のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 裁判所からのDV保護命令申立書案内

<<   作成日時 : 2008/01/13 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

配偶者暴力にか関する保護命令事件の申立てに来られた方へ
横浜市地方裁判所第3民事部保全係
Tel 045-201-9631(内2324又は3325)
保護命令とは、あなたが配偶者(相手方)からしんたいに対する暴力を受け、更なる身体への暴力を受ける恐れが大きい場合に、あなたの身の安全を確保するための命令です
『配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(以下「DV法」といいます)』に定められています。
保護命令は、次の3種類です。(DV法10条)
(1)6か月間の接近禁止命令(DV法10条1号)
(2)2か月間の退去命令及び当該住居付近のはいかい禁止命令(DV法10条1項2号)
(3)申立人(あなた)と同居している子への接近禁止命令(DV法10条2項)
この3種類を同時に申し立てることもできますが、(2)の退去命令を申し立てることができるのは、あなたと相手方が同居している場合だけとされています。子への接近禁止命令は、相手方があなたと同居する子供に会うことを理由として、あなたが相手方と会うことを余儀なくされることを防ぐことが目的ですから、期間は、(1)の接近禁止命令の有効期間に限られますし、また、(1)の接近禁止命令が発令されていないにもかかわらず子への接近禁止命令だけを申し立てることはできません。
保護命令を申し立てるに当って、特にご注意いただきたいのは、保護命令が発令されても申立人と相手方との身分関係、財産関係には何ら変動をもたらさないこと、また、この手続きの中で相手方との和解などをすることはできないということです。
離婚やそれに伴う財産分与、子供の親権などの問題についての解決をお考えの方は、家庭裁判所の調停手続きを利用してください。
保護命令は、被害者の親族等が、被害者のために代わって申し立てることは認められていません、被害者ご本人が申し立てるか、弁護士を代理人として申し立てていただく必要があります。
この被害者というのは、恋人(元恋人)である場合は含まれないことに留意してください。また、既に離婚(又は事実婚解消)した後であっても、暴力が婚姻中から継続的に行われている場合は、保護命令の申したてをすることができます。
保護命令の申立てをするには、まず申立書を作成し、それを管轄のある地方裁判所に提出します。
管轄は、次のいずれかの地を管轄する地方裁判所です。(DV法11条)。
(1)相手方の住所(日本に住所がないとき又は住所が不明なときは居所)の所在地
(2)申立人の住所または居所の所在地
(3)配偶者からの身体に対する暴力が行われた地
申立てをするには警察かDVセンターに相談したという事実、又は公証人が作成した宣誓供述書のどちらかが必要となります(DV法12条)。
警察又はDVセンターに相談せず、宣誓供述書も添付されていない場合には申立ては不適法となり、内容の審査に至りませんのでご注意ください(警察やDVセンター等に相談した事実がある場合には、必ずその旨を申立書に記載してください。)。
宣誓供述書は、公証人役場において、公証人の面前で陳述書の記載が真実であることを宣誓して作成します。
この被害者というのは、恋人(元恋人)である場合は含まれないことに留意してください。また、既に離婚(又は事実婚解消)した後であっても、暴力が婚姻中から継続的に行われている場合は、保護命令の申したてをすることができます。
手続きの流は「保護命令申立手続きの主な流れ」を参照してください。

警察かDVセンターに相談に行けば、申し立てられるんですね。それで、暴力なくても相談さえ すれば、裁判所がDVを受けて身体にへ暴力を受ける恐れが大きいと思って、保護命令が出されるわけです。証拠となるものをもってこい、というわけではありません。また、保護命令が出ているときは、和解してはいけないらしいです。
 なお、生活保護費ですが、DV絡みでシェルター等に逃げてきた時、所持金がなければ受けられるのだそうです。中学生の子供一人、小学生の子供二人を連れて逃げ、病気で働けない、と判断されると、(多くは支援運動家達が役所に交渉するのですが)、その女性には離婚をしておらずとも、27万数千円の保護が支払われます。離婚をすると、児童手当がついて、もっともらえます。
 そのお金はシェルターや弁護士や支援活動からにも流れます。子供がない女性はあまりお金にならないので、何が何でも裁判に持っていかせようとするのが、DV防止法システム運動家達の方法らしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
裁判所からのDV保護命令申立書案内 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる