のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供が親をかばう法律があっていいのでしょうか

<<   作成日時 : 2009/05/21 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 5

ある男性からのメールです。同じような経験をなさった方が大勢おられるので、男性の許可を得て、転載しました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

お久し振りです。野牧先生、覚えておられるかわかりませんが、今年のA月の末に妻・子供達がDVシェルター等に入所してしまった事について電話でお話しをしていただいた和歌山県の者です。

それからの経過を野牧先生に知っていただきたくて メールをいたしました。 妻・子供達が突然の消息不明連絡も取れない状態。その後保護命令。離婚調停と@ケ月も経つか経たない期間にこのような状態。

第@回目の調停では、住宅を建ててまだ間がないので返済しているところ、妻が連帯保証人になっており、今の景気の悪化で私一人で払って行く事が出来ないので、自己破産をするとしても、妻も債務を負わなければならないから子供の為にもと復縁を訴えました。その時の妻側には、シェルター等か、女性支援団体の方が一名付き添いで調停に来てたみたいです。支援団体等の方が「復縁は絶対駄目だ」と、「夫の元に帰って、子供が殺されでもしたら、あなた方の責任」だとか調停委員に言われたみたいです。妻からの気持ちは聞かされておりません。

ただ退去命令Aケ月下されているの身のA週間の期間で、調停の日に引っ越しを済ませたから退去命令を却下するとの事。後、今年C月に中学校に入学する娘の言葉、「箪笥だけは持って行かないで。お父さん服が着れなくなって可哀想だから」と言ってたみたいと調停委員からきかされました。何かドラマのようで、涙があふれました。

第@回目調停は終了。その後@ケ月後、第A回目の調停。妻側の言い分は私が残った住宅のローンの返済をしていくのであれば、養育費を少ない金額でも構わないと私が自己破産をしたら妻も破産宣告手続きをして、養育費増額の調停を申し立てるとの言い分。私はもう一度復縁を訴えました。支援団体の方の意見ではなく、妻の意思を聞いて下さいと調停委員さんに聞いてもらいました。

この時の支援団体の方は二名付き添いで、妻・子供達は移動したのか、民間施設の方だと言われてました。妻の意思は復縁の気持ち無しだと、最後この場で旦那さんと逢って話しますかと聞いたところ、恐い、脅される、脅迫されるからと 調停委員さんは私達とこれだけの人がいるから大丈夫と妻に言ったみたいだけど、妻は拒否したみたいです。調停委員も驚いてました。

第A回の調停で、慰謝料請求無しで住宅ローン返済の条件で少ないながらの養育費で調停が成立し終わりました 。妻わ変わってしまったのか、でも慰謝料請求無し、裁判までいかなかったのでホッとしました。

調停終了後、約@ケ月私の携帯電話を替えた事を、妻でなく、娘の携帯に保護命令電話禁止等もありながらも電話をしてみました、「電話替えたよ、元気?」 最後に「お父さんの事嫌いなの?喋りたくないくらい嫌なのかな、二度と逢える事ないかもね」と言いました。すると娘は「お父さんの事嫌いでじゃないよ、ただ保護命令が出てるから、電話やメールとか出来ない。ばれたらお父さんが逮捕されるから出来ないんだよ。期間が終わるまで待ってて」と。「私もお父さんの事、お父さん一人だから心配、通話記録消してね、と見られたらいけないから」とのことでした 。

私は嬉しさと保護命令と言う法律の怒りで涙がが溢れて止まりませんでした 私は、この法律は真のDV加害者妻子供達を見つけだし殺人を犯すような人にわ良いのだろうけど、そうでない人達、子供達も、お父さんの事が好きで逢いたくても逢えない話し、話も出来ない可哀そ過ぎます。

この法律は守る意味だけの物で、子供達の気持ちはお構いなし。子供が親をかばうようにさせる法律があっていぃんでしょうか。本当にこの法律は許せないです。

野牧先生、私は子供との会話で、希望をまた持つ事ができました。妻・子供達と再会する日を楽しみにして頑張ります。娘も望んでます。長々となりましたが、野牧先生これからもこの法律の反対運動頑張って下さい。家族の気持ちなど関係なしの法律なくして下さい。応援してます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
子供が親をかばう法律があっていいのでしょうか のまりんの資料棚/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 18:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この男性には是非 希望を捨てずに頑張り抜いてほしいです。 女性や子供の本当の意思を伝えない、「奥さんが、こう言っている」 と 支援団体からの伝言はすべて嘘です。調停委員も 「同じ穴のムジナ」 です。

2009/05/22 18:32
調停委員を当てにしては絶対ダメ。
私の場合、向こうは法テラスを使って弁護士同伴でした。無論、弁護士は離婚成立すれば報酬が懐に入りますから、和解を勧めない。
調停委員も法曹界の人間が多いです。仲間なんです。
妻側は2回目で、次回で調停離婚に合意しなければ、不成立にして裁判をすると言ってきました。弁護士の入れ知恵だったと思います。
調停の席ではこちらの声は届かないと痛感しましたので、同意することにして取り敢えず1ヶ月の猶予を得ました。
そのころ妻は郵便物をどこかに転送しはじめていたので、こちらのメッセージを何とか直接伝える為に一計を案じ、妻への手紙を自宅あてに送ったら、思った通り自宅には届かず、転送されていきました。
これが突破口となりました。
妻は手紙を読んで心が少し動いたようです。目覚め始めたというか。
最後の調停の1週間前になったとき、妻自身から電話がありました。私は驚きましたが、私は妻の不安を丁寧に取り除き、まず人目の多いファミリーレストランで会って話をすることになりました。無論、わが娘は3ヶ月ぶりに会う私から離れようとしませんでした(続く)。
INRI
2009/05/24 05:39
(続き)
子はかすがいでなによりの味方です。本当にありがたかった。
調停での私の発言にフィルターがかけられていたことも判明し、妻は不信感を弁護士と調停員、行政、支援者に向けていきました。
私は「お互いこうやって話せたんだし協議離婚でいいじゃないか」と持ちかけました。
妻は調停の取下げを弁護士に通知しました。建前上、協議離婚にするという理由でしたが、すぐに離婚するつもりは妻にはありませんでした。弁護士の引き止めは強烈で半ば脅されたそうです。妻は怖くなり怒って弁護士をクビにしました。私は逆に信頼を得ました。
それからはすべてが好転し、1年後に再び共に生活を始めました。
些細な喧嘩が元でこうなりましたが、もう妻は二度と母子支援施設には行かないと言っています。とても惨めで耐えられない生活だったそうです。

娘さんと早く会えるといいですね。一緒に生活している母親よりも、父親のほうがずっと新鮮に見えると思います。毎日そばにいないぶん、会ったときの印象が強く心に残ります。優しくて頼もしい父親の姿を見せれば、きっと味方になってくれると思います。
希望を捨てないでがんばってください。
INRI
2009/05/24 05:53
子供の意思を尊重しないDVの偽善が、ここでもよく分かりました。

先日、3,4歳くらいの子と両親の夫婦がいました。

母親が子供に変な座らせ方をし、窒息しそうになったんです。子供が苦しそうにもがくように、異常な声を上げて泣きました。

父親は子供を抱きとめ、その子の母親である妻に、
怒鳴りました。
「何やってんだ!?窒息するぞ!!」確かにその父親は血相変え、恐い顔でした。

さて、ここからは私の想像ですが、それを見た周りの者が急いで電話する。子供の万一の状態を察して、救急車を呼んだーじゃなくって、110番し、
「DVですよー!!男の人が奥さんをすごい恐い人相で怒鳴っています。公共で奥さんを辱めてます」警察が駆けつけ、夫をDVの現行犯で逮捕・・・こんな、ハチャメチャな事態が起きるのも、もうそんな先のことではない気がします。そう世論を動かしている者が存在するのだからね。

メールを送られた方の娘さんの気遣い。将来、アダルトチルドレンとかになりそうです・・・
アンチフェミ
2009/05/31 02:52
子供の件は別にして、住宅ローンが支払いが厳しく
なり自己破産との書き込みありますが、弁護士に相談しましたか?または、専門家に相談していますか?今は自己破産ではなく、個人民事再生とかがありますから、ぜひ相談して下さい。結論から先に言うと、自宅はなくなりませんから。まずは書店で、それに関する本でも買って下さい。そうすれば、今後の対処の仕方はかわります。
反町
2009/08/01 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供が親をかばう法律があっていいのでしょうか のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる