のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎市南部児童相談所北澤朱実(今は退職)と母との会話

<<   作成日時 : 2008/07/20 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 1

川崎市南部児童相談所の北澤朱実職員は、今は退職しています。加藤家の担当は、去年度まで北澤氏でした。この人の名前はここに出てきます。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin27.html

最初、これをクリックします。「川崎市男女共同参画センター」が作成したあの性教育読本の紹介です。あの本が発覚した時は、大変話題になりました。あまりに過激だから。この本は改訂されたのですが、改訂される前の本には、製作者の詳しい紹介がありました。そこに、北澤氏の名前があったのです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/kawasakimemb2.jpg

☆抗議先

川崎市南部児童相談所
〒210-0804 川崎区藤崎1−6−8
Tel  044-244-7411  
Fax  044-233-3836
25nanzi@city.kawasaki.jp

講義内容は
「姉と弟の学校に在学証明書を出すように言え」
「転校妨害するな」「転校妨害は児童に対する虐待だ」
「加藤家を虐待するのはやめろ」
などです。
http://constanze.at.webry.info/200807/article_12.html

これを参照してください。

ここにも訴えよう!!
川崎市子ども福祉課
課長の吉川さん
TEL 044-200-2673
FAX 044-200-3933
(このFAXは他の課と共通なので、「子ども福祉課様」と書いてから、訴えを書く)

以下、去年(平成19年7月5日、北澤氏との加藤家のお母さんとの会話の一部です。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・

お母さん
今、一生懸命、毎日歩いて道を覚えてますけれども。
(お母さんは、お父さんと離婚したのですが、子供達のために、友好関係を保っていました。そのお父さんが上のお姉ちゃんに叱る時に、ゴツンとやったりするので、「暴力」とされ、お母さんは行政側からお父さんの傍を離れろ、と言われ、引越しをさせられたのです−野牧注)
でもやっぱり子供を見ると、24時間子供の事を考えているのであって、だから、あの、○○(一番下の当時4歳の男子−野牧注)だけでも返しって欲しいていう、最初に、○○だけでも手元に置けたらもっと、△△(当時12歳のお姉ちゃん−野牧注)と◇◇(当時9歳男子−野牧注)を引き取れるっていう、頑張れるっていう力が貰えるからこそ、一番下の○○だけでも、精神的にも返して欲しいんですて言う気持を先生(横浜市大の精神科の先生−野牧注)に伝えたら、先生もその方が、親子四人で暮らせるためにいいよねって、お母さんも精神的に安定する方向の方が、ベストだよねって言う事で。○○君だけ連れてお母さんどっかに逃げるわけでもないし、逃げ隠れするわけでもないし…

北澤
うん、うん、そうだよね

お母さんちゃんと三人とも私の大事な子供なので、あの、○○だけでも、最初に返して頂いて、その後、保育園を行かせつつ、私が仕事をしつつ、それを、児相で見て頂いて、それで、お母さんだったら、ちやんとご飯も龍に食べさせてる、保育園も連れっててる、仕事もしているって認めて頂いた上で、出来れば、上二人を、あの出来れば、今、夏休みに入りますよね、夏休みが終わるくらいには、学校にきちんと行かせたい、新潟の方で(お母さんの母親の住んでいるところ−野牧注)…。私の気持は…。

北澤
そうね、お母さんの気持ちはね、ごめんね、その時に、お母さんのために○○がいた方がいいって、そういうことだよね、お母さんが、○○君がいた方がお母さんが安定する…

お母さん私も安定するし、○○も私がいた方が、親が。やっぱりまだ子供、四歳なので安定すると思います。

北澤
で、そこの所は、こちらとしてはね、やっぱり三人が一緒にお母さんの所から離れるって言う事を考えているんですよ。それは、やっぱり○○君も兄弟三人結構仲がいい兄弟じやあないですか。
(何がなんでも家族を引き離したい気持ちが表れています−野牧注)

お母さん
そうです。

北澤
だから、あの、やっぱりね、同じ場面をこういう風に見て来たんだから、辛い経験をしてきてるって言う事でも、お姉ちやんが一番酷くね、やられたて言うのがあるよね。(お父さんから叱られて、殴られたことを刺している−野牧注)

お母さん
はい、そうです。

北澤
だから、そこんところは、そのお母さんが、もう、こういう事が絶対ないから大丈夫だよ、だから、三人で帰ろうね、という事をまずなってほしい。だから、こちらの主張も変わらないのね。で、そんなに、三人いっぺんにしようって訳ではないんだけれども。

お母さん
三人いっぺんって言うよりもやっばり、私としては○○だけでも、やっぱり、四歳っていう年齢があるので、一番やっぱり、大事な時期なので私の手元でちやんときちんと育てたいって言う気持ちで一杯です。

北澤
わかります。うん、そうだよね。こちらも、だめって言う事の理由なんですけれども、お母さんやっぱり、家の中の事、充分出来なかったって事ありますよね、食事の事、子供に食べ物、買いに行かせってたりとか。
(お母さんは清潔好き。家の中をきれいにするのに忙しく、それで、時々、お料理はコンビニなどで。しかし、このあたりは多くのお母さんもそのようにしている−野牧注)

お母さん
それでも、毎日買いに行かせてるわけでも、あの、極端な話、皆さんがどんなふうに捉えてるかわかりませんが、別に毎日って訳でもないですし、その、ご飯も作りますし、それがどういう風にその捉えられてるか、毎日、仕事で365日、子供に買いに行かせてどうのこうのって、思わられてるのかもしれないですけれども、決してそうではないですし私はちやんとご飯も作れるし、只、包丁が、だけが怖いから、包丁の代わりにナイフは使いますけど、でも、ちゃんとしたご飯は他の人に見せても、ちやんとしたご飯だよって認められるぐらいのご飯は作ります。

北澤
そうなんだ

お母さん
お弁当も作ります

北澤
お母さんね、ご自分のね、精神状態とか波があったりする?
(料理はそこそこやっていることが分ると、今度はお母さんの精神状態を理由に子供を返さないことにしようとしている。つまり、基準も理由もなく、子供を取上げる意志があるのだ−野牧注)

お母さん
今はもう、子供を自分の手元に置くことで精いっぱいの日々を送っているので、波とか、そういう…。今までは、その××が携っていることでやっぱり、精神的にぴりぴりしたりとかは有りましたけど、あの。

北澤
そうだよね

お母さん
て、言う形ですごく仲良くて他の子供とかも、学校の先生とか保育園の先生とか、他のお母さん方に開いてもらえればわかりますけど、他の子供が○○(一番下の子)のママって言ってあの、ハグしたりとか、あの、遊んだりとか、○○が居なくっても家に遊びに来てくれるって感じのお家で、子供は私は大好きなので。

北澤
でも、そういう状態時もあったし、そうじやなくって××さんを、助けってて呼んじやう時もあった、訳ですよね。
(お母さんは、別れた夫=子供達のお父さんと友好関係を結んで子供とディズニーランドに行ったり、家のことを手伝ってもらったりしていた。これは悪いことではない。むしろ、良いこと。話し合いの中で、お母さんの精神状態が今は安定しており、子供との関係も良好であることをお母さんが主張すると、お父さんと連絡しあっていることを持ち出して、子供を返さない理由としている。−野牧注)

お母さん
そうですね、どうしても、子供を病院に連れて行かなくては行けないときとか、でも、毎回、毎日呼んでる、わけではないし。(子供が病気で病院に連れて行くのに母親が父親と協力するのは当たり前−野牧注)

北澤
そうだよね。。その××さんがいる時に事件が起きちやったわけだよね、それが一つあると思うんですね。
(お父さんがお姉ちゃんをゴチンとやったこと)

お母さん
でも、今はもう

北澤
はい、それは知ってます。

お母さん
絶対に会う事はないので。私自身一歩クリアしたと思っているので。

北澤
でもね、こちらが思っているのはね、お母さん前にもそういう風にもう、××とは離れるって言って、連絡と取っていた経過があるので。
(頼りにしているのだから、会ってもいいのだけれど、どうしても夫婦別れをさせたいらしい。完全に別れないことに対する復讐のようなものを感じますね−野牧注)

お母さん
でも、もう、あの、今回こういう事になって本当に人は憎んではいけないけれども、やっぱり、人間だからやっぱり、その△△(お姉ちゃん)が、顔を蹴られた時の事を思い出すと、やっぱり、今でも胸が詰まる思いがあります。

(中略)

北澤
で、子供もだんだん大きくなっていくから、お母さんが誰にではなく、子供が頼りになってくる、という所はあると思うんですねで、その、子供さんがお姉ちやんが、お母さん役割みたいになっているのね、家でもそうだったでしょ。

お母さん
あの、小さいママってあたしが呼んで。

北澤
あ、そ−なんだ

お母さん
それで女の子なんで、14歳の母ってテレビを見て

北澤
あ、あったね−

お母さん
私も結婚するのはこの位かしらって会話をしていたものでじやあ、ちっちやい、ママにしようって事で、ちっちやいママ、ちっちやいママって感じで△△の事を呼んでいたので。

北澤
呼んでたのね。
で、そういうのを見ていると、あの−、お姉ちやんは本当、お母さん役割になっちやってて、下の二人をね、凄く面倒を見るのね、これは、お姉ちやんにねとっては相応しいことではないよ、ですよ。
(なんと、お姉ちゃんの美しい心ねを、悪いこととしている。非常識ですね−野牧注)やっぱり、お姉ちやんは、お姉ちやんの年齢で無邪気というかね、自分のことしか考えられないのが、精一杯じやないですか、子供さんだからね、で、自分の事だけ考えて、自分で精一杯生きているってことなんだけど、いつも、下の二人を私がなんか背負わなくちやいけないみたいな所がね、ある。

これを、見ているとやっぱり、お母さんの力が弱かったのかなって、こちらは見ちやうのね。

(お姉ちゃんが兄弟の面倒をよく見るのは、お母さんの育て方が良いからであるのに、それを悪いこととして屁理屈をつけて、子供を返さない口実としている。つまり、子供を返さないのであって、理由は何もないのです。−野牧注)

お母さん
あの、家ではそんなことなくって、あの、保育園の当日もそうですけど、△△が一人で絵を措いて、一人で遊んだりとか、ゲームしたりとか、結構そう、◇◇は外に遊びに行っちゃう、私と○○が家の中でゲームしたり遊んだり、近所の子供と一緒に公園に行ったりということはあって、兄弟全部の面倒を△△に見せているのではなくって、あの、私がご飯を作っている間、○○と遊んでねとか、私がお風呂入っている間、髪の毛洗っている、ほんの五分かその辺、△△ちゃん、ごめん○○を見ててねって、言って…
(つまり、家にいると普通の女の子−野牧注)

北澤
それってさ、普通の生活なのよね、普通の、それが当たり前の、家族のね。でも、それ以上にね、△△ちゃんを見ていると、やっぱり、お母さんなんですよ、児童相談所一時保護所の行動観察している人の話はね。
(家にいると普通の女の子で、児相だとお母さん的な部分を発揮する、ということは家にいたほうが、「子供らしい」ということを北澤自身も認めている。もう、めちゃくちゃ)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

画像

 平成19年8月27日、川崎市南部児童相談所が横浜家庭裁判所川崎支部に「児童養護施設入所措置の申立」をしました。加藤家の3人の子供達を養護施設に入所することを「承認」してくれ、という申立です。児相とは子供を拉致誘拐監禁軟禁しておきながら、親が返せ、と当然のことを言うと、裁判所に「申立」をするのです。裁判所は偏向イデオロギーの運動家の見解に即した「審判」を下します。
 この画像は、裁判所が下した「審判書」の第1ページです。代理人弁護士の名前を暗記しましょう。

http://constanze.at.webry.info/200807/article_12.html
川崎市南部児童相談所による加藤家への虐待について、要請文と経緯

http://constanze.at.webry.info/200807/article_13.html
加藤家のお母さんと川崎市南部児童相談所職員北沢(今は退職)との会話

http://constanze.at.webry.info/200807/article_14.html
裁判所の書類にみる、川崎自相側のウソと歪曲
本人の知らない精神科の診断書がなぜ、川崎市南部自相に!?

http://constanze.at.webry.info/200807/article_16.html
出頭命令書 冷血 川崎市南部児相

http://constanze.at.webry.info/200807/article_18.html
子供達が語る収容所の虐待実態
ハサミで脅かす職員

http://constanze.at.webry.info/200807/article_19.html
出頭命令は投函のしかたが違反であった。
だから、この出頭命令は無効らしい。

http://constanze.at.webry.info/200807/article_23.html
川崎市南部児相が加藤家の3人の子供達に出した、無条件解除通知。
な、な、な、なんと、解除の理由は「その他」…笑っちゃう!!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
川崎市南部児童相談所が加藤家に対して行った不当なる虐待
加藤家のお母さんは親として当然ながら、子供を手元で育てたいと川崎市南部児相に何回も言いました。すると、南部児相は裁判所に「児童養護施設入所措置の申立」をしました。平成19年8月27日のことです。審判(判決)は、今年平成20年3月7日にでました。次の二つの画像は、裁判所が下した「審判」の1ページ目と2ページ目です。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/21 23:27
川崎市南部児童相談所のメールアドレスが違っていた!!
川崎市南部児童相談所の     メールアドレスが間違っていた!!!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/22 11:05
冷血!川崎市南部児相 権力濫用 ファシズム丸出し
血も涙もない人達!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/22 22:58
川崎市南部児童相談所北澤朱実(今は退職)と母との会話
川崎市南部児童相談所の北澤朱実職員は、今は退職しています。加藤家の担当は、去年度まで北澤氏でした。この人の名前はここに出てきます。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/22 23:05
川崎市南部児童相談所に虐待を受けている加藤家のために抗議・要請をお願いします!!
加藤家に対し虐待を続ける  川崎市南部児童相談所に抗議を! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/22 23:07
川崎市南部児童相談所へ一緒に行ってください
私と一緒に行ってください!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/24 08:32
馬のお面で脅す ダンボールに子供を入れる!? 子供が語る川崎市南部児童相談所委託施設新日本学園
川崎市南部児童相談所よ おまえもか なんだ、「虐待」してるじゃないか ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/24 22:42
え、あの出頭命令書は無効!?川崎市南部児童相談所のファシズム文書
直接投函は違反!! ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/25 06:40
川崎市南部児童相談所職員北澤朱実(今は退職)と加藤家のおかあさんとの対話 第2弾
平成19年7月5日、加藤家のお母さんが、今は退職している川崎市南部児童相談所の北沢朱美と話し合いをしたときの記録の紹介、第2弾。 とにかく、母親や子供達の気持ちは関係なし、理由もさしてなし、家族破壊に一筋に取り組む姿勢が良くわかります。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/25 22:03
川崎市南部児童相談所児童3人虐待事件家裁によるインチキ調査報告書
これは、川崎市南部児童相談所が子供達を隔離し続けることに対し正当性を確保するために、家裁に「入所措置申し立て」をしました。家裁は調査官に委託して、調査をしました。調査官による報告書の第1ページが上の画像です。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/27 16:45
ゴネ続けた川崎市南部児童相談所職権濫用物語 U
笑ってごまかす菅沼署長 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/30 11:47
ゴネ続けた川崎市南部児童相談所職権濫用物語T
子供の福祉よりも面子にこだわ    川崎市南部自相 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/07/30 11:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなところでも男女共同参画の名を借りて家庭破壊をしたい連中が蠢いているのですね。
北沢朱美なる人は現在どうしているのでしょう、退職したら責任から逃れられる?法を破っていても退職すれば罪が問われない、これが問題の元凶、大分の教育委員会などの問題は大分だけの問題どころか全国的な問題、この川崎児童相談書の様な問題も横須賀の例のように、あらゆる処で起こってるのではと危惧しています。
再生さんからのメイルで又知りました、講義を致します。
古田
2008/07/23 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎市南部児童相談所北澤朱実(今は退職)と母との会話 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる