri.com
FAX:03-3245-1277
〒100-8055(住所不要)読売新聞東京本社社会部

法務省へ現状報告とお願い

法務省の民事局民事局民事法制管理官 
荻本修様、法務省民事局参事官飛騨友行様、
webmaster@moj.go.jp
FAX 03−3592−7393

厚生労働省へ現状報告とお願い

厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止対策室室長杉上晴彦様、
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止対策室室長補佐千正康裕様、
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止対策室室長補佐太田和男様
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課児童福祉専門官坂井隆之様
国民の声への入力
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

http://constanze.at.webry.info/200911/article_9.html
http://constanze.at.webry.info/200911/article_8.html
http://constanze.at.webry.info/200911/article_7.html

関連記事
http://constanze.at.webry.info/200911/article_9.html
http://constanze.at.webry.info/200911/article_8.html
http://constanze.at.webry.info/200911/article_7.html

墨田児相・浅野家のいきさつ
http://constanze.at.webry.info/200908/article_1.html
http://constanze.at.webry.info/200908/article_2.html
http://constanze.at.webry.info/200908/article_3.html
http://constanze.at.webry.info/200908/article_4.html
http://constanze.at.webry.info/200908/article_7.html

緊急報告
http://constanze.at.webry.info/200908/article_6.html
娘は罪を償い続けておりました−この日の様子
http://constanze.at.webry.info/200908/article_8.html
浅野家お父さんお母さんと墨田児相成沢・斎藤会談1
http://constanze.at.webry.info/200908/article_9.html
浅野家お父さんお母さんと墨田児相成沢・斎藤会談2
http://constanze.at.webry.info/200908/article_10.html

http://constanze.at.webry.info/200911/article_2.html
抗議文
http://constanze.at.webry.info/200911/article_3.html
混乱する墨田児相
http://constanze.at.webry.info/200911/article_4.html
登場、古賀都議!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

墨田児相原君事件詳細
http://constanze.at.webry.info/200809/article_3.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_4.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_5.html
http://constanze.at.webry.info/200809/article_10.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
讀賣新聞の悪質な家族破壊記事に抗議を!!
現状を知っていながら家族破壊を促進する記者達 梅崎正直・小坂直子両記者 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2009/11/27 14:23
讀賣新聞の失礼な態度
↑ 讀賣新聞に電話しました。社会保障部にも生活情報部にもつないでもらえず、読者センターとかにまわしてもらいました。きではなをくくったようないやな感じの対応。私が色々と言ったら、途中で言葉をさえぎり、「あの、文書で記者に意見を郵送してください」とのこと。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2009/11/27 14:23
梅崎・小坂記事 お粗末度検証
解説 悪徳なる記事 三流のワケ ...続きを見る
のまりんの資料棚
2009/11/27 14:25
梅崎・小坂記事 お粗末度検証 U
皆様、抗議質問のお電話ありがとうございます。 幾つかの報告に、「警察を呼びますよ」と電話口の人が言った、というものがありました。やっぱり、悪い記事を掲載してしまったので、電話口の人にも焦りがあるものと思われます。さて、この記事の検証を続けます。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2009/11/27 21:42
「悪質」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「悪質」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「悪質」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/11/28 08:51
梅崎・小坂記事 お粗末度検証 V
無知ではない 詐意である ...続きを見る
のまりんの資料棚
2009/12/17 20:57
悪魔に魂を売った讀賣新聞
悪魔に加担するオバカ記事出現!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/06 22:29
悪魔に魂を売った讀賣新聞
悪魔に加担するオバカ記事出現!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2010/01/06 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今の児相の地位を築き上げたのもマスコミたちのせいですよね。親の虐待ばかりを取り上げて児相の精神攻撃や施設の職員による虐待とかは取り上げないのですものね。

いい加減にしてほしいもの。それでますます児相被害家族が周りに相談できなくなります。それが狙いか?
おー
2009/11/25 13:04
のまりんさん。
代表番号は・・・
03 3242 1111 です。
日の丸
2009/11/25 14:39
初めてのコメントです。
いつもご苦労様です。

メールではありますが、偏向記事になっていないかとして、追加取材を求めるクレームを社会部に送りました。
握り潰されるかもしれませんね。
報道機関としての良心に期待できればいいのですが。

もちろん、
鳩山・小沢への東京地検の捜査激励もメールしております。
yam
2009/11/27 05:23
デンゼルワシントン主演の映画にて、デンゼルが新聞を読んでいて「9割は嘘が書いてある」というセリフがありました。
映画のストーリーとは関係なく、本当に何気ない一言でしたが、なぜか、それが印象に残りました。

私も新聞を読んでいて、疑わしいと思うことがかなりあります。「ちがうよ、現実を見てよ!」と訴えたくなることも多々ある。

たとえば母子加算が一時廃止され、新聞はこぞってそれを弱者いじめの圧政であるかのように書いてあった。

実際には、母子加算加算とは、全く働かなくても、ワーキングプアなどよりよほど潤るという不公平で矛盾した制度で、その廃止は妥当だったのに。

DVに関する記事も、世論に逆らわずに、男性は悪、女性は被害者と言う線は決して崩さない。

新聞も商売、ビジネス。読む手に受け入れられないことは書かない。真実性よりも売らんかなが優先する。
そういうことですよね。

それから私は、読売には良い印象がありません。
読売が主宰する、オンラインの電子掲示板がありまして、そこには、利用者同士がいろいろな話題について意見交換する場があります。

ところがそこは、かなり編集の手が入っていて、情報操作されています。私は、「あること」を書く度、それは掲載されずに全て削除されていました。そこにとって、マズイ、気に入らない意見だったのでしょう。
それに対し、私の意見と反対のそれは、ガンガンと圧倒するように載っていました。

世論はこう考えていると、読者に思い込ませていたのですね。反対意見は全て排除して。

ええ、所詮、報道陣はそんなものですよ。
アンチフェミ
2009/11/28 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
讀賣新聞の悪質な家族破壊記事に抗議を!! のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる