のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS ここまで偏向できるか 平川語録!! 2

<<   作成日時 : 2008/02/06 06:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

画像

第37回 男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会 議事録より

 平川和子女史発言
異性から無理やりに性交された経験についてですけれども、この結果がようやく臨床現場に近づいてきているなという感じがするんです。その上で、資料1−1を読みましたら、加害者との関係ということが抜け落ちているんですが、是非その関係についてもこの中に入れて資料をつくっていただけたらと思います。といいますのは、夫婦間強姦とか近親姦、親から、兄弟から、親戚からの被害者が多いという結果を是非公報・啓発していっていただきたいと思うんです。今、資料1−1には抜けているので、今後調査結果を公報する場合には、こういうふうなことにならないように是非お願いしたいと思います。


ここで平川女史は「夫婦間強姦」という言葉を発明しています。強姦も結婚も一緒にして、結婚を犯罪化・強姦化しています。大声をだしてもDVだ、犯罪だ、とする人達です。また、行政もそうなっています。ということは、ご主人がちょっと「ねえ、ねえ、お願い」といって「いや〜ん」と奥さんが言って、それで、そうなったら、夫婦間強姦です。まるで、中国の文化大革命みたい。あれは、夫婦のあいだに当局が随分介入しいましたからねぇ。

だいたい、男女の性愛関係に、はっきりと、合意か、合意でないかの線はなく、この境目を特定するのはむずかしいです。これやっちゃうと、男女が結ばれるとほとんど強姦になっちゃいますよ。

つまり、夫婦が仲良くするのを阻止する人達、それが、DV防止法システムで運動をしている人達です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DV防止法犠牲家族支援の会のH20.06.20集会報告
DV防止法犠牲家族支援の会の第五回集会が無事に開催されました。前回より少し、たくさんの方々がお集まりくださいました。ありがとうございました!!今まで、DV防止法に酷い目にあった方々が来てくださいました。メールやお電話でのみ、お話していた方々の中で、初めてお顔を拝見することのできた方もおられました。ご関心を持ってくださった方々、ご参集くださった方々にお礼申し上げます。 下の写真は、当会幹事、私の参謀、小菅清先生の勇姿です。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/06/23 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな法律がでまわると日本がおかしくなります。合意の上での性行為に積極的に妻が興じていても、夫から強要されたと嘘の暴力と一緒に並べればとおるのですから。こんな法律は早く粉砕してください。
やまだ
2008/02/07 15:36
夫婦間強姦とか近親姦を知っているのですか。見たことあるのでしょうか。誰かから聞いたのでしょうか。本当の話ですか。大丈夫でしょうか。そんなことばっかり公演しているのですか。いい加減にしたほうがよいのではありませんか。それを広報するとどうなるのですか。どうしてそんな話をするのですか。
反対します
2008/02/09 07:13
反対します様
平川和子女史は、でも、「夫婦間強姦」は本当にいけないと信じていると思います。また、そういったものがけっこう高い頻度であるものだ、とは思い込んでいると思います。見たことがあるかどうかは、聞いて見なくてはわかりません。
のまりん
2008/02/09 11:21
やまだ様、 
 だいたい、夫婦が「セックスしましょう」「そうしましょう」と確認しあってすることって、あんまりないんじゃないんですか?
 日本の夫婦について統計取ったわけじゃないし、私だって見たわけじゃないけど、常識の直感として、その確認は大方が曖昧模糊としていると思います。

 それに「ねぇ、いい?」「いいわ」とか夫婦間で言い合った後でも、そういうのって第三者が確認しているわけないですよね。してもしなくても離婚の原因となるこの世の中。
 私のところには、夫婦生活についてシェルター職員が妻に根掘り葉掘り聞き、それが裁判所への文書となって、ご主人が変態に描かれている、という報告がたくさんあります。
 奥さんからの報告で、夫婦生活について書くと「離婚にすごく有利よ」と指導された、それで、思い出して話すと、それが、変態的現象となって書かれていた、というものがありました。その奥さんからじきじきに聞きました。 
のまりん
2008/02/09 12:36
我思うに平川氏は、多分、この世に生を受けてから異性から深い愛情をもらわなかったのでは。こんなにSEXの事にこだわるのは恋愛に飢えているのかもしれない。韓国のドラマ「冬のソナタ」等見た事ないかもね。人を愛する愛情や感情が全く無い人間に思う。
ターヤン
2008/02/09 13:29
平川氏は中国文化革命時代の4人組内「江 青」等とそっくりです。地方自治体の婦人相談センター・保護施設の支援者等は「紅衛兵」のように見えます。結果は江青が監獄に収監され中で自殺しました。早くこのような革命が終わる事を望みます。のまりん様有難う御座います。いつも応援しています。
ターヤン
2008/02/10 06:23
ターヤンさま
平川和子女史は思い込みが強い人だと感じます。例えば、東京フェミニストセラピーセンターのHPに、「ごあいさつ」が書いてあるんですが、その最初に、「ひとはあたたかいまなざしの輪の中にいる時は病気になりません。」て書いてあるんですよ。でも、「あたたかいまなざし」ってどういうまなざしか、どうして病気にならないか、なる時だってあるし。それから、「女性のかかえる問題の多くは、社会や他人の期待に自分を合わせすぎるあまり、自分を見失うところから生じています。」ってあるんだけど、あわせなくても問題が生じるしねぇ。「自分を見失う」って具体的にどういう状態なのか、雰囲気としては何となくわかるけど。で、平川女史は、何かこう、自分の世界があって、その世界で何かの思いを強くもっていて、それをけっこう社会でも主張して実現していて、それが、私などには偏向的に見えるのかも、って思います。
のまりん
2008/02/10 10:17
皆さんの意見とは少し違う。平川氏はあるとは思っていない。だって根拠が無い。嘘をつく材料にえげつない話が多いと恐怖・商売ネタを広めているだけ。偏向的ではなく策略的。「夫婦間強姦、近親姦、親から、兄弟から、親戚からの被害者が多い」っていうけど、何が根拠なの。どうして多いの。お前がされたの。じゃなきゃ見たの。反対にやったことでもあるの。どうして家族でそんなことするの。変な人形の話と一緒でしょ。そんなの啓発する文書に盛り込んでどうするの。講演会ってそんなことばっかりなの。まさか男はそこにいないでしょう。最低でも、子供達には聞かせたくない異常な講演と思います。社会に対して悪です。絶対に止めてもらってください。
欽ちゃん
2008/02/11 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここまで偏向できるか 平川語録!! 2 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる