のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS DV防止法犠牲家族支援の会のH20.06.20集会報告

<<   作成日時 : 2008/06/23 21:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

DV防止法犠牲家族支援の会の第五回集会が無事に開催されました。前回より少し、たくさんの方々がお集まりくださいました。ありがとうございました!!今まで、DV防止法に酷い目にあった方々が来てくださいました。メールやお電話でのみ、お話していた方々の中で、初めてお顔を拝見することのできた方もおられました。ご関心を持ってくださった方々、ご参集くださった方々にお礼申し上げます。
下の写真は、当会幹事、私の参謀、小菅清先生の勇姿です。
画像

以下は小菅先生のおだしになった資料の一部です。
画像
画像
画像

以下の画像は、私の話した内容のおらすじです。
画像
画像

また、私の出した資料はこのブログにあるものです。
http://constanze.at.webry.info/200804/article_9.html
http://constanze.at.webry.info/200805/article_16.html
http://constanze.at.webry.info/200801/article_5.html
http://constanze.at.webry.info/200801/article_21.html
http://constanze.at.webry.info/200802/article_2.html
http://constanze.at.webry.info/200802/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
DV防止法犠牲家族支援の会のH20.06.20集会報告 のまりんの資料棚/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/05 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
集会行きたかったです・・・ですが、現在なぜウチの妻が婦相に入ったか調べていまして 病院のソーシャルワーカーやその病院事体の企業の考え方が原因と分かってきました。まず病院の先生が妻の怪我を私が殴ったものと誤診それを意地の悪いソーシャルワーカーの渡辺が(意地悪発言連発な人)殴られたなどと言っていない妻に(殴られたんでしょ!)と、脅し妻は怖くてうなずいたそうです。以前にも言いましたが妻は障害があるので非常に怖がりです。それを利用したとしか思えないので自治医大に(栃木)昨日行ってきました
そして謝って欲しいと言ったのですが、企業のポリシーの様なものがあるとし謝れないと言われ粘ったのですが(5時間)結局また嫌味な事を渡辺に言われたまま終わりました。管理部の方も病院のやり方うんぬんだそうで・・・医療過誤でも謝る事はしない病院なんだそうです。やはり病院の先生やソーシャルワーカーって
絶対なんでしょうか?恐ろしいフェミの世界・・・
kuromu
2008/06/26 10:55
渡辺の意地悪発言についても謝らなかったです。冤罪をかけた事や妻に対し(現役引退・障害者よりもっとまともな人を見つけて・顔が崩れている・施設に居る方が幸せ・貴方が殴ったんでしょ!等)個人の発言でありその人本人の意思だと思うのですが、病院の仕事の中での事で私には責任が無いそうです。この発言や昨日受けた心の傷については個人的な恨みも持ちました。病院の先生方の誤診についても腹は立ちますが、やはり人は心で動くものなのでソーシャルワーカーの言葉には腹が立ち今後も謝罪を求めて行きたいと思います。(名前を出す事は許可を得ていますそれで冤罪については相殺な様なので、私はそーわ思わないのですがね・・・)
kuromu
2008/06/26 11:01
DV,暴力を肯定するのですか?そういう人がいて、もっもらしくコメントしていることに驚きました。これでは、なかなか日本も改善されません。あなたはおかしいです
あなたたちは間違っている
2008/07/08 14:16
DV,暴力を肯定するようなコメントは
ほとんどないはずです.
ここでは,
1.DV法による定義だとするのはあまりにも過剰ではないか?
2.DV法を悪用し,でっちあげDVによる夫婦間での男性側の被害の実情の公開
3.DV法を利用したシェルター運営による利益の発生の疑いを審議したり,証明したりすること.
4.DVは離婚する以外に解決策がないという信頼性に乏しい文献による曖昧な理論を利用した家族崩壊をくい止めよう.
とする目的で論議がされているはずですよ.暴力を肯定するコメントはごく少数だし,DV法では黙って耐えていても精神的暴力の範疇だそうです.
ちなみに「あなたがたはおかしい」という発言は立派に言葉の暴力の範疇では?
被害者
2008/07/08 22:02
kuromu さん、大変でしたね。
絶対に謝らない・非を認めないのが連中の特徴です。

この際、法的措置を取られては如何でしょう。
損害賠償が認められれば勿論ですが、
例え認められなくとも、
いい加減なことはしてはならない、
という当然の認識を連中に持ってもらうことが出来ます。

2008/07/16 20:54
以前某掲示板(これでないです)にDV法やシェルターについて、非難めいたことを書いたら、しばらくした後、書き込みが削除されていたことがありました。

きっと、シェルターなど自称「女性の人権」を名乗る者たちの圧力でしょう。

日本には一応、言論の自由は認められているけど、世論の流れにしたがわない、マイナーな意見は無視され、消されるんですね。

DV法をみていると、夫は妻を至れり尽くせり女王のように扱わないと全てDVとされ、離婚を突きつけられてしまうようですよ。

「お前付き合っている男居るんじゃないのか?」
「そんな高いもの買うなよ、今月苦しいんだから」
「掃除のやり残しあるぞ」これらを言ったら即DV。
そんな冗談みたいな世界にしようとたくらんでいる者がいる。そして、世論の大半はそんなトンデモない目論見に肯定的で後押ししている。

そんな恐ろしいことが現在進行形で起こっている。
アンチフェミ
2009/04/12 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
DV防止法犠牲家族支援の会のH20.06.20集会報告 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる