のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 関東大震災の日本の警察、日本の軍隊、とくに戒厳軍の高貴なる功績2

<<   作成日時 : 2008/05/29 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

続きです
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
学校でも教えないのでしょうね、関東大震災で朝鮮人を6,000人殺したなんて調べもしないで平気で語る先生も居るようです。
当時の資料をみると「統計国家?」の調査は素晴らしいのです、「内務省」の資料では東京・神奈川で軍・警察の保護7,528名・本人の出頭1,353名・自警団同行保護3,332名、合計12,215名なんですね。
当時の新聞社の調査では東京・神奈川の朝鮮人人口は戸別調査をして約12,000名ですから、帰国した学生2,000名を除くと計算が合いませんが6,000名はどんな計算をしても出て来ません、それと当時の飛行士で韓国の教科書にも出ている「安昌男飛行士」夫妻は当時「帝国ホテル」に宿泊されており、この記録は姜徳相
氏の「朝鮮」資料にも出てきています、10万人の犠牲者を出した関東大震災を「反日」の材料に使うのも如何なものかと・・・
古田
2008/05/30 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
関東大震災の日本の警察、日本の軍隊、とくに戒厳軍の高貴なる功績2 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる