のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS コメントまとめ 20.3.11まで

<<   作成日時 : 2008/03/17 20:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

KさんへF (参考例)
家事調停申立書 申立人 K 相手方 妻
申立ての趣旨 申立人は相手方との話合いにより、口論から及んだ相手方の遺棄について、プロの離婚相談関係職が関与し、話合いを狡猾に阻害している予測を踏まえて、家庭裁判所において、調停委員会を主導に、社会通念上の道義的解決を求める。 申立ての実情1.当事者は、平成○年○月○日に婚姻届出を行なった夫婦で、平成○年○月○日生まれの子がいる。2.聞けば、今、DVシェルターに子とともに「隔離」された。昨今、唇をとんがらせて言うDV主張の如くは、往々にして巧妙にビジネス化し、程度の低いブローカーが主導しているなどと周知されてきたのも事実である。常日頃、精神的に弱いことのある相手方とは、たまには口論をしたこともあったが、別段、夫婦間に同居に耐えざる虐待のような暴力事実はない。それさえ、親族間の行為態様としてみたとき、不明なDV関係職関与は、大変不自然であり、これが解決を困難にさせていること明白である。特に、密室で子が精神的にも虐待がされないか、心配でならない。3.尚、「施設に隔離」と知ったのは、斯く斯くによる次第である。
欽ちゃん
2008/03/06 00:18

欽ちゃん様>
ご助言ありがとうございます。感謝しております。もう一度ひとつひとつじっくり読んで整理し、理解し、取り組んでいこうと思います。ありがとうございます。
のまりん様>
ご連絡ありがとうございます。気を強くもってがんばります。 K
2008/03/06 08:51

欽ちゃん殿の法的なコメント本当に勉強になります。今までのDV法に関する知識をまとめて久しぶりに内閣府共同参画・厚生労働省へ現状抗議の電話をしました。当初の詳しい知識がない頃は、相槌を打って同情してもらえましたが、現在核心的な話しをすると非常に構えて返答するようになりました。某市役所の担当課長が言うように行政は法律のみで動いているのが事実です。たとえそれが欠陥法であっても悪用していても自分達に責任が無い事も分かりました。
共同参画の担当者が申すに、我々が担当大臣や国会議員・参議院議長に直接要望書を出す事が可能な事も確認、しかしその返答義務はない等の事も確認しました。議員立法である為に今、全国のDV免罪者や支援者から多くの署名を集めて多くの味方国会議員に声をかけ現状を伝え国会で改正させることが至急必要であると感じます。民間シェルターでの悲惨な現状は正しく立法化されればなくなります。 ターヤン
2008/03/08 13:34

K氏へ
何かとご苦労が多いかと思われますが、体調にだけは十分留意して生活をお送りしていただきたいと思います。野牧先生や上記コメントで詳しくアドバイスしている方もおっしゃる通り、現段階では当法律は欠陥法愚法であることは揺ぎないものと思われます。多くの方に理解と浸透を求めるには多少時間もかかりますので、いまりよい感覚で受け止められることは稀有かも分かりませんが単純に「誤法に真心でむかうのではなく、その真心は家族へ与えること」偽善的なことを発言するつもりはありませんが、心は届きますよ。まともじゃない法にはまともに答えてはいけません。 オフ
2008/03/08 18:12

加害者登録を争う件
「裁判上の離婚の訴えは家庭裁判所に提起するものだが(人訴2条1項)、人事に関する訴訟事件としてまず家庭裁判所に調停を申し立てなければならない(家審17条・18条1項)。民法770条1項および3項の事件は調停を行なうことができないので例外であるが、その他の離婚原因の事件は、直接に訴えを提起すると、職権で家庭裁判所の調停へ回される(家審18条2項)。」と教科書に載っています。調停を経なければ訴訟に移行しません。とすると、調停を阻むことは裁判を阻むことです。有責配偶者の妻が調停をさせない手法をとったなら、これに連携したものは、裁判を阻んだことであり、父親の法律上の親権行使を阻んだこととなるはずです。共同不法行為として損害賠償請求の途があるはずです。行政に関わらず、不朽の権利を侵害したのです。もしも、相当の根拠を欠き「被害者登録」をしたのならば、必然的にこれも同じだと考えます。 欽ちゃん
2008/03/08 21:55

加害者登録を争う件の続き
そうすると、「言っただけ」「聞いただけ」「書いただけ」を通らせずに、きちんと反論すべきです。「どこに加害者という事実があるんだ」「じゃ言うだけで事実なくても加害者登録してよいのか」「虚偽登録でも責任を負わないのか」「お前(担当者)を加害者に登録しろ。ぼくが被害者だ。ぼくには責任が一切ないんだろ。」と言うこととなる。ガッツン・ガッツンやるべきですよ。そこで、だれか加害者登録の定義を教えてもらえませんか。 欽ちゃん
2008/03/08 21:56

上記の「民法770条1項および3項の事件は調停を行なうことができないので例外であるが、」は記載の誤りでした。「民法770条1項3号および4号」と載っていました。 欽ちゃん
2008/03/08 21:59

なお、役所に怒鳴り込むのを推進してはいません。私自信がそれをしていません。する人が、準備が足りない場合もあると考え言ってみただけです。しかも、調停に入る人や、訴訟中の人にとって、加害者登録には興味心身です。できれば、○○規則○条にあるととか知りたいです。まさか役所もフィーリングでしないでしょうから。 欽ちゃん
2008/03/08 22:17

後輩のDV保護の件、奥さんに聞いてきましたよ。立川の一時保護所に入ったそうです。精神的不安定の人ほど洗脳?カウンセリングの頻度が多いそうです。ランク分けされるとのこと。二週間の保護期間、毎日のように面談があるようです。ここに入ったのは離婚するためなんだと説き伏せられるようです。言い方は柔らかいが、離婚するためとの方向ずけをされるそうです。そこに子供の意思、子供の福祉の観点は一切入らないとのことです。そこに後輩の奥さんは違和感感じて10日目に自ら保護所を出る決意をしたそうです。意識、感覚が自立していない人間は言いなりになってしまう環境だそうです。依存性の強い人は自ら保護所を出れない状況に陥ることは間違い無いとのです。二週間して三つほどの選択肢が出されるとのことですが、いずれも元の家庭に帰る方向性はないとのことです。母子寮に移動して生活保護需給、母子寮移動して自立支援により就職斡旋、実家に戻るなどだそうです。平行して離婚調停の申し立てで、やはり行政側の弁護士が裏で指図はしているそうです。 おはる
2008/03/08 23:22

結局、未来を担う子供が犠牲になっているんですよね。
求めていない家族の引き離し、崩壊を国の力によって無理強いされて・・・
うちも、弁護士立てました。
子の監護に対する処分の調停を申し立てました。
親権の異動も視野に入れてのことです。
長男が学校で暴れてしまったり・・・  状況が悪い方向に動いていて、なお元妻は何も対応していない状況なので・・・ 
調停にて審判してもらい、流れでは裁判に移行するつもりです。弁護士も二人体制です。
また状況が進展しましたら報告させていただきます。 おはる
2008/03/08 23:27

離婚成立しているから、有責問題は関係ないので、子供の福祉の観点からビシッと訴えてきますよ!!
子供が親の資質に足りていない母親の監護のもと、狭間に入って苦しんでいると。父方の養育の元の面接交渉のほうが子供に対しての負担が少ないと。元妻は未だに母子寮で行政に依存したまんまですから。できたら行政に対しても子供の福祉の観点からの質問するつもりです。弁護士に役所にも働きかけてもらいますから。今までの経緯を説明求めてきます。 おはる
2008/03/08 23:36

お久しぶりです。
今日は、子供のことで皆様もよくご存じの水谷修先生(夜回り先生)の講演会に出席してきました。
貴重なお話を2時間子供と夫と5人で聞いてきました。今、子供達は泣いています。苦しんでいます。
それはバブル経済の後からの事、1991年以降は経済が下がる中、親たちは会社を解雇されたり、女性が、母親が外に働きに出たりと子供の回りで異常事態が発生した訳です。その頃からDVも浮上してきたと言うお話も出てきました。
本当にそうなんですよね。その頃に私たち夫婦は結婚して、1993年に長女をもうけて、そこら辺以降から、不景気にはまっていきましたね。
ごま
2008/03/09 19:36

家族の問題、近所との関わりも薄くなり核家族化、相談する人がちゃんと子育てやってこなかった私の母親。とすると、嫁姑問題、子育ての悩み地域での自分、妻としての自分母としての自分。課題があまりにも多すぎて当たり所はいつも夫。その反動がDV法?
後は言うまでもなくDV法にぴったり当てはまってしまいます。この様なご時世です。子供を親が守らなければどんどん世の中にはまっていってしまいます。今ここで親が声をあげなければ。そう思って私も行動していこうと思っています。又おじゃまさせて頂きます。 ごま
2008/03/09 19:36

おはる様、
ご後輩の奥様の件、ありがとうございます。勉強になりました。大変貴重な証言です。

ごまさま、
書き込み感謝します。また、来てください。
昨日、奥様がお帰りになった、と、ある方から報告を受けました。ほっとしました。 のまりん
2008/03/09 21:07

審判についてはぼくには失敗談があります。訴訟において裁判籍を争い、時間がかかり、子の住居地で落ち着いたときに審判を申立てました。双方の環境の差等を十分に疎明し、仮処分的に審判及び審判前仮処分を申立てたのです。調停委員や参与員がいるものと思っていました。相当自信もありました。調停があった裁判所だからです。その場で嘘は判然としていたのです。しかし、蓋を明けてみると、審判官と調査官のみの審判で、疎明資料を全く無視し、言うばっかりの嘘のみ採り上げ、挙句のはて、ぼくはギャング団のように乗り込む人物とされました。調査官は専門家だとされていますがとんだ専門家です。雲行きが怪しいと思ったら、審判せず訴訟に切替えたほうが得策です。事実が争え十分に勝機があります。しかしいったん出た審判は一定の既判力があります。しかも、サポートセンターや関連機関に積極的に相談したことを評価するとありました。サポートセンターとは「婦人会館」のことです。いわば講演会を評価しています。話になりません。調停委員や参与員を目の前に、十分に事実や実態を話し会わないと危い。調査官の調査というとんでもないリスクが潜んでいます。 欽ちゃん
2008/03/11 21:10

裁判所から保護命令申立書の審尋期日呼出状が来ました。その中の陳述書などはかなり脚色されあたかも私が暴力犯罪夫のように書かれていました。どうすればよいのでしょう?ある方に相談したら「無視してください。」」「全財産をむしり取られる。」「よい弁護士を探せ」とも言われました。が、なかなかそう簡単に見つけられないのが現状です。今、私はどうすればよいのでしょうか? K
2008/03/11 22:47

遅くなりましたが、オフさんへ。
コメントありがとうございます。
今、私の心の支えはこの掲示板だけかも。。
(私は甘えた人間ですね。。) K
2008/03/11 23:09

Kさん
頑張らなきゃ!!
とにかく弁護士依頼したほうがいいですよ
裁判じゃなければ10から20万あれば頼めますから
行政の思うつぼになっちゃいますよ
決して甘えじゃまいですよ
わたしも、どうしたらいいのか訳わからなくなり自暴自棄になりましたよ
大丈夫ですから
気をしっかり持って!!
単身赴任と思えば寂しさは乗り越えられます。
自分で行動しないほうが得策です。
いい弁護士探しましょう
紹介してもらうのが賢明だと思います
僕も知人の紹介で、いい方紹介してもらえました
いじけちゃ駄目だよ! がんばろう!! おはる
2008/03/11 23:32

Kさん。弁護士はどうしたの。 欽ちゃん
2008/03/11 23:33

そうだね
前の書きこみに40歳弁護士ってあるね おはる
2008/03/11 23:40

シェルターでの洗脳を解こうとある宗教に二人で入った。離れていたので別々の地域。そこで妻には「そんな悪い父親と子を会わせるな」と説き。俺には「もっとお布施したらきっと会えるよ」だって。良い社会勉強になりました。
 また、ある相談所で、「もう私は疲れました、子供が私のことを忘れて楽しくやってるようなので、もう忘れようと思います」と言うと「子供は父親に抱いてもらわないとだめだ、私が調停に協力しましょう」だって。
 私が福祉関係の公務員だったころ、障害者を必死で集めて、長期間通わせて、実績作って、予算を増やそうとしていたことを思い出しました。妻も良いカモにされてるように見えます。妻はこのままではいけない、子供のために復縁して普通の家庭を持たなければならない、ともがいている一方、あらゆる相談施設で私の悪口を言いふらし、己を肯定してくれるところを探している。自分で考えて行動する能力を削がれたようです。シェルターで「必ずだれかに相談しなさい」とでも言われたのでしょうか?
 不仲ビジネスの特長は女を全面的に肯定することのようです。その麻薬を追いかけ妻はあっちこっちさまよっています。 Qちゃん
2008/03/11 23:43

Qちゃんさん
うちもそうです
なので親権変更視野に入れて再度調停します
客観視して元妻に問題ありと弁護士先生もおしゃってました。親、大人としての資質がないと
だから一時保護で洗脳されちゃうんですよ
自分の自立した意見を語れず、結論つけられない人間ですから
子供を救わないと駄目でしょ おはる
2008/03/11 23:52

野牧先生のとおり40代の弁護士に「きちんと話し合いたい。」と言ってDV審尋でがんばってもらうしかない。早く手を打たなきゃ。ぼくは保護命令は経験がないけど、婚姻関係は,一椀を飯をわけても喰うと言うことを弁護士なら誰でも知ってると思う。夫婦には同居義務がある。保護命令など不要で道義的解決手段が外にもある。DV審尋期日前に、弁護士から、シェルターに入りながら保護されるいわれはないときっぱり言ってもらうべきだ。 欽ちゃん
2008/03/11 23:55

元公務員として、彼らの心理をもう少し書かせてもらいます。彼らはたいてい組合の洗脳を受け、民間より低い賃金で働かされている、このままでは将来は大変だ」と被害者意識を植え付けられています。そして民間を敵視しています。ですから市民の嘆願を100%受け入れず、難癖つけて中途半端なことをやって市民虐めをして満足するのです。我々父親が苦しみ、もだえ、発狂し、懇願すればするほど役人の自尊心が満足されるのです。虐めっ子の心理を理解すれば、彼らの存在を無視するのが最も彼らに精神的ダメージを与えることができます。具体的方策をみなさん考えてください。 Qちゃん
2008/03/11 23:59

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「単身赴任」についての最新ブログのリンク集
単身赴任 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… ...続きを見る
話題のキーワードでブログサーチ!
2008/03/17 21:02
Buy percocet online.
Buy percocet. Buy percocet online. ...続きを見る
Buy percocet.
2008/09/30 03:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントまとめ 20.3.11まで のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる