のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族分離という名の支援…韓国フェミをたきつける日本フェミ

<<   作成日時 : 2008/09/14 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

お茶の水大学に集まる女権活動家らの、韓国DV防止法システム視察報告。「韓国におけるドメスティック・バイオレンス政策調査研究」から。
画像


戒能民江さんの解説。
画像
画像
画像

女権活動家らは、表では「支援」と言いながら、仲間内では「介入」言っているらしい。
また、児童虐待防止を標榜する運動と、DV防止運動は、日本においてはセットで行われていることがここからも伺える。日本の女権活動家らは、韓国にいって煽り立てているのだろうか。

さて、私が注目するのは、「家族分離」という言葉があるところ。つまり、家族破壊である。日本の女権活動家は「家族分離」を支援として目指しているのだ。さらに、韓国の女権活動家らをその方向へ誘導しているらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
家族分離という名の支援…韓国フェミをたきつける日本フェミ のまりんの資料棚/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 12:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
酷いはなしですね。私も今DVで妻から離婚調停を申し立てられています。実際何も無かったのですが、突然行方不明になり、妻と共通の知り合いから行政に世話になったと知らされました。どうすればいいか分からないまに調停まで行ってしまいました。
ののさん
2008/10/08 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
家族分離という名の支援…韓国フェミをたきつける日本フェミ のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる