のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻が語るシェルター

<<   作成日時 : 2008/01/09 20:25   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 3

妻から聞いたシェルターの様子
 DV防止法によってずたずたになった妻に、その心の傷と洗脳を解こうと、妻とコンタクトをとっている夫からのメールです。このご夫婦は、DV防止法によって引き裂かれました。そして、離婚届けを出しました。その後、夫婦は再会。しかし、シェルター職員等、さまざまな「支援者」らに洗脳され、振り回されて、心がずたずたになった妻の精神状態は不安定です。心の傷も深く、なかなか元のような語らいはできません。
 しかし、妻はときどき夫に助けを求めます。孤独と後悔tと恐ろしい思い出が妻の心を襲っているのです。
 その夫が妻から聞いたシェルターの様子の一部です。夫からいただいたメールを原文のまま載せます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

野牧先生へ。とりあえず、洗脳の典型を列挙します。

・「牢屋」に収監。
こわもての牢名主が、「収監された女性」たちに眼を光らせ、独房の外に待機 身包みは財布、携帯全部取られ、すべてに許可を求められます。
・そして、「帰って、よりを戻しても、どちらでもいいのです」
と、安心させて収監状態を続け、その間、カウンセラー、弁護士などが周りを囲み「それはヤバイ」「そんなことを」「危険だ」 みたいに追い詰めていくそうです。
・愚痴ると
「よく打ち明けて、辛かったでしょう、あなたみたいにできた方はじめて」など褒め殺す。
・逆に良く言おうとすると
「ほらそれ!!」と、ギクリとさせ、「大変な方と一緒になりましたね、あなたは“洗脳”されていたのです。その考え方は人格障害者に操作された人の典型で、悲しくも人格障害者で治った例はないのです、このままではあなたは魂を吸い取られ死んでしまいます」
 など、一方的レジメ教育もなされています。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、「こわもての牢名主
とは、そのシェルターで一番長く保護されている「被害」女性のことです。

すべてに許可を求められます」とは、
携帯電話やお金など、自分のものだがその施設に預けたものを使うとき、全て、許可を受けないと自分のものでありながら、使うことができない、ということです。

「それはヤバイ」「そんなことを」「危険だ」とシェルター職員がいう時は、
収監された「被害」女性が、親族に合おうとしたり夫に電話をかけようとしたりなど、シェルター職員の望まない行動を考え付いたときに言います。

愚痴ると」とは、
「夫のことを愚痴ると」ということだと思います。

良く言おうとすると」とは、
夫のことを良く言おうとすると、ということだと思います。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
皆様 1月27日、日曜日、あのDVシェルター経営者平川和子女史がなんと、教育委員会と女権団体との合体イベントで講演をします。 ぜひ、抗議の声をあげてください。 要点は、つくばみらい市での講演と同じです。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/01/20 17:30
DV防止法犠牲家族支援の会のH20.06.20集会報告
DV防止法犠牲家族支援の会の第五回集会が無事に開催されました。前回より少し、たくさんの方々がお集まりくださいました。ありがとうございました!!今まで、DV防止法に酷い目にあった方々が来てくださいました。メールやお電話でのみ、お話していた方々の中で、初めてお顔を拝見することのできた方もおられました。ご関心を持ってくださった方々、ご参集くださった方々にお礼申し上げます。 下の写真は、当会幹事、私の参謀、小菅清先生の勇姿です。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/06/23 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ここのブログに書かれている事は非情に良い事を題材にしていると思うのですが、録音されている(ぎゃーわわわわわ・・)あれを聞くと{頭大丈夫か?}って思ってしまったんですが。。。現在婦人相談所の横暴や拉致に近い監禁などが問題になりつつ有るのは間違い無いと思いますので少し真面目にブログを御作りになった方が良いと思いますのでよろしくお願いいたします。(誹謗中傷と思わないでいただきたいです)
ウェブシールについて
2008/01/18 12:48
わたしもDV防止法の犠牲者のひとりです。
ブログを拝読させて頂き、改めてDV防止法が悪法であると同時に、それに寄生する輩の実態に恐怖しました。
洗脳する側が「洗脳されている」と妻子を取り囲み本当の洗脳をしていく…
今後、日本の平和な家族がさらに餌食にならないように、皆様がより躍進されることを願っています。
なお
2008/10/23 19:02
突然妻子が行方知れずになり三週間経ちました。毎日がとても苦しいです。
お書きの通りの筋書で進んでいます。何とかしたいですが、どこでどうしてるかさえ分からず心配で食事も睡眠もままなりません。
特に子どもがまだ幼稚園児なので、突然の生活環境の変化に泣き叫んでいるだろうと思い、親として何もしてあげることが出来ない、絶望の毎日です。
1日も早く、この法律とその運用が是正され、多くの家族が同じ思いをせずに済むようになることを心から願っています。
いままさに
2009/04/19 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
妻が語るシェルター のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる