のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 讀賣新聞にお礼・激励・声援を送ろう!!

<<   作成日時 : 2009/01/19 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 33

讀賣新聞、21年1月19日の朝刊社会面、長崎の児童相談所の話題が載っていた。そして、
児童相談所は「虐待疑い」で協力ば」な介入を行い、実際には虐待ではない家庭の子供を職権で連れ去り、そのまま返さない虐待冤罪事件が多発している
と、真実が極めて分りやすく簡潔に書かれていた。
そして、ふと、隣の記事を見ると、生活保護費の不正受給の話が。カナメは暴力団員の妻が不正受給している、という内容だ。ところが、何気なくこんな文言が。

「夫の暴力などを理由に上げる申請が多いが、あまりに不自然」と市の担当者

すごい、この文言。すごく真実をついている。讀賣さん、ありがとう。
画像


最後にこの件では読売新聞社会部が良識を示してくれました。
励ましの声を届けて頂けたら幸いです。
電話 03-3246-5858
fax 03-3245-1277
Mail  syakai@yomiuri.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
讀賣さんのおかげで相乗効果ともうしましょうか、各地で冤罪被害者家族の声が上がってるようです。

2009/01/20 22:29
話題が逸れますが、働く女性が洗脳され、失踪した場合、悪徳行政フェミが女性の職場へと退職願と離職票を受け取りに行くとのことです。勝手に退職願を出して失業させてるわけですから、とんでもないことです。行政フェミは責任はとるつもりはないでしょうし、本人の責任、ということにするのが都合が良いと考える悪知恵ですね。

2009/01/20 22:50
厚生労働省について少し気になることが、
厚生労働省の新聞記事発言に、児相について糾弾してる団体は把握しているが、今回の主催者不明の団体については把握していない。←このような発言があるということは厚生労働省は児童相談所の問題について把握している証拠となるものです。これで先日の厚生労働省の職員の発言は信用度無し、、となりました。

2009/01/21 01:34
児童虐待対策室の新聞記事コメントですから、先日の厚生労働省の職員はもちろん、児童虐待対策室の職員です。職員は嘘をついた、と見なされても。。

2009/01/21 02:07
このまえ、ある書籍の新刊紹介にあった、一部に元警視庁幹部が、元上司はDV離婚した、、という内容でしたが詳細はわかりませんが、警視庁幹部でさえも巻き込むフェミの悪行なのかな…と思ったしだいです。
日の丸
2009/01/21 16:21
女性センター(これはDV女性とは異なるまぎらしわいしいものです)は、男女共同参画社会基本法が成立する前から有りました。
フェミ系企業が主に研修や講演会に使用してます。
女性センターと名前をつける根拠が不可思議です(笑)
民間の施設なら、勝手に…で良いでしょうが、公立の施設建物なんですから。。。

2009/01/22 12:21
私の私論ということで、、保守派も、時としてアメリカのマッカーシズムと同じことが必要だと思います。
思想の自由で、特に官僚や地方役人を野放しにしておいては、、危険です。
自由の国・アメリカでさえ徹底的なマッカーシズムで内部の〜〜〜を排除出来たのです。そんな骨のある政治家がいない、ですね。

2009/01/24 19:11
(※注記 上記コメントとは関係ありません。)

これは、儲かる。
実に効率がよく、公安委員会も絶賛。
夫の暴力を理由とする不自然な生活保護受領商売。
しかも、DVを推進するDV警察の庇護の下、
暴力団でも、妻が「私もDV」、「私もDV」と、
話をあわせるだけで、荒稼ぎでき、蔵が建つ。
内緒なんだけど、DV被害者とは申告制を取り、
その実体がなくても、登録OK。DV内閣府のお墨付き。
もちろん、そればかりではない。
住民票のない場所で公的扶助がざくざく得られる。
おもしろいほど、お金が入ってくる。
住んでると申告し書留で給付させたり、振込みもOK。
とっておきは、自治体ごとに個別に給付するから、
DVシェルターに転送をさせる一方で、
他の市区町村でも、「私もDV」を又やれる。
各自治体ごとで取扱いが違うから、
一元的管理できず、あっちこっちからの転送も容易。
だから、ボランティアの金融代理権限の実施で稼ぐ。
DV警察がいるから捕まらない。夫の暴力で儲ける。
だから、DVは止めても、止まらない。
欽ちゃん
2009/01/24 20:32
三丁目の夕日の一節。
幼少期から風体が悪く男性に相手にされない自覚した幼少期の女子は、あるとき、学校の先生に励まされ、勉強一本に打ち込む。大学に入学すると、ちょうど全共闘の全盛期。「ゼネスト」「資本論」等、背景の絵柄が並び、安田城も水しぶきで落城する。ちなみに、男性(リーベ)に恋したが、あっさり振られる。男性に相手にされず、さすがに女性も鬱屈する。その後、社会人となり、眉毛も無理に書き足すが、男性に「ウーマンリブは、もてない女の遠吠えだ。」と言われ、ついに殴りかかってしまう。

DVを推進する人間と、人の子をかっさらう児相系の厚化粧の人物像にドンピシャリだ。「ウーマンリブ」と言う呼称に「醜い連中」という亡霊が宿り、遠吠えと言われないよう、「フェミニズム」と言う名に変化させ、男女共同参画なる卑劣な施策でDVなどと馬鹿げた遠吠え法規をつくり、やくざさえ夜光虫のように群がる。DV児童相談所は、全国で拉致被害者を大量を出す。社会に暴力を奮うグループホームの根本は醜く、さもしい。
欽ちゃん
2009/01/24 22:29
女性や子供の人権・権利は途上国への課題で嘘を垂れ流すな、と再三再四、フェミへ向けて忠告しておりますが往生際が悪いといいましょうか…
1、途上国の子供たちが教育を受けられる整備=教育を受ける権利1、途上国にて女性が生活のため売春、人身売買(日本でも遠い昔は娘を家計のために売買することがありました)
簡潔ではありますが、平和な日本と途上国への課題をゴチャマゼにすることは途上国への支援という崇高な精神を汚し自国日本を蝕むものです。

2009/01/25 01:02
一点だけ、一般庶民へも苦言を。。
ある学者は、現代人の精神年齢は実年齢×0.7 …と言ってます。
たしかに、そうかもしれません。
例えば、事件としての事例では「20代の母子家庭の母親が子供だけを置いて彼氏と数日間、外泊旅行」 ←ご存知の方も多いのでは。。こういう行為が精神年齢を物がったているのではないでしょうか。。男性も女性も、いつまでも少年少女ではありません。
若々しくと、、、幼稚な大人を勘違いしてはなりません。
これはフェミへ対抗するための、庶民の心構えの、ひとつです。

2009/01/25 11:35
(上記コメントとは無関係です。)

びっくりした。今だにキーセンNHKの従軍慰安婦啓蒙連続ドラマ番組やってた。一ヶ月位休止し、ほとぼり冷めてからこっそりやる。悪どい。どうして、国営放送で、「キーセン(慰安婦)啓発」をやる必要性があるんだ。NHKという名称を改め、Jyugun Iannf Keihatsu、略して、JIKに変えてもらいたい。そこに、@グループホーム対策(デイサービスの繰返す架空請求)、 ADVシェルター対策(↑夫の暴力を主張する不自然な生活保護不正申請)、 B児童拉致対策(親から子を取り上げ、家族の同居を助けた祖父まで逮捕する政策)の策略がある。

定額給付金と、5000億円(介護・少子化対策費)の財源確保もそう。共参内閣府と、厚労省、NHKは社会の敵だ。その証拠に、耳を澄まして聞いてみてもらいたい。キーセン専門3チャンネルの、介護や児相番組は、音だけ聞くと、ホラー映画かと耳を疑う。「命が大事」「お金が大事」だと聞こえてくる。上記記事のように、DV共参内閣府は、配下の暴力団が、「不自然な夫の暴力」を理由に、生活保護をかすめとるのを推進している。
欽ちゃん
2009/01/25 15:50
共参内閣府の配下、DV警察と暴力団の連携が強く疑われる。生活保護詐欺は、↑記事のとおり、「夫の暴力などを理由」に行われる。つまり、DV主張による。
DVボランティアと暴力団を、DV警察が支配し、福祉にかかわり、群がっていると見ていい。「私もDV」は、実に儲かる。そういうことなのだろう。暴力団とか、ジェンダー論者、極左や、ボランティアはがりではなく、もっと一般の方に、「私もDV」をはやらせたほうが、定額給付金よりも、消費が拡大するかも知れませんね。
欽ちゃん
2009/01/26 23:12
児童相談所の実態は通常の方は知りえません。
しかし、隣り合わせなのです。
虐待がなくとも、虐待の捏造により、子どもを取り上げてしまうのです。それは、ある日突然にやってきます。
相談所は児童数が増えるごとに自治体からの補助金が入る仕組みとなっています。
また所員も増員される仕組みとなっています。その構図は国会で答弁されている話題の「天下り」とかわりありません。それも虐待捏造→子ども取り上げの大きな理由なのでしょう。
しかし、この異常な事態は悪質な事実として世に知られることになります。
旋風
2009/02/06 02:28
NHKの調査では、生活保護世帯が50万世帯と報道されていたのですが、厚生労働省は、115万1904世帯と2月4日に発表しました、1年前に比べて4万1713世帯増えたとします。「私もDV」と装う、暴力団世帯が急増中のようです。しかも、NHKの報道とは、数字がぜんぜん違います。
グループホームの悪徳生活保護ビジネスは、都内の老人介護ホームにいることとして、他県のグループホームに老人をワゴンで運び、住民票を移さず、郵便を転送させる方法で、生活保護を転送させていることは、数年前から内部告発されていると思うのですが、一向に、止めてても止まりません。捕まらないからやり続けます。障害者団体は、46億円もダイレクトメールを詐欺して、悪徳商法を繰返し、「命が大事」「お金が大事」を謳歌しています。正に、セイフティーネットは暴力団の縄張りです。
そこに、老人及び少子化対策費が投入されようとしています。5000億円もです。DV暴力団らは、今か今かと、予算関連法案の通過を待ち望んでいます。もはや、どうしようもない共参内閣府だとしか言えません。
欽ちゃん
2009/02/06 19:36
疾風さま
その通りだと思います。
どうしたらよいのでしょうかね。
川松亮
2009/02/07 00:49
2月6日の夜、公開講座に行ってきました。
でも、主催者に「この講座で、見たこと、聞いたことは、外に出さないようにしてください」と、きつく言われましたので、どんな講座か、内容か、言えません。
王女
2009/02/08 22:18
それ、どういうことですか。
公開講座じゃないの。
何か、悪いことでも、やってるの。社会的に悪いことでも教えてくれたの。
どういうこと
2009/02/08 22:21
いえません。
王女
2009/02/08 22:25
それ、
公開講座「児童相談所と虐待について知る」
場所・東京シューレ
講師・東京都北児童相談所 川松亮氏
じゃないの。
通りすがり
2009/02/08 22:27
この前、クローズアップ現代で、グループホームから、逃げ出してきたかわいそうな老人が、「なんで、あんな酷いところを紹介したのか福祉課に聞きにいきます。」と、声を震わせていました。DVシェルターや、デイサービス、児童相談所など、根っ子が腐っている厚生労働省の家系箱物でしかないと思います。
密室での悪巧みは、生活防衛のため、教えてもらいたいです。
欽ちゃん
2009/02/10 23:09
最高裁判所 昭和25年(オ)第241号 離婚等本訴及び反訴請求事件で、破綻に瀕しているとは言え、夫婦間でありながら、一方の配偶者が警察に届け出るなどしたことが、夫婦道に反するという判例があります。写真などはデータ偽造や変造だと思いますが、実体がなければ争う以外ない。警察に届け出たのか否か、そのときに、その証拠さえ出されていたかも問うべきです。大体、そういう事実があったというならば、解決する手段として、何か妻らはしたのでしょうか。
ちなみに、DV警察は、DV推進団体と手を結み、DV加害者となった夫は、DV警察の情報提供により、DV加害者の場所など、すべて知っています。いわば、DV私設警察システムと言ってよいと思われます。それさえ、大変な違法性があります。私の場合も、職場にまで嫌がらせがされました。生活安全課は先日も、群馬県で懲戒されて、退職金をもらって辞めていますが、DV関係職とはろくな人間がいないと理解して進めなければなりません。DVを侮ってはならず、公的扶助の二重三重取りをやる。嘘を是認させるための巧みな連携により、公的扶助商売が成立する仕組みよると思います。
欽ちゃん
2009/02/11 16:18
保護命令却下は、家事調停進行の産物でしょう。親権の裁判中に、一方の裁判所が、片方的に保護命令を下すのは、不合理だと言う論理かも知れません。
でも、裁判中は、気をつけて下さい。救助決定が出ていればなおさらです。そうなれば、事実認定は、経験則という名の、啓蒙則が用いられるでしょう。どうしてそのような行動を妻がとったかなどと言う、ちゃらんぽらんな論理に始終した判決されます。あらかじめ、辻褄が合わないことを掲げ、破綻理由の主張に実体がないとする以外ないと思われます。
仮にDV妻主張の事実があったとしても、どうして、夫婦当事者間の争議について、調停でも言われないようなことが、今になって、さも事実として立証活動が許されるのか、不自然極まりないと言えば、更に辻褄があわなくなるかも取れません。
ちなみに、生活保護は生活保護班の需給歴で判明します。攻撃方法を削がないでくれと訴える必要があると思われます。なぜならば、DVとは金儲けのために生まれるもの。公的扶助で儲けるため、汚れ役が集まって、ぼろ儲けするために発生する。暴力団らが、率先して、ひっきりなしにやっていることだからです(↑記事参照)。
欽ちゃん
2009/02/11 16:21
へへへさんのご紹介の「http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1209700.html」は大変に有意義です。一般市民は、福祉詐欺には憤りが沸き立ちます。生活保護で遊ぶために実行されるDV妻が親権者になると、そういうことになるのでしょう。回りにはプローカーが沢山いて、生活保護費を毟り取ります。福祉ぼろ儲け。いくらあっても、お金が足りない。生活保護に暴力団がはびこるのも当然の結果です。DVボランティアの経済活動。DVシェルター。生活保護不正受給。福祉に群がる暴力団や極左団体。そこに、グループホームや少子化対策費に5000億円の投入。全て、往生際が悪過ぎる、共参内閣府のお墨付きというべきものです。
欽ちゃん
2009/02/11 22:46
マスコミには、早く、参院選で自民、公明が惨敗した原因に、厚生労働省の腐敗(年金問題)があることになぞらえて、話題沸騰請け合いの、不自然な夫の暴力と生活保護の暴力団世帯の不正受給の急増と、グループホームの生活保護転送の日常的な虐待安定商売を取り上げてもらいたい。どんよりNHKに負けないくらい、暗く、そして切ない音楽を背景に、どどんとやって欲しい。男女共同参画内閣府の市民を虐げる施策について、ビシッと報道してもらいたい。
きっと、支持率10%を切りますよ。現DV内閣に抗議が殺到します。NPOが困り果てます。そして、世間のみんなが助かり、喜びます。
欽ちゃん
2009/02/11 22:49
暗く切ない、どんよりNHKの紅白歌合戦には男女共同▲は関係ないよね!?。
▲が歌合戦に▲したら歌合戦がコンゴーになるか、あるいは曲の歌詞にまでクレーム付けてサベツだ!とか、
あるいはひん曲がった口がネジキレるくらいひん曲がってしまうか、想像すると笑えます。紅白の視聴率がグングン落ちてきた原因も紅白自体の伝統的な格式が低下したのは間違いないですね。
レーコド大賞だって、いきなり新人みたいな歌手が大賞になって
以前のように新人は新人賞で終わるような雰囲気じゃないし、
いつの間にか大晦日恒例のレーコド大賞が、一日前倒しになって
、昔が懐かしくなるなぁ。
日の丸
2009/02/13 11:53
全共闘の、昔話はこりごりだ。貴女こそ、「我こそは、性暴力被害者であり、男女共同参画である。増税は政治の最高の意思決定である。」とでも、一人でやっててください。

で、2チャンネルっていうけど、すごいんですね。2000件を突破してる。↑へへへさんのアドレス。生活保護一ヶ月で35万円というと、給料の手取り金額なんだから、税引き後の金額でしょ。いうならば、45万円前後もらってるのに等しい。ということは、一般市民の年収500万円程度に匹敵する。
もしも、二重三重に、支払われていた場合、目も当てられない。住民票のない場所でも、DVと申し出ることで、その被害実体がなくても、容易にやれる。とすると、DVシェルターから、生活保護の書留郵便を転送させればいい。そうやって、DV暴力団が、儲けてるっていう寸法が導かれるでしょ。
福祉だとか、厚生労働省などのセイフティーネット施策は、完全に、汚れてる。男女共同参画のやってるDVとは、とんでもないことだと思う。
欽ちゃん
2009/02/13 21:47
「NPO法人「みどりの会」による生活保護費不正受給事件」は、毎日新聞で、懲役3年の求刑ってのってた。執行猶予がついて、生活に困ったとして、又、自ら生活保護をもらうんでしょうね。ホームレスを炊き出しボランティアで集めて、シェルターに招き入れ、生活保護を食いながら、ピンハネしたって言うことなんでしょうけど、夫婦でやってたらしい。
さしづめ、しばらくは、派遣切りとかのおいしいマーケットに参入できないんでしょうけど、でも、「夫の暴力」を利用すれば、DV警察への袖の下次第で、安全確実にやれる。じゃぁ、「赤みどりの会」って言うのも、おもしろかも知れません。じゃなきゃ、デイサービスの方が、儲かるかも知れませんね。
欽ちゃん
2009/02/14 18:50
福祉で袖の下を膨らます、厚生労働と男女共同参画にせいで、お笑い芸人のようなDV共参内閣になった。明らかに馬鹿過ぎる。3月には、経済が大変な事態に陥るとうわさされるのに、世界で評価が高いと、もっぱらほめられるゴックン大臣が、辞めたとは言え、国会にいることさえ不自然だと思う。本来は、レッドカーペットに出ればいいんじやないか。あろうことか、その席には増税大臣が居座り、蜂にさされた程度とか言ってたのに、今、全国隅々まで、くまん蜂が襲いかかる。定額給付金と、さわやか馬鹿風な総理大臣がでてきたとき、株価はどこまで下がるのだろう。DV内閣府は、今こそ、女性総理大臣を擁立し、老人から財産を奪った挙句、老人一人に一ヶ月50万円かかるデイサービスの介護報酬を値上げして、不正受給のボーナスを与え、ファミリーホームから、子供たちが逃げ出さないようカメラで厳重に監視し、ボランティアに助成し、DV暴力団員に生活保護を配りまくって(↑参照)、とことんやって、次の選挙で世の中から、完全に消滅させられればいい。
欽ちゃん
2009/02/22 18:11
先般の法務大臣は、「私の想いは伝わったと思う。」と言った。オフレコを使ったに違いない。きっと、ボランティア団体が喜ぶ。又やれる。違法入国は問われない。前例ができた。そういう寸法で、ジャパユキブローカー連中と今後の展望に祝杯を上げたかもしれない。一方、オフレコとは「本音」と解釈でき、政府高官による「自民党員は捕まらないと言った覚えはない。」は、その性質が滲む。日頃、男女共同参画内閣に敵するものは、些細なことでも逮捕するぞ、しかし、逆らわなければ、稼げるぞ(↑暴力団世帯のDV主張参照)、一般市民にはそう聞こえる。覚えがないとはまるっきりDVで、「勘違いしないでください。郵政担当大臣だったんですよ。」と言ったり、「私は反対してましたから、外されてました。竹中大臣かべ担当だったんですよ」に匹敵する。
今、厚生労働族の予算分捕り合戦を繰り広げられ、与謝野大大臣からこの方、全国に不景気の渦中(うずちゅう)にあることを踏まえ、嘘を何時までつくんだとやってもらいたい。
欽ちゃん
2009/03/15 23:53
仮に一人の老人を介護する家族がいたとすると、もしも、一ヶ月50万円の介護費用がかかるなら、直ちに破綻する。税金でも同じこと。一方、子一人に毎月2万円計算で、二人いた場合、年間48万円となるが、助成された場合、そのことは、1年間48万円減税されたに等しい。やはり、税金で賄いきれない。直ぐに底をつく。少子、高齢には、厚生労働的な算定根拠(箱物助成ビジネス)が隠れ、増税施策には、上記新聞記事のような、ポジティブ悪ションが潜む(上記記事による公的扶助不正受給の暴力団化)。
はやく一般市民全員が気づくべきだ。不毛な厚生労働施策を放置すると、トゥーレイト(遅すぎ)になってしまい、リーブ21も合わない。何一つ、年金さえも解決しない。毛が生えない。男女共同参画内閣府にあって、検察権力と、省庁人事権力を同時に掌握する立場にあり、大事なことは記憶に無いと答えないウルマオフレコワールドを野放しにしておくことは、共参テロ、不正受給暴力団を増やす所為に他ならない。
欽ちゃん
2009/03/21 02:00
又も、グループホームに火が着いた。聞けば、都内在住の老人が、福祉課の紹介により、群馬県で焼け死んだと言うもの。デイサービスらによって、言葉巧みに家まで処分された老人もいただろう。死人に口無しで、卑劣な火葬と言うしかない。生活保護は居住していない墨田区が支払っていたらしい。厚生労働省的福祉施策とは怖いもので、不正が合っても、オフレコ行政が守り、捕まらない。
生活保護がそうであるように、定額給付金も、東京都が群馬県に住む人間に対して、支払うこととなっていただろうし、明らかに不正であり、安にそればかりではなく、上記記事のように、夫婦間の暴力を主張した場合、住民票の設置しない場所でも、生活保護が受けられることを考慮すれば、景気対策の名の下に、暴力団らと厚生労働的箱物(DVシェルター等)が、笑いが止まらないほど稼ぐ。検察こそ公然の不正を目前にしているのであるから、1回、いや、二階ぐらいは捕まえて欲しい。
欽ちゃん
2009/03/21 23:40
厚生労働省の闇専従は、全員不起訴だそうで、しかも、全て返金されたらしい。全く景気のいい話で、どうして、実際には働いていないのに、金銭を欺いて受領したものが、起訴されないか解しかねる。やはり、金回りがいいということから、男女共同参画内閣府のオフレコがあったものと予想がつき、年金備蓄等の埋蔵金からだと推察されるところ、前例ができたわけで、以降も、厚生労働闇専従は、起訴されないし、埋蔵金から弁済されるから、汚れ役の濡れ手に泡が継続される。
繁華街の裏側の託児所など、場所によっては、人の出入りから、傍から見て、暴力団組事務所と間違えられそうな雰囲気をかもし出しているが、厚生労働が助成を開始する。つまり、新手の箱物助成ビジネスであり、暴力団らのDV生活保護申請が生活保護受領世帯の大半を占めると共に、何れ、厚生労働の強欲施策により、増税さえ敢行されることとなる。
福祉のための増税とは、換言するとヤクザのための増税だと言って過言ではない(↑記事参照)。
欽ちゃん
2009/03/22 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
讀賣新聞にお礼・激励・声援を送ろう!! のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる