のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎市南部児童相談所職員北澤朱実(今は退職)と加藤家のおかあさんとの対話 第2弾

<<   作成日時 : 2008/07/25 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

平成19年7月5日、加藤家のお母さんが、今は退職している川崎市南部児童相談所の北沢朱美と話し合いをしたときの記録の紹介、第2弾。
とにかく、母親や子供達の気持ちは関係なし、理由もさしてなし、家族破壊に一筋に取り組む姿勢が良くわかります。

母親が子供のことを「三日に一回は耳の掃除をしてやりたい」「施設ではお風呂に二日に一回しか入れないが、うちの子は肌が弱いので、心配だ」など、縷々、気持ちを述べます。すると、北沢は「気持ちは分る」と言う。次に、お母さんが「はい」と相槌をうつと、その「はい」を了解した、と捉えて、「施設に入れることに同意した」と取るわけです。

こういう人達って、本当に意地悪ですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

家庭破壊を目論む
川崎南部児童相談所職員北沢朱美と
加藤家のお母さんの会話


お母さん
 その、いついつっていう風に、やっぱり、いついつってゴールが見えないで走ってるのって、やっぱり辛いじやないですか、マラソンなんかでもそうですけど、やっぱり、どんだけ、走れば。

北沢朱美
 そうだよね、例えば、そしたらね、一年後とかこっちは言ったとするじゃないですか、でもそんときに、お母さんの生活はお母さんですよね、お母さんは今の状態でやっていくって言ってるけど、実際一年後なんか分らないですよね。

お母さん
 それは、誰にも分らないですよね、事故で死んでるかも知れないし。

北沢
 そうですよね、だから、いついつってこちらは言えないんです。

自相より面倒見の良い母親の心配

お母さん
 でも、極力、私は、学校もあるし、○(一番下の子当時4歳男子)もまだ小さいって言うのもあって、まして夏なんか、二日に一回しかお風呂に入れないって言う状態で、肌の弱い子たちなので、極力、親もやっと帰って来ていいよって言って下さっている間に、あの、帰りたいって言うのが本音なので…
(自相は二日に一回しか風呂に入れない!−親元のほうが面倒が良い!!)

北沢
 そうだね、お母さんの思いはこっちも十分わかってるのね。だから、そこにあえて、反論してね、引き離そうとする気はないんだけれども、やっぱり、児童相談所は子供の言うことしか効かないんでしょっていうものあるんだけど、子供の立場に児相が立たなければ

お母さん
 でも、子供にも聞いてもらいたいと思います、このまま会いたいのか、会いたくないのかって言うのも聞いて欲しいし、今現在、子供がこの間もそうですけど、○の中耳炎が治ったかどうだとか、やっぱり、○がお腹をよく壊す子なんで、お腹大丈夫なのかとか、やっぱり、虫さされとかも、物凄く、◇(2番目の子当時10歳男子)なんかも特にひどい子なんで。

北沢
そうだよね

お母さん
 大丈夫なのかとか、△(一番上の子当時12歳女子)の怪我もしっかり治ったのかとか、病気は治ったのかとか、やっぱり、一日一日、私の中で悶々と考えて。

北沢
 そうだよね。その辺ね、情報はね、ま、あのー、こちらとしては何しろこちらとしてはお母さんの事、子供さんにあんまり言ってないんですよ。それは、あのー、心理の者が付いてるんですけど、家の事はなんか、同じようなお子さんも居るしね、その中で楽しんでるというか、状態なんですよ。
(母親の話を施設ではしていない。母親の伝言や言葉や気持ちを伝えていない!!−自相はわざと家族破壊をしている)
 で、お母さん心配するなって、いったって無理ですけどね。で、これが、いま、一時保護所って言う不安定な状態だから、中々ね、お母さん、会うのは難しんだけど、施設って言う所に移れば、そおいう面会もあるし、毎日毎日会うって言う訳にはいかないけどね、外出って何処かに出かけるのもあるし、もう少し様子を見ていけば、じやあ、試しにお家に帰ってみようと、色々それは、施設と児相と保護者とって言う事でやって行くんですよ。

お母さん
 でも、そおいう風に、するじゃなくって(子供達が)児相から私の所に戻してほしいって、思っているからこそ頑張って要るんであって、。

北沢
そうだよね

お母さん
今を、今頑張っているのを見て頂くほかはないです。

職権を濫用し、裁判所に訴えて、
強引に子供を引き取ろうとする自相北沢


北沢
 そして、どこまで行ってもお母さんと主張が対立する、しますよね、今の状態だとね。

お母さん
 対立って言うか、私はもう、見てもらう他はないと思って、今までやってきてるし。

北沢
 そうだよね

お母さん
 でも、どこまでやれば、後どこまで、何をすれば、何を聞けば、子供が返してもらえるのかって言うのが、やっぱり知りたいし。
(自相はこれなら子供を返す、というはっきりした基準や時期を示さず、半永久的に子供を返さないのである)

北沢
 やっぱり、それは、じゃあ、あの第三者の所ではっきりさせましょうよ。
(家庭裁判所に自相が「住所措置申立て」をすること)
 そうするしかもう、ずーと、平行線になっちやう、で、逆にこの平行線をずっと続けってくって事は、子供さんたちにとっても良くないし、安定したところで生活する場って言うのを、そおいう環境にね。

家族を軽んずる自相

お母さん
 でも、子供は親の所で育つのが一番だとは

北沢
 って言う風に、そう思ってない。

お母さん
 でも、現実に、親の所に育ってる子供は、親の所に育つのが一番幸せだっていうのは、私自身が実感してますし、周りが、じやあ、施設にみんな預けてるかっていたら、みんな自分の手で育っててるのが

北沢
 そうだよね

お母さん
 その当り前の事じゃないですか、その当たり前の事が私はしたいと言ってるだけであって。

北沢
 そうだよね

男と別れない女への復習

お母さん
 施設に入れるのが当たり前って言うのだったら、この世の中、施設が何百棟あったて、足りないわけじゃないですか、でも、現実、普通一般の家庭は親が育てるのが当たり前なので、私は当たり前の事がしたいから

北沢
 じゃあ、もう少し言っちゃうとね、あの、お母さん本当に当り前の親だったってこちらは、聞かざるえない、だけれども、子供がああいう暴力を受けた状態の親でしたよねってこちらは言いたいんですけど、どんな子もこんな状態というわけじやじゃないですよね。
(北沢朱美は、「そうだよね」と言いながら、お母さんのあら捜しをしている。さっきまでは、料理が下手だの、潔癖症だの、精神疾患があるだのという理由らしかったが、今度は、乱暴な前夫と友好関係を保っていることを攻撃している。男とよりを戻す女への復習である)

お母さん
 そうですね、だからこそ、今改めて、気持を改めて、きちんと

北沢
 やろうとしてるんだよね

一番下の子だけでも返してください

お母さん
 自分を変えたって言うのもあるんで、今日、明日返せって話をしてるわけじゃなくって、一日も早く返してほしい、そのために、私を見て頂きたい、そのためにその、出来れば、○を最初に、一番まだ四歳っていうこともあって、心配なので、二日に一片のお風呂っていうのも可哀想なので、一日も早く、○だけでも返してもらって、その姿を児相の方に見て頂いて、それで、上の二人をまた、順に返して頂きたいって言うのが、私の気持ちっていうのは変わらないので

北沢
 そうだよね、わかりました、こちらの、気持もわかります言ってることが

お母さん
 わかります、信用できないって言うこういう風に子供を陥れたって言う私の責任の重さっていうのを、訴えってるっていうのも重々わかりますし

北沢
だよね

お母さん
 だからこそ、私も、それを、反省して動いてますし

北沢
 そうだよね

お母さん
 この先、きちんとやっていこうと思うし、解って頂こうと思って、努力、最善の努力は何をすればいいんだろうって言うのを、日々考えて動いている状態なので、やっぱり、それを解って貰う方法としては時間が掛かるのかもしれないですけれども、でも、やっぱり、子供は親に帰ってくるのが当然であるし。
 私は、子供を、他のお母さんに言わせると、猫可愛がりしたって言うかもしれないですけど、私は子供が命なので、子供が一番大事なので、他のお母さんにも子供大事にしってるって言うのが他のお母さん、先生に聞いて分かるくらい、私は子供を大事にしてきてるし、逆に他人の子供も大事に、未だにやっぱり、携帯の電話番号を変えてないって言うのもあって、お友達、涼雅のお友達からも電話も来ますし、◇いるって電話も来ますし、ちゃんとほかの子供も大事にしてますし、それも、どうやったら児相に分かってもらえるか、どうやったら、子供が戻してもらえるのかって言うのを、やっぱり、日々悩むしかないって言うか。

三日に一度はあの子の耳を掃除してやりたい

北沢
 そうよね、あの、本当ね、お母さんも辛いと思うんだけれども、それはね、何回も言うようですけど、裁判にかけてって、言うしかないんですよ
(母と子の気持ちを無視して何がなんでも子供を取ろうとする意思あり。)

お母さん
 ただ、その様子を、私がきちんとやってるって事を、一日も早く解って頂きたいというしか、思ってますって、言いようがないんで

北沢
 その場合には、時間がかかりますよって事ね、整理になになにって訳ではないんだけれども

お母さん
 ただ、一日一日がやっぱり、子供って一日一日成長するものなので、やっぱり、爪だって一週間もすれば長くなって切ってあげなきやいけないとか。
 耳掃除も三日に一回はしてあげたいなとか、やっぱり、親だから当たり前の物事を、やっぱり、私も当たり前に、まして○は爪が薄い子なので一週間なんてとてもじゃないですけど、三日に一回は見てあげないと、いけないくらい爪が弱い子なので、そういう事も心配ですし、そおいう、誰よりも、児相よりも誰よりも子供の事を解っているのが私だと思っているので

北沢
そうよね、今まで育てて、きたもんね

あの子の息づかいが聞こえる
 全て私が一番良く分っているのです


お母さん
(当時12歳女子)に至っては十二年間、私が、私の手で育てて来て

北沢
そうだよね

お母さん
 あの子の息づかいも、△のすべてを解ってると思うし、△が甘えて来たいときとかも全部解りますし、仕草も。
 ◇の事も、龍の事も、全て私が一番、この世の中で一番解っているのが、私だと思っているのでだからこそ、やっぱり、児相にも、極力、私の事を一日も早く認めて頂きたいし、私も、その、一日も早く児相に認めて貰えるようになりたいと思います

北沢
 そうよね、わかりました、それは、お母さんの気持ち十分解るのね。

お母さん
 はい

北沢
 それで、そしたら、施設に入れるのを了解してくれたって事。
(母親が、相槌で「はい」と言ったことをとらえ、了解して「はい」と言ったことにしている。相手をなめているのだ!)

お母さん
 施設には入れないです

北沢
 施設には入れないのね、だから、そこのところでね、やっぱり、しましょうよ、どうしても話が平行線、お母さんの言ってるのも重々解るし、お母さんも私の言っている事が解ると思うの、だから、そこは、じやあ、両者の間じや決着が付かないから。

お母さん
 弁護士とか立てないといけないですか。

北沢
 全然弁護士とか立てなくていいの、お母さんは審判の日に来て下さいよって言われますから、その時にこちらは行きます、お母さんも行って下さい、で、そこで、児相はこう言ってますけど本当にそうですかって話をね、するし、その前に、調査官って言うのがいるんですよ、その調査官って言う人が、お母さんの話を聞きに、聞きます。
 それで、児相がこんなこと言ってるけどこれお母さん認めるのって、そんなことないです、私は施設入れる気ないですって、お母さんの気持ちを言ってもらえればいいです、それで、あの、児相は調書を先に出すからね、今度はお母さんが出す、それで、両方の言い分を聞いて、審判っていう場で、決めて貰う訳。
(自相側にとって、お母さんが弁護士をたてないほうが有利に決まっている。騙しているみたいなものです。)

お母さん
 児相は、ちなみに私の事わかってもらえってないってことですか、全く分かって頂けないって事ですか。

北沢
 違うの、児相は解ってるの、お母さん本当に子育てしたいし、今まで、ま、お母さんなりに、一生懸命育ててきたの、認めます。だけど、こおいう、現実ありまし「でも、私は、例え、子供がこうやって帰ってきたとしても、児相とは連絡をきちんと取って行きたい

北沢
そうだよね

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

川崎市南部児童相談所へ
私と一緒に行ってください


集合
平成20年7月28日(月)
午前10:20
伊勢町第一公園

京急大師線鈴木町駅を降りて、そのまま真南(左)に徒歩4分くらいのところ。
イトーヨーカドーの前を通り過ぎてどんどん歩く。

http://constanze.at.webry.info/200807/article_17.html
詳細はココ読んで

川崎市南部児童相談所
〒210-0804 川崎区藤崎1−6−8
Tel  044-244-7411  
Fax  044-233-3836
25nanzi@city.kawasaki.jp
どんどん抗議してください!!

http://constanze.at.webry.info/200807/article_12.html
要請書
加藤家の子供達3人が誘拐され、隔離軟禁されて母親のもとに逃げ帰った経緯

http://constanze.at.webry.info/200807/article_13.html
川崎市南部児相職員北澤朱実(今は退職)と母親との会話
隔離軟禁する理由よりも、絶対に親子を分離する(家族を破壊する)固い意思あり

http://constanze.at.webry.info/200807/article_14.html
知らない間にだされていた精神科診断書とインチキな病名
児相側が裁判所に報告したウソと歪曲

http://constanze.at.webry.info/200807/article_16.html
魔の出頭命令。
子供の幸せよりも面子にこだわり権力を濫用する川崎市南部児童相談所の真実の姿が暴露されました。

http://constanze.at.webry.info/200807/article_18.html
子供達が語る収容所の虐待実態
ハサミで脅かす職員

http://constanze.at.webry.info/200807/article_19.html
出頭命令は投函のしかたが違反であった。
だから、この出頭命令は無効らしい。

http://constanze.at.webry.info/200807/article_22.html
ウソがいっぱいちりばめられたインチキな調査報告書

http://constanze.at.webry.info/200807/article_23.html
川崎市南部児相が加藤家の3人の子供達に出した、無条件解除通知。
な、な、な、なんと、解除の理由は「その他」…笑っちゃう!!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
川崎市南部児童相談所児童3人虐待事件家裁によるインチキ調査報告書
これは、川崎市南部児童相談所が子供達を隔離し続けることに対し正当性を確保するために、家裁に「入所措置申し立て」をしました。家裁は調査官に委託して、調査をしました。調査官による報告書の第1ページが上の画像です。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/27 16:44
川崎市南部児童相談所に虐待を受けている加藤家のために抗議・要請をお願いします!!
加藤家に対し虐待を続ける  川崎市南部児童相談所に抗議を! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/27 16:57
ゴネ続けた川崎市南部児童相談所職権濫用物語 U
笑ってごまかす菅沼署長 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/30 11:47
ゴネ続けた川崎市南部児童相談所職権濫用物語T
子供の福祉よりも面子にこだわ    川崎市南部自相 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/30 11:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
この両者の会話内容、北沢は『そうだよね』まず肯定してあげるフリだけのペテン師ですね。『そうだよね』だったら審判は要りません。お母さんの『はい』という相槌を『YES』にすり替えるところが悪徳商法顔負けのペテン師。

その退職した北沢にもでてきてもらいましょう。
『そうだよねぇ〜、北沢さんも職務熱心が行き過ぎたのか、腹黒かったのよねぇ、気持ちは分かる』
北沢さんにもお出ましいただきしょう。
退職したから関係では済みません。
自相も北沢を呼び出す義務と責任があります
Rule
2008/07/26 17:03
のまりん先生へ
早稲田大学の学生グループが、仮題『ずっと一緒に居たいからあなたと私とデートDV』 啓発DVDを出すそうですよ
全国の男女共同参画センターや大学、教育機関、女性施設、その他へ、ばらまくようです。大学生とはいえ未熟でありますから、そんなものが作製したDVDを全国の主要施設に置くこと自体、馬鹿げてます
啓発のためときたら尚更です。
Rule
2008/07/26 17:43
記事の内容に偏りを感じます。行政のやることがすべて絶対であるとは思いませんが、事情を良く知らない一般の方々を伴って行政機関に押し寄せる行為は、いかがなものかと。のまりん様と当事者だけでもよいのではないでしょうか。必要以上に煽るようなやり方には賛同できません。
バランス感覚
2008/07/26 20:49
なにやら抗議活動を阻止したい、一部の心ない人のコメントには失望しますね

阻止したい人ならば奥歯に物が挟まった物言いはやめて、堂々とされてください。よろしくね
Rule
2008/07/26 21:19
ルール様、
色々のアイデアとワセダのDVDのお話、ありがとうございます。ワセダのDVDについては、手に入れられるものでしたら、入れてみたいです。面白そうです。
それから、バランス感覚さま、一緒に川崎市南部児童相談書においでください。ご意見をどうぞ仰ってください。私どもは大歓迎です。
また、今日、川崎の警察署から電話がありました。川崎市南部児相事件の施設、新日本学園について、色々と質問を受けました。私のブログを見て、警察に連絡してくださった方がいたようです。
のまりん
2008/07/26 21:35
↑そのバランス感覚は大きく偏っている。人権を蹂躙するに憚らない「DV」は、厚労省的箱物定型ビジネスとして、大変な被害を撒き散らしてきた。現に、今まで、密室事件として、虚偽審判により、真実が闇に葬られてきたのであって、被害者は大変な数に及んでいる。しかし、加藤さん家の子供の勇気ある一歩で、DV児童相談所における拉致虐待DV被害が、世間の目に白日のもとになったものである。事実、必死になって親に助けを求めてきたものだからである。
欽ちゃん
2008/07/26 21:55
少なからず、偽りの審判の形成過程において、事実無根の証拠が用いられるなど、正に、年間二万件に及ぶDVえん罪事件そのものであり、それを狡猾に秘密裏に運用し審判を得たのであるなら、「法律詐欺」としか言いようが無い。殊に、今回のケースは、DV勧誘から始まり、夫婦から子供を、なかば強引に騙し、偽りの審判を使って略取したのであり、そうであるばかりか、必死の思いで逃げてきたかわいそうな子供の家に、ストーカーのように、北沢朱美、菅沼、春日らが、「出頭要求書」を、いつのまにか放り込んでいる。その神経がまともじゃない。学校へ行かせないようにも手を回す。その卑劣な人間性は問題視されなければならず、そのような汚いやり口に対する、市民からの問合せに、全く真摯に答えようとしていないのである(答えられないのである。)。
欽ちゃん
2008/07/26 21:56
係る、極悪非道なDV児童相談所の密室にはまだ、他の子供たちもいる現実を考えると、ハサミや、机を使って身体的暴力が、公然と行われていると思えば、市民として黙っていておられない。ここで、そのような審判を掲げて行なわれてきた略取を、ごまかさせず、根本から処罰しなければ、DVによる一番の被害者たる拉致された子供達は救うことができない。そういう、悪代官的DVという巨悪を許さないというバランス感覚を持つべきではなかろうか。
欽ちゃん
2008/07/26 21:57
児相の春日との電話のやりとり。春日『個別の案件については守秘義務があり、お答えできません』
私『守秘義務?○○家の家族はすべてを打ち明け支援の会を通じて全国の人々に要請されてます、何を守秘する必要があるのでしょう。守秘したいのは児相側であって、分が悪いからでしょう。』
春日『・・・・個別の案件にはお答えできません。』私『お役人の決まり文句を聞く気はありません。答えられなくても児相の悪行は明々白々なのですから、それでも守秘義務と押し通すならば悪行を認めたに等しいです。』
春日『・・・・・・・・』
Rule
2008/07/27 14:07
電話対応にでた女性職員と男性職員の支離滅裂!
私『所長さん居ますか?』女性『外出してます』
私『では次長さんなり副所長さんなり居ますか?』
女性『そういう役職の者はいません。』
私『では所長さん以外はすべて、一般職ばかりですか?』
女性『はい、そうです、所長以外に役職は居ません』私『それが本当のことだと信じておきますね』
注、(所長以外はすべて一般職とはまったく信用できない)
私『あなたのお名前は?』女性『言う必要はありません』
私『必要がないのは職務規定で定められてるの?』
女性『・・・・・・・・』
Rule
2008/07/27 14:32
ルール様、
所長さんのほかに、平成19年11月15日までは、確かに、北原係長というのがいました。裁判所の家事審判官が出した「調査報告書」に出てきます。また、竪月福祉司というのもいます。とにかく、多くの方々が、名前を名乗らない、とか、所長が出てこない、とか、電話の対応がひどすぎ、などの報告を私に送ってくださいます。
のまりん
2008/07/27 15:31
携帯向けの宣伝ページを作成してくだされば、
どんどん転送いたします。
ひろこ
2011/10/06 15:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎市南部児童相談所職員北澤朱実(今は退職)と加藤家のおかあさんとの対話 第2弾 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる