のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS DV冤罪にみる捏造証拠の例 2

<<   作成日時 : 2008/08/24 10:02   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

男性の暴力が容易に認められている現状からも、
証拠上の公平、真実発見の見地からも抗告人には
反証の機会が与えられるべきである


妻側からのこの家計簿兼日記には、他にも、
「けんかのあとも痛々しく目のところがお岩さんのようにはれて首やら体も痛いとのこと本当にあほらしい」
「首をしめられたとの事まるで殺人犯も良いところ」として妻に対する暴力を疑わせるような記載や、
「智也のホッペの黒じもパパが気にくわないとかじったとの事」として息子に対する暴力をうかがわせる記載がありるコピーがありました。

鈴木さんとしては身に覚えのないことであり、夫だる鈴木さん側は、証拠としてコピーが提出されているところの家計簿を全部見せろ、という申出をしました。ところが、一年数ヶ月たってから来た裁判所からの通知は、鈴木さん側の見せろ、という申し出を却下するものでした。(平成20年6月24日)

「見せない」というわけです。裁判所までもがグルになって真実を覆い隠そうとしているのです。それだけ、女権勢力の圧力が恐ろしいのでしょう。

「見せない」という理由は、証拠しらべの必要がない、プライバシーの侵害、所有者が妻ではなく妻の母なので、第三者、争点整理がほぼ終結した、家計簿の所有者であるお婆ちゃんがそれを利用するから、というもの。

それはないだろう、あまりに非常識だ、ということで、夫側はさらに、「やっぱり見せろ」と抗告しました。
画像
画像
画像
画像
画像


http://constanze.at.webry.info/200808/article_9.html

前回の記事です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DV冤罪にみる捏造証拠の例 2 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる