のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 横須賀市こども青少年支援課の皆様にお願い

<<   作成日時 : 2008/05/11 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

こども青少年支援課の皆様、

井口家の子供達をすぐ返してください。
井口夫妻は喧嘩をしましたが、夫婦喧嘩はどこにでもあることです。その時、多少の暴力や大声のやりあいは当然にあり、別に、そのことがそく、悪いこととは限りません。

現在、女性相談、DV相談、及び、「被害」女性を支援するシステムは、家族を破壊し、名目ともに、この日本から家族と言う存在、概念を消し去ろうという、悪いイデオロギーによって運営されています。

井口夫人の報告によると、最初に横須賀市の立会いのもとでお子さん3人に会ったとき、3人は市の職員をちらりと見ながら、「帰らない」と言ったそうです。しかし、その後、お子さんのお一人と母子だけで話をしたとき、「帰りたい」と言ったそうです。

まるで、北朝鮮に拉致された人々のようであります。児童相談所やDVシェルターは、北朝鮮と全く同じ発想で、女性や子供を拉致監禁監視しております。拉致監禁監視の理由が、横須賀市の児童相談所の場合、「実父による虐待が疑われるため」という、大変あいまいなものです。

そして、子供を返す「条件」が、離婚してアパートに住むこと、というとんでもないものです。
結婚や離婚をそんなに簡単に考えないでもらいたいと思います。

家族とは、尊いものです。何の権限があって家族の絆を切り裂くのか。尊いものを平気で冒涜する、その傲慢さに怒りを覚えます。相談という名の下に、家族を破壊の工作を秘める組織に恐ろしさを感じます。
井口家の子供達をすぐ、両親に返してください。

http://constanze.at.webry.info/200805/article_4.html
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
横須賀市こども青少年支援課の皆様にお願い のまりんの資料棚/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/05 16:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の場合は家を買って別の場所に住め!と言われそうしましたが変化は無いです。妻の家族とは別に(現在)住んでますが・・・
kuromu
2008/05/12 01:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
横須賀市こども青少年支援課の皆様にお願い のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる