のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 矯風会情報婦人保護施設はガラガラ

<<   作成日時 : 2008/08/15 22:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

北朝鮮と関係する矯風会
下の画像は、平成19年11月14日発行、「買売春問題ととりくむ会ニュース」188号。慰安婦の「世界会議」がロサンゼルスで開かれたことが書かれている。なんと、「朝鮮人強制連行真相調査団」の人(金優綺)が書いている。この団体の本体は朝鮮総連だ。矯風会は総連関係者たちと共闘しているのだ。しかも、北朝鮮の代表が参加できなかったのは残念だったとか、韓国だけではなく北朝鮮の意見も必ず大会にて伝えられるべき、だのと書いている。
画像


稼働率40%代の婦人保護施設
次の画像は、上の画像の裏面である。なんと、日本の婦人保護施設の所在率(入所率のことらしい)は、43.6%で、10%を下回っていることろが、50箇所中、13箇所もあるのだそう。ここを満たすには、随分沢山の家族を破壊しなくてはならないだろう。都の婦人保護施設の在所率は50%以上なのだそうだが、それでも、低い。
画像



相談所に風俗嬢
性暴力禁止法のゆくえ
下の方に、小さい記事がある。韓国の性暴力相談所には、常勤職員の他に性売買経験者被害者がおり、性産業店などに放しに行く。彼女たちは行政から8万ウォンが支給され、後輩たちの話をきき、働きかけをしているとのこと。法規によるのではなく、行政へ女性団体が提案して実現した。

「性売買経験者被害者」とは、奇妙な言い方だが、これは、売春は女性への暴力ととらえているため、風俗関係の女性は被害者、ということになっているため。

日本に性暴力禁止法ができると、家庭相談やDV相談に風俗嬢も出入りするようになるのであろうか。また、性暴力とは、何をさすのか。風俗関係で男たちがのきなみお縄になり、ガラガラの保護施設に風俗嬢が入り、精神的性暴力、夫婦間強姦、大声、などがみんな性暴力となるであろう。

下の画像は189号の表。「慰安婦」問題解決オールネットワークというのができたとのこと。慰安婦運動についてはしょっちゅう色々なのが出来ている。海外での運動がさかんだ。日本では議論が終っているせいか、あまり盛り上がりを見せていないようだが、報道されないだけであって、運動は脈々と続いている。
画像


婦人保護施設はガラガラ
下にはまた、婦人保護施設がガラガラである、と書いてある。しかし、「単身女性」が入所できるところは飽和状態なのだそうだ。この文脈だと、「単身女性」とは、風俗嬢をさすものと思われる。性暴力禁止法は、つまり、ガラガラの保護施設を風俗嬢やその他、セクハラ受けたと主張する人や強姦された人、恋人とケンカした人で満たそう、ということではないか。
画像

慰安婦の強制はなかったとする意見広告がワシントンポストに掲載された。そこに名前を連ねた議員らに、女権主義者が抗議ファックスをしたらしい。泉健太議員は「知らない間に名前を載せられた、賛同していないので、名前を削除させる」と釈明したのだそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最近つくづく思います。皆さん、気をつけて下さい。DVは、嘘をつくのが巧みで実に巧妙です。ここに来て被害者でないのに、そう装ったり、ビンタをしているかのように自称したり、えん罪被害者の支援者なんだか、極左団体のどんぐりの背比べ的分派連中とか、様々なケースが考えられますので、違和感を覚えたのなら、疑ってみましょう。もし、DV被害者ならば、その問いに率先して、答えられるものだからです。気をつけないと、助成センターのプログラムボランティアに引き込まれ、仕切られちゃいますよ。
欽ちゃん
2008/08/23 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
矯風会情報婦人保護施設はガラガラ のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる