のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 児相が子供を取るきっかけ その2

<<   作成日時 : 2008/09/14 09:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

人権学習ワークシートで
 人権侵害を促す教育委員会


「人権学習ワークシート」というのがあります。神奈川県教育委員会、教育局子ども支援課なるところがつくりました。廉見学集のための練習問題集です。資料も掲載されています。こんなのやったら、いじけた日本人ができるんじゃないのか、と思うようなものもあります。例えばこれ。
画像
部落の差別って、大方、終焉しています。それに、今、もんぺはいて電車に乗っても、さしてばかにされないし、おばさんって言われたっていいjなないのよ。のまりんは大学の先生じゃないけど、講演会に呼ばれたら、みんな目をぱちくりして一生懸命聞いてくれる。多少、大学の先生が尊敬されて、中学の先生がそれよりもは軽く扱われるのは、いいじゃないのよ、多めに見れば。

他にもヘンなのが満載されてますが、今日、紹介したいのはこれ。児童虐待チェックリスト。これを見ると、児相が何をきっかけに子供を取るか、よくわかる。それにしても、普通の家庭じゃめったにない項目もある。特に性的虐待のところ。めったにないことを普通に当てはめるから、今、どんどん悲劇が生まれています。女権行政の罪は深いです。

画像
画像


児童相談所に相談してはならない
 (もちろん、女性相談もダメ)


相談所に相談すると家族を引き裂かれるようです。上のチェックリストにも
「複数の通告、相談歴、一時保護歴、施設入所歴、入院歴」とあります。私が扱った児相被害事件の多くもこれに該当します。子育てについて相談したりすると、小学校の帰り道に取られたりするのです。また、一度保護された子供は返されても再び拉致されます。二回目か三回目に取られると、半永久的に返してもらえません。子供を病院に連れて行って、処置室に隔離され、そのまま児相送りになり、面会もダメ、居場所も教えてもらえないケースが多発しています。

とにかく、児童相談所に子育てについて相談しないことです。相談したらターゲットとなり児童相談所に子供を取られます。

性教育が家族破壊を産む…女権活動家の陰謀

このリストをよーく読むと、女権活動家の陰謀が浮かび上がります。このリストには児童相談所が子供を拉致する口実として「豊富な性知識」「10代の妊娠」などと書いてあります。ところが、すでにご案内のとおり、女権活動家は性教育を大変熱心に推進しています。

女権活動家たちは、性教育を推進して性の知識を豊富に子供に与えて、児童相談所に拉致される子供を増やしているのです。家族破壊を目論む邪悪な女権活動家の運動を行政に取り入れてはなりません。

普通の親子もターゲット

チェックリストには、一般の親は絶対にしないが、ごくまれに異常な性格の人がすることが書いてあります。異常な人のやることを一般にも当てはめているのです。しかしまた、どの家庭にもある現象や親子ならごく当たり前のことも列挙してあります。つまり、普通の親もターゲットなのです。児相の所長は「虐待の疑い」だけで、子供を拉致誘拐隔離監禁軟禁する権限を与えられています。

「夫婦間の口論、言い争い」
「親の顔色を伺う」
「理想のおしつけ」などなど

http://constanze.at.webry.info/200809/article_18.html
杉並児相の妄想による拉致の経緯
http://constanze.at.webry.info/200809/article_19.html
のまりんが杉並児相に電話したこと
http://constanze.at.webry.info/200809/article_20.html 
のまりんが佼成病院に電話したこと

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
性教育が児相被害、家族破壊を生んだ例
性教育が産む児相被害 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/09/15 08:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
児相が子供を取るきっかけ その2 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる