のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 杉並児童相談所訪問記 詳細 その7 どうぞ、訴えてください

<<   作成日時 : 2008/10/10 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 1

犯罪行為だけを前提にした

小菅
犯罪というのは何かというとね、もし、わざと性病をうつした、なんてのは、これ、明瞭に犯罪、傷害罪なの。


そうですよ。それは、そうです。

小菅
あんた達はね、あの、そういうような形と理解してね、多様な形の理解をしないで、いきなり拉致したんですよ。あらかじめ、病院に児童相談所の(杉並児相の)人間を配置して、で、お婆ちゃんしか知らないところで(子供を)持って行った。

これね、両方ともね、本当にずるいと思うよ。ずるいんだよ、これ。

クラシナ
ま、そのことについてはね、

小菅
(大声)そのことが一番大事なんだよ

それなら裁判してみろ

クラシナ(大声)
だったら、だったら法的に訴えてくださいよ。


そう

小菅
あんた達訴えなさいよ。

クラシナ
法治国家なんだから。


私達が訴えるなんて言ってません。(笑い声)

小菅
私達、訴える必要がない。あんた達に言っているのは、


訴えるならそちらですよ。(笑い声)

クラシナ
そちらですよ。

小菅
あんた達に訴える必要がないのよ。解釈おかしい

クラシナ
その解釈、その解釈おかしいだろうと思っていらっしゃるんだったら

小菅
あなた方が訴えなさいよ。

小菅
ただし、あのね、


私達は訴える必要がないですよ。

あなた方には世間の常識が通らない

小菅
私が言っているのは一番最初の問題だよ。あのね、多様な可能性がある中でもってね、いきなりね、医者に言われてね、(病院に)来て、


訴えてください。(大声)

野牧
何それ、痛いとこつかれたら訴えてくださいなんて。

小菅
これ一番大事なんだよ、多様な可能性のある中でね、


それ、聞きました。

小菅
いきなり医者に言われて、やってきてね、いきなり(子供を)拉致して帰って、ね、それからね、親を呼びつける。こんなものはね、世間ではまともなことじゃないんだよ。あんた達は世間のことを、あの、バカにしているみたいだけどね。私達が(自相被害者支援活動を)やっているのはね、(自相側が)世間のことに反しているからやっている、支持しているだけよ。


そんな思うのでしたら、私達は、そういうふうに思ってませんけどね、

小菅
あなた方にはね、あの、世間の常識が通らないようだけどね、


常識に通らないと仰るなら訴えてください。

小菅
…あなた方が勝手に訴えなさいよ。


なんで、私達は

野牧
とにかく解除通知出しなさいよ。


訴える必要がないです。

小菅
私達訴える必要がないもの。

小菅
私達が訴えるのは

野牧
とにかく解除通知出しなさいよ。

小菅
世間の人々であり、世の中なの。


非常識だと思ってらんしゃるんでしょう。

小菅
ですよ。だからね。

野牧
みんな思ってますよ。世の中全部!


訴えてください。

私達は世間に訴えている

小菅訴えてますよ。はい。


どうぞ、訴えてください。

小菅
裁判所なんかに訴えないの。世間に訴えてますから、大丈夫です。


いやいや、世間じゃなくて、ちゃんと、裁判所なり…

小菅
裁判所なんてのは、世間のね、世論てのも大事に動くの。

(大声)
いやいや、世論だけじゃなくて、きちっと法的に闘ってやったらいいじゃ…

小菅
ま、いいでしょ。とにかくね、あなた方が訴えなさいよ。私達は訴える必要がないんだもん、あなた方はお金があるし、顧問弁護士もいるんでしょう。訴えなさいよ。勝手に。


はは、どうして私達が訴えなきゃいけないの?
はははは(楽しそうに笑い続ける)

小菅
こっち訴える気、ぜんぜんないもん。


は、は、は、(大声 高笑い 楽しいらしい)

クラシナ(大声)
我々が、ね、我々が職権で


は、は、は…(大声 高笑い)

クラシナ
職権で保護したことに対して、そりゃおかしいだろう、と

野牧(天の声・ソプラノ)
だから、それを濫用したんだよ。

それなら裁判してみろ

小菅(地声)
職権濫用ね

クラシナ
それだったら、職権濫用で訴えてくださいよ。

(大声)
それ、訴えてください!(笑い声)

小菅
訴える必要ないです。

(大声 笑い声)
なーんで訴えないんですか?

(部屋中ワイワイ)

小菅
訴える必要ないもん。

クラシナ
訴えてくださいよぉ。


訴えてください。

(自相はしょっちゅう裁判所に審判等を持ち込んでいる。裁判所が好きな人達である。弁護士費用を気にすることは全く無い。税金でいくらでも裁判ができる。自相被害者が訴えることはあまりない。費用が無い人が多いのだ。)

小菅
私達は世間に訴えてますから。

女性職員
話題がずれているから


そうね、ずれてますね。

小菅
世間に訴えてますからね。


もう、やめましょう。

野牧(天の声 ソプラノ)
ずらしたのは、こちら(森・クラシナ等自相側)ですから。

謝れ

小菅(地声)
問題点は一番最初のとっかかりです。そういうね、きちんとしてない内容でもって、いきなり拉致したのね。


だから、それは訴えてください

小菅
これが一番の問題なんだよ。

野牧
違う、違う。訴えるより、(あなた方自相に)謝れってくださいですよ。


そーんなこと

クラシナ
謝る必要、ないですよ。


そーんなこと

野牧
あ、じゃ、悪いと思ってないんですね。(お母さんに)悪いと思ってないんですよ。

小菅
謝るべきだよ!

クラシナ
だから、訴えてくださいよ。


そうですよ。

小菅
(私達は裁判所に)訴える必要ない。私達は世間に訴えている、お前達、あなた達のことをね。

クラシナ
こんな話をしたら、ずっと平行線になって


もう、そう、やめましょう。こんな話は。

クラシナ
今日の、もう、だいぶね、時間が経過してるんで、


もう、そうやめましょう、こんな話は。

解除通知の条件

お父さん
あの、今後のことについてどうするか、ということについて話をしないと、もう、


そう、それに

野牧(天の声 ソプラノ)とにかく、解除通知を出す以外にないですよ。


だから、解除通知は今、申し上げましたように、

野牧(天の声 ソプラノ)
どうしたら出すんですか。


私達は確認を取らせてくださいと。◎◎ちゃんが元気なところをね、ちょっと見させてください。それから、さっき言わなかったっけ。

クラシナ
言った。


あの、ええと、まあ、私達ね、◎◎ちゃん、そうとう辛い思いで、点滴なんかもしながらね、痛い思いをしながら、治療して治りましたけれども、一応私もその、耐性菌とかね、やっぱり幼児って一回菌に、最近に感染したりすると、また、っていう、それは、なんか…の感染じゃなくて、

お母さん
ええ、免疫力のこと


そうそう、その免疫力のあれがあって、あの、また再発なんてことの心配もあるんですよ。ですから、できたら、あの、ちょうど私達が確認取ったのが、9月の半ば頃で、きれいになった、治ったね、って私も伝えましたよね。ですからその後で、例えば一ヶ月後くらいに、もう一回、きちっとね、◎◎ちゃん、検査させてあげて、で、確かにちゃんと治ってますよっていうのを、私達にね、報告、診断書をいただくとか。


野牧
報告することないよねー。なーに言ってんのよ、拉致しといて


そういうことがあれば良いかなって、私達思ってます。

野牧
おためぼかし。

野牧
拉致・誘拐

クラシナ
それが児童相談所の


うん、確認て言うことが取れないとね。やっぱりあの19日の間で、あのまま行っちゃったということで、私達はやっぱり確認が取れないと、まずいかなと。

お父さん
その確認取るとき、連れてったりはしないですよね。


しませんよ。ですからそれはもう、そんなことしたって…

お父さん
それは、…

野牧(天の声 ソプラノ)
確認する必要なんかないですよぉ!!

小菅
あのね、ちょっと待ってね

クラシナ
だから、そのためにもぉ、客観的な評価としてぇ、ええ、要するに

野牧(天の声 ソプラノ)
なーに考えてんだか、ひっこめー!!

クラシナ
淋菌の検査も診断書を取って欲しい。一ヶ月後。ね、

お母さん
あ、◎◎の…

お父さん
それはもちろん。

クラシナ
そう、そう、そう。

野牧
解除通知もらったら出したら良い。


いえ、それは確認取れないと。

小菅
よっと待ってね。あなた方はよく言うんだけどね、どこの児童相談所でも、言うことだから。あなた達の言うことも分るの、一回顔見せろと。これ、はよく言います。

野牧
どこでも言うんだよね。

小菅
どこの児童相談所でも言います。


それは当たり前ですよ。

クラシナ
それは普通ですよ。

小菅
いや、普通じゃないです。


どうしてですか。

小菅
ただね、あの、妥協で(子供を)見せる時もありますし、見せない時もあります。


どうしてですか?

小菅
これはこっちが判断します。

野牧
そう、こっちがね。


いや、だから、うちもこちらの判断です。

小菅
はい。でね、


見せてください、、見せて…

小菅
一つはね、第一点目の話としては、いや、こっちでまとめてます。子供に合わせるかどうかね。これは別に会わせてダメとは言っていません。ただしね、あなた方が再度誘拐するような条件のもとでは会わせません。


誘拐しないって言ってますでしょ。

野牧
うん、ここ(杉並児相)でも会わせませんよ。

小菅
二点目ね。病気が治ったことの診断に関しては、これは別に診断書の写しなんか送るのは簡単だけれども、その前に解除通知を出してください。送ります。そんなものは。


でも、その確認ができないと解除通知は出せません。

クラシナ
うん、それは、それは…

小菅
あなたね、それは、あなた方が言ったって、そんな権限ないの。なぜかって言うとね


いいえ、いいえ、

クラシナ
いや、権限あります。だったらぁ、

小菅
ちょっと、聞きなさいよ。話。

お母さん
また、話それるから…

クラシナ
だめだ、そんなの。


もう、やめましょ。

家庭訪問を複数回

小菅
ちょっと、お母さん待って。

お母さん
はい。

クラシナ(大声)
ちょっと、お母さんさあ、

小菅
ちょっと、ちょっと、話聞いて、はい。

クラシナ
代理人、ストップさせてぇ

小菅
話、ストップじゃないよ


ちょっと、ストップさせてください。

お母さん
いえ、いえ。

クラシナ
話がもう、ね


できないから。

クラシナ
お母さんね、お母さんとしてはぁ、ああ、これから解除通知っていうか、ね、要するに、会場通知が欲しいと言うことですよね。そのためには児童相談所としてはぁ、要するに◎◎ちゃんの…と居住しているところの家庭訪問を複数回させていただきたい。

お母さん
家庭訪問を複数回!!

クラシナ
うん

野牧
複数回!!

小菅
とんでもない。とんでもない。

クラシナ
それで、やっぱり、あのぉ、要するに、◎◎ちゃんがのびのび生活しているのを、うう、見てうえで、
…写真は止めてくださいよ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

森政江はこちらが何かいうと「いいえ」とか「あなたもね」などと即座に言います。ぴしゃりと。この会合では即座にぴしゃりと相手を否定する言葉を発するのが森の特徴です。

クラシナは、「〜さぁ」とか「ゴメンネ」とか、「お母さんが◎◎ちゃんを思う気持ちは伝わった」など言います。いかにも親しげだったり、相手の気持ちを汲んでいる風のもの言いをよくします。そのようなやり方で、会合の舵取りをしているようです。

それでいて、「裁判所に訴えろ」と最初に大声を出すのはクラシナです。森政江はクラシナが「裁判所に訴えろ」と言うと、「訴えろ」と言い出しています。また、私や小菅先生に「黙れ」と言ったり、お母さんに「代理人の人を黙らせて」とか「外に出させて」など言い出すのも、クラシナです。

たぶん、クラシナはお母さんとお父さん、そして、私と小菅先生を説得(懐柔・丸め込み)する役目を担っていたのだと思います。彼は、児相職員の中でも保護者を説得(懐柔・丸め込み)して子供を児相の監督下に置き続けるのが上手とされているのでは、そういう評価を職場で得ているのでは、と私は想像します。

クラシナが大声を出して、「黙れ」とか「訴えろ」と言うのは、小菅先生が理路整然と最初、子供が拉致された状況の問題点を指摘して、そこが一番のポイントである、あなた方は非常識な行いをしたのだ、と明瞭に指摘した時です。クラシナはお母さんを懐柔しようとしましたが、お母さんも、何が問題なのか、ちゃんと分っていました。

お父さんもお母さんも児相はまっぴら、と言う気持ちが強かったのですが、クラシナと森はその気持ちをきちんと理解していないため、懐柔できる、と思ったのだと思います。

それにしても「裁判所に訴えろ」とは、滑稽の極みです。「裁判所に訴えるぞ」が一般的。彼らは世間に訴えるより、裁判に所訴えてもらったほうが楽なんですよ。もしかして、裁判所に訴えられると、良いことがあるのでしょうか。とにかく、裁判所に届けてほしそうでした。しかも、「家庭裁判所とか」などと言う指定も面白かったです。なぜ、家裁なんでしょうか。

あと、彼らは家裁に訴えて欲しいらしいですが、普通の民事裁判とか損害賠償請求とかは、地裁が最初でしょ。それから、提訴する人の名義はどういう人を見込んでいるのでしょうか。私達は児相に被害を受けたわけではありません。訴えるのはお父さんかお母さん、あるいは、それらの連名であるわけでしょう。そして、私と小菅先生はお父さんとお母さんの代弁者です。

だから、クラシナと森は、子供の両親に、裁判所に訴えろ、とか、言いながら、同時に、いかにも親しげな(なれなれしい)物言いで、家庭訪問や◎◎ちゃんの元気な様子の確認、などをして、ずうっとこの家庭に係ろうと(たたろうと)しているのです。

☆抗議先
都立杉並児童相談所
  所長・木全玲子 所員・森 政江 殿
167-0052 杉並区南荻窪4-23-6
Tel 03-5370-6001 Fax 03-5370-6005

S0000212@section.metro.tokyo.jp

http://constanze.at.webry.info/200810/article_9.html
世間の言葉で言うと職権じゃなくて拉致です
http://constanze.at.webry.info/200810/article_8.html
お父さん、あなたを刑事事件で扱ってもいいんですよ…
http://constanze.at.webry.info/200810/article_7.html
どうぞ、訴えてください
http://constanze.at.webry.info/200810/article_6.html
あなた方はずるい
http://constanze.at.webry.info/200810/article_5.html
ガイドラインを作ってください
http://constanze.at.webry.info/200810/article_4.html
杉並児童相談所訪問記 詳細 その4 うちと児相は関係ありません
http://constanze.at.webry.info/200810/article_3.html
杉並児童相談所訪問記 詳細 その3 今お嬢ちゃんはどこにいるの?
http://constanze.at.webry.info/200810/article_2.html
杉並児童相談所訪問記 詳細 その2 性的虐待なんて言ってない−ウッソー!!
http://constanze.at.webry.info/200810/article_1.html
杉並児童相談所訪問記 詳細 その1 玄関ロビー
http://constanze.at.webry.info/200809/article_23.html
行ってきました 杉並児童相談所
http://constanze.at.webry.info/200809/article_21.html
杉並児童相談所・佼成病院多田医師の不可解
http://constanze.at.webry.info/200809/article_18.html
4歳女児を拉致した杉並児童相談所に抗議を!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
杉並児童相談所訪問記 詳細 その5 ガイドラインを作ってください
第5弾です。お母さんのせつせつとした気持ちは、全ての児相被害者に通じるものです。また、きちんと本質をついています。児相側の冷酷無比なる物言いをご覧下さい。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:03
杉並児童相談所訪問記 詳細 その6 あなた方はずるい
まだ、最終回ではありません。この問題のポイントがはっきりしてきました。児童虐待防止法と児童福祉法は悪い法律であること。医者と児相の直結が悪い結果を産むこと。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:04
杉並児童相談所訪問記 詳細 その7 どうぞ、訴えてください
犯罪行為だけを前提にした ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:05
杉並児童相談所訪問記 詳細 その8 お父さん、あなたを刑事事件で扱ってもいいんですよ…
いよいよ大詰めですが、まだ、杉並児相訪問記の最終回ではありません。次回が最終回です。しかし、今回は訪問記ドラマ最大の山場です。 @お父さんに対し、クラシナが、刑事事件として扱うぞ、という脅しをかけている。 Aのまりんが、写真を撮った。 B遠くから子供を確認して「元気なところを見たい」と言っておきながら、クラシナは、「家庭訪問を数回する」、「顔にアザがあったら、保護(拉致する)」、さらに、言うにことかいて、「こういうことでは、また、児相が保護しなくちゃという話はしますよ」なんて言い出す... ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:07
杉並児童相談所訪問記 詳細 その9 世間の言葉で言うと職権じゃなくて拉致です
いよいよ、最終回です。最後に小菅先生は、私が持ってきたハンドマイクのサイレンを鳴らしています。笑っちゃう。私が録音機のスイッチがなかなか切れなくて、操作を確認している時、森政江がお母さんに、あの形態番号、使ってないんでしょ、連絡方法教えて、とかタメ口で聞いてました。お母さんは、私から連絡します。と言っていました。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:08
杉並児童相談所訪問記 詳細 その4 児童相談所とうちの家庭は、もう、関係ありません
今回の第三弾と次回の第四弾のポイントは次のとおり。 ∧ 0o0 ミ・ 。・ミ ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:11
行ってきました 杉並児童相談所
スターリンの末裔たち ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:14
杉並児童相談所訪問記 詳細 その2 性的虐待なんて言ってない−ウッソー!!
待望の杉並児相訪問記第二弾!!ポイントは次のとおりです。 1 児相側は強引に経過説明をし続けた 2 のまりん達が何かしゃべると、黙れとか出て行けとか言った 3 性的虐待とは言っていない、なめてもうつるとは言っていない、とウソついた 4 母親のあら捜して、子供の生活環境が悪いといじめたて説教した 5 つまり、感染源が分らないまま、子供が拉致隔離監禁されていた ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:18
4歳女児を拉致した杉並児童相談所に抗議を!
今度は杉並児童相談所が   拉致をしていた!! 医師が診察結果を説明する間、病院内に待機   有無を言わさず拉致する児相 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/12 17:19
杉並児相訪問詳細記 ある医師からの感想
児相は伏魔殿 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/10/13 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
○○ちゃんが元気でのびのびやってるか、複数回家庭訪問!?やはり虐待という観念が染み付いてますね。診断書を再確認のため提出しろというのも念が入ったことで親切すぎるのか(嘲笑)悪意丸だし。
訴えろについては使い古された脅し文句。『森もクラシナも』調子こいてますね。森ちゃんにクラシナちゃん、駄々っ子はだめです。高笑いや馬鹿にした笑いは公務とはいえません。
全国みんな各児童相談所や各婦人相談所の悪行には非難の目で注目してます
知らないのは森、クラシナ、あなた方だけだと思いますがね。訴えなさいよって?いやいや大衆に!
Rule
2008/10/10 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
杉並児童相談所訪問記 詳細 その7 どうぞ、訴えてください のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる