のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都児童相談センターから浦山兄弟を助けよう!

<<   作成日時 : 2008/11/09 20:32   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 5

新宿児童相談センターよ、子供を取るな!!

浦山さんご夫妻は、仲の良い爽やかなカップルですが、まだ、入籍していません。もうずっと一緒に住んでいるのですが、浦山さんの内縁の夫と前の奥さんとの間にできた娘さん達が、入籍を反対していたのです。また、浦山さん自身のご両親もこの結婚に反対。

弱視の女児をいきなり拉致

しかし、ご主人の娘さん達が最近、お父さんの結婚に理解を示し、もうすぐ、晴れて入籍できる、という時に、この事件は起きました。小菅先生も私も、このご夫妻が良い人達なので、ぜひ、応援したいと思っているのです。浦山家の兄と妹は、西台子ども館から逃げてきました。またまた、西台です。妹さんは、弱視なので、目があまりよくありません。弱視の子供を拉致監禁など、とんでもないです。

手当たり次第に子供をさらう児相

最近児相は、もう、手当たり次第に子供を取上げています。片親、内縁関係の夫婦、生活保護家庭、仲の悪そうな夫婦、などなどを狙い撃ちです。子供を取上げ呼び出して、その親の人間関係を聞きだし、関係者の住所や携帯電話の番号を聞きだします。そして、両親の親族と仲たがいさせて子供を奪還する時の協力体制を崩したり、子供を預けているらしきところに押しかけたり、子供の親権をその母親とお婆ちゃん夫婦で争わせたりします。

そして、たくさん親に喋らせて、あら捜しします。また、家庭訪問をして家の中をじろじろ見回し、ゴミが一つおちていると、不潔なのをほっとくから悪い養育をしていると言い、きれいに掃除をしておくと、生活感がない、潔癖症は子供に対して圧迫感を与える、などと意地悪を言って子供を取上げる口実とします。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

全国の皆様へ緊急のお願いです。

児相はまたもや、子供の気持ちも親の気持ちも無視して、まるで犬・猫から子供を取り上げるかの様に、浦山さんの子供を拉致・誘拐しました。

親の子育てに対して、厳しいと「体罰は暴力だ」と決め付け、甘いと「養育放棄だ」などと言って、様々な口実を用いながら子供を隔離して、親を求める子供の気持ちを踏みにじっています。

児相内の教条持ちは、彼らの偏向思考である「社会的子育て」とか「子供の個人的自立」だとかの社会・共産論やえせ人権論を振りかざして、家族破壊を繰り返しています。

教条持ちへは児相の業務実績を上げたい者や、施設との利権がらみの者も迎合しています。

逃げて来た子供たちを、家族を守りましょう。子供たちが児相に取り戻されたら、二人の心情も情緒も破壊されてしまいます。
どんどん下記へ抗議・要請して下さい。重ねてお願い致します。

要請書
平成20年11月09日
東京都児童相談センター
所長丸山浩一殿
所員秋山・若月殿
〒162-0052 新宿区戸山3−17−1
Tel  03-3208-1121
Fax  03-3205-7158
Mail  S0200122@section.metro.tokyo.jp

必死で逃げてきた兄妹
 浦山家の子供たち(13才・男子・中一 、11才・女子・小六)は貴職らの隔離施設から、必死の思いで親元へ逃げ帰って来ました。
 私たちは貴職らがこの子供たちを、再び拉致・誘拐をしない様に、隔離・軟禁をしない様にと要請します。総じて子供への虐待を止める様にと要請します。
教条持ちに支配される児相
 重ねて、貴センターが新たな社会・共産主義や過激女権主義やえせ子供権利論やその他に偏向した教条持ちに主導されている状態を改善して、良識ある業務に立ち返る事も要請します。
 6月15日、男子は親との約束を守らず悪さをしたため、軽い体罰も含めてややきつく叱られました。
 6月16日、男子は気落ちして居たためか、中学校へ遅刻して行きました。このため、教員から理由を聞かれ、昨日の事を話しました。この後で母親が呼ばれて学校へ出向きました。
教条持ちの教員が児相へ密告
 教員と母親が話し合った後で、母親の意向を無視した教条持ちの教員が児相に通報しました。
兄と妹を拉致・誘拐
 そこで三名が来て、「虐待」を口実に子供を「保護」すると告げました。そして母親の反対を押し切って、別室から強引に子供を連れ去りました。
(同日、女子も「虐待の疑い」があるからと言われて、小学校から連れ去られました。)
 なお母親にも夫から暴力を受けていないかとしつこく聞き、いたら保護すると威嚇して来ました。
書かされた手紙
 この日の後で親はセンターへ行き、子供を返す様にと要請しました。しかし全て無視され、面会も拒否されています。口頭では子供たちが施設へ行きたがっていると伝えられました。子供の母親宛ての手紙も手渡されました。
 この日の後で親はセンターへ行き、子供を返す様にと要請しました。しかし全て無視され、面会も拒否されています。口頭では子供たちが施設へ行きたがっていると伝えられました。子供の母親宛ての手紙も手渡されました。
「こっちで元気にしています。(禁止されていて)僕は直接話す事が出来ないので、手紙で気持ちを伝えたいです。
 僕は(自分から)児相に行こうと思いましたが、なかなか行けずに(いて)、15日の夜にもうこういう事をされるのはいやだと思ったので、次の日に学校から児相へ行きました。
 児相の人から聞きましたが、僕は生活の環境が整っている施設で、しっかりと勉強したいと思います。
 施設では母さんとの交流も出来るので、これは施設に入って(から)も嬉しい事です。それに施設に入っても、親子の縁などは一切切りません。これが僕の気持ちです」
親の意向を無視して西台子ども館へ隔離
 8月8日、児相から子供を施設に連れて行くと伝えられましたが、親は強く反対の意思を伝えました。以後も同じです。
 9月になってから、親は施設の近くで学校帰りの男子を見付けて、短時間だけ話を聞きました。男子は、「早く家に帰りたい」「(逃げたら捕まってしまうと言われたので)警察が怖い」「手紙は児相の人に書かされた。言われた通りに書かないと何時までも帰れないと思った」などと語っています。
 この後、親は児相に見つからない様に気を配りながら、女子の安否確認にも努めていました。
 11月5日、子供たちはこれ以上施設に居たくないとの一心から、意を決して・手を取り合って親元へ逃げ帰って来ました。親元に保護されてようやく笑顔が戻って来ました。
子供を虐待し続けようとする児相
 11月6日、児相側から子供たちを施設へ戻せとの要求が有り、児相側3名と親・支援の会側がホテルのロビーで会いました。ここで親側は子供たちの戻りたくない気持ちがはっきりしている、これ以上の虐待を止める様にと伝えました。手紙に付いても男子の明言を改めて伝えました。児相側はずっと渋い顔をしていました。
浦山家親族一同
家族破壊法犠牲家族支援の会


http://constanze.at.webry.info/200811/article_4.html
http://constanze.at.webry.info/200811/article_3.html
http://constanze.at.webry.info/200811/article_2.html メトロポリタンホテルで子供を奪おうとした東京児相
http://constanze.at.webry.info/200811/article_1.html経過

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
やっぱり子供を連れ帰るつもりだった東京児童相談センター
引き続き、抗議、要請をお願いします。 「浦山家の兄妹の無条件解除通知をすぐ出せ」です。 転送、転載してください。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/11/12 05:38
東京児童相談センターから来た解除通知
東京児童相談センターから浦山家に解除通知が来ました。無条件解放です。皆様の抗議にお礼を申し上げます。皆様の良識ある怒り、抗議がなければ、浦山家は家族を取り戻すことができませんでした。これは、浦山家が悪いのではなく、児相の行いが兄弟の人権を蹂躙し続けようとしていたからです。しかし、良識の力によって、一つの家庭を守ることができました。ありがとうございました。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/11/14 20:36
東京都児童相談センターから浦山兄弟を助けよう!
新宿児童相談センターよ、子供を取るな!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/11/14 20:39
東京児童相談センターから浦山家に入っていたの留守電
皆様、 東京児童相談センターからの電話が、浦山家の電話の留守電に入っていました。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/11/14 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
二人の意見をまとめて書きます。
これまで数々の拉致誘拐事件が表面化してきたわけですから
そろそろ人権を重んじる、総じて教条持ち達の謝罪が必要になってきたのでは。
いつまでも法律を言い訳にし屁理屈と個人情報保護で逃げることは悪行を認めるいるに等しいことです。なにもなければ教条持ちが逃げ隠れすることもないわけで。
児相が子供を脅迫して書かせたわけですね。「手紙を書かないと親が警察に捕まるよ、だから書きなさい」
こんな感じで脅迫したんでしょうね。
子供心の弱みに付け込む、くそったれ教条持ち!ですは。
教条持ちは臆病者ばかりなんですよ、ホントに(笑)相手みて選ぶから、まるで悪徳商法と同じ。
日の丸&柳
2008/11/10 00:57
通報した教師も糾弾してよいんじゃないですかね。
通報義務ってのも中身があいまいで虐待と判断してもよいと仕向けられた意図されたものです。虐待かどうか児相が調査し虐待の疑いが晴れれば子供は返す、が表向きですよね。疑いはどんどん通報しなさいが醜い部分。
児相の脅迫や拉致誘拐は警察にお願いしましょうか?教条持ち様たち。生活安全課ではなく警視庁へ。職務を理由に無理矢理(拉致誘拐・脅迫・強要)は犯罪ですよ。
日の丸
2008/11/10 02:15
 児相も教師も、教条持ちは同罪、拉致誘拐、脅迫、強要、日の丸さんのおっしゃる通り、これらは犯罪です。警視庁に、然るべき処置をとって頂かねばならないでしょうが、それもあてにできるかどうかわかりません。
 それでも、児相の悪行を知らせていけば、お上も法も眼を覚ますはずです。
 多くの人が事実を知ることで、教条持ち達も態度を改めようとするでしょう。
 法律上の規則で、犯罪が肯定されるなんてとんでもないことです。
 最も、重要なのは子ども達の救済ですが、監禁されている場合は難しいこともあります。私のない頭では、当事者や有志の方々が、世の人に訴えて、協力を乞うことも必要だと思います。
 今のところ私にはこの程度しか思いつきませんが、浦山兄妹の幸運と幸福、そして教条持ち達が然るべき罰を与えられることを祈っています。
 皆さんの健闘と幸運を祈ります。
 
 
桜 春樹
2008/11/11 17:46
記事拝見致しました 私も今同じ状況で息子が二年半も取られています
施設での事、児相のやり口などを息子に聞き驚きを隠せませんし悔しさでいっぱいです
児相に騙されて施設送りにされ
二年半息子には可哀想な思いをさせました
息子が家に帰り児相と縁が切れた時になんだかの形で講義したいと思ってます
母子家庭 生活保護
家庭になんらかの問題がある子を学校や児相は目をつけては 小さな事でも子供を脅し騙して施設に入れる事に必死です
やり口の汚さに精神的に病んだ時期を私も送って来たので
この記事を読んだ時自分事のように思いました
私ども親子がされた 事一部始終をさらけ出し児相の汚いやり口を世間に理解して頂きたいと思います
匿名
2009/01/21 06:15
子供を取られそうになったら怪我させて悪かったと殊勝に振る舞うほうが得策。躾は禁句。不意討ちの取り上げを防ぐため、呼び出しのときは病気を学校を休ませ親類に預かってもらう、小さい子供も同伴させないほうがいい。子供と接するのがしんどいと感じますか?普段から怒りをコントロールできなくなることがありますか?絵本を読んであげるのも知育と捉えますか?自殺願望を抱いたことがありますか?とか誘導してくるので注意。親に一言もなく子供に聞き取りをしたり、電話だけと言いながら家庭訪問し、今後は電話だけと言って呼び出す、やり口の汚さ。子供が虐待だと言ったら即アウトなので、子供にはわざとではなかったのだとあらかじめ言っておいたほうがいい。躾は禁句。公共の育児相談機関は絶対に信用してはいけない。医師ではなくここから通告された。高リスク家庭として当たりをつけられるだけ。家庭訪問や変なプログラムちらつかされたし監視から逃れるには虐待を疑われてないほうの親に親権を渡して離婚して県外で再婚しかなさそう。
ああ
2011/02/16 03:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都児童相談センターから浦山兄弟を助けよう! のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる