のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫が刑事犯になる時

<<   作成日時 : 2009/06/02 21:52   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

ある方の報告です。

フィリピン人の奥さんと子供がいなくなって1年くらいたち、ある日、突然奥さんから電話がありました。シェルターに入ったが、とてもいやなところだ、帰りたい、きっと帰るからまっていてくれ、というわけです。

隙を見て逃げたいが、監視が厳しく、また、お金もシェルター職員に預けてあって、シェルター職員がそのお金を渡してくれないため、交通費もない、助けて欲しい、という電話でした。

まだシェルターにいる、ということが不思議でしたが、最近は色々のDV「被害女性」のための保護施設があり、そいういうこともできるのかな、と思っていました。ご主人がいくらシェルターの場所を聞いても、奥さんは「それは言えない、恐い」というばかりでした。助けて欲しいと言いながら、場所は言えない奥さんの心情も、ご主人には不可解でした。

ご主人がいくらシェルターの場所を聞いても、奥さんは「それは言えない、恐い」というばかりでした。助けて欲しいと言いながら、場所は言えない奥さんの心情も、ご主人には不可解でした。申立書には、事実無根の暴力の数々が書いてありました。

奥さんからの電話が来なくなって、数ヵ月後、ある女性から電話がかかってきました。奥さんがご主人のもとに帰りたがっているが、帰れないでいる。奥さんは○○県のシェルターにいる、と住所まで言いました。

シェルターに詳しい人に聞くと、ご主人に奥さんの住所が知れた、ということがそのシェルター職員に分ると、明日じゅうに、さらに遠くのところに奥さんと赤ちゃんが移送される。そして、一生会えなくなる、だから、迎えに行くべきだ、とのこと。しかし、わざとご主人をおびき寄せている可能性もある、とのことでした。

そして次に、ご主人は私に電話しました。私は奥さんがその施設にいても、施設は奥さんを出さないだろう、窓口で、「そんな人はいない」と言うに決まっている。保護命令が出ているなら、ご主人が行くのはあまりに危険だ、と言いました。

そして、また、ワナかもしれない、とも言いました。

翌日、ご主人はご主人のお母さんとお友達何人かで施設の方へ向かいました。ご主人に保護命令が出ているので、遠くに車を停め、ご主人自身はその中で待っていました。お母さんとお友達が施設に行くと、警察官が何人も来ました。十数人です。パトカーは5台ほど。

最初施設の人は、そういう人はいないと言っていましたが、ご主人のお母さんが「いるはずだ、帰りたがっているはずだ」と粘ると、赤ちゃんを抱いた奥さんが、出てきました。

フィリピン人の奥さんは、夫に電話をしたこともないし、帰りたいと言ったこともない、と言いました。

ご主人は刑事犯になるところでしたが、施設に近づかなかったため、助かりました。もし、逮捕されていたら、懲役一年の罰が待っていました。また、ご主人は刑事罰をくらうような、悪人であるということが裁判所で確定し、捏造されたDVは事実とされ、妻側の言い分がとおり、暴力を振るったことがないのに、子供に会えないまま、高額の慰謝料や養育費、財産分与、権剥奪の憂き目にあうところでした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
KAKAKARU
2009/06/02 22:11
ネットラジオのFM白石で児相冤罪についてでました
もっとメディアに騒いでほしいものです
誘拐被害者
2009/06/05 23:43
こんにちまでのフェミニズムをみていて フェミには申し訳ないが(笑)良くも悪くも勉強になります。 結局、女権家たちの思惑通りに 洗脳はできないということです。女権家たちの悪巧みを知った人々は 自分の反省すべき部分は反省し、気持ちを新たにすることでしょう。 女権家は残念無念でしょうけど。
日の丸
2009/06/10 02:40
只今を含め25日まで内閣府による「女性に対する暴力をなくす週間」だそうでーす。私、この類の企画、嫌いなんですよ。
暴力はだれが何に対してやったっていけないのだから、何も「女性に対して」なんて限定しなくても。
それに、暗に殆ど事実上、暴力を加える方は男性という前提でしょう。女性が女性に暴力をふるった場合はどうするの?
女性が暴力をふるうなんてありえない?そんなわけないでしょ。中学校の女の子同士、職場、主婦仲間の女性同士の、執拗な確執を知らないの?

とにかく、「女性に対する暴力をなくすー」とか
うっとうしい記載を、しばらく見ることになりそうです。

これに便乗に各地のシェルターが、また権力乱用で、暴走してくる恐れがあるので、この時期は特にご注意を。
アンチフェミ
2009/11/17 04:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫が刑事犯になる時 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる