のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS DV講演会:茨城・つくばみらい市、抗議受け中止に 反対団体「防止法は家族破壊」(毎日新聞)

<<   作成日時 : 2008/01/19 22:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

DV講演会:茨城・つくばみらい市、抗議受け中止に 反対団体「防止法は家族破壊」 
◇メールなど100通

 配偶者や恋人などによる暴力「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした講演会を20日に予
定していた茨城県つくばみらい市が、被害者保護などを定めたDV防止法に批判的な市民団体などの
抗議を受け、開催を断念していたことが分かった。

 講演会は、内閣府の専門調査会委員でDV被害者支援に取り組む平川和子・東京フェミニストセラピ
ィセンター所長を講師に招いて開く予定だった。市によると、07年12月下旬にPRを始めたところ「偏向
した講演会を市費で行わないで下さい」と記した要請書やメールが届くようになり、約100通に達した。16
日朝には、市役所前で数人が拡声器を使って抗議する騒ぎが起き、市は「開催しても混乱を招く」と、中止を決めた。

 開催に反対した市民側は「被害者のシェルターへの保護は家族を破壊する」とDV防止法を批判している
が、平川さんは「DVの実態を伝えたかったので残念だ」と語った。【五味香織】

毎日新聞 2008年1月18日 東京夕刊

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

<中止理由が「市民に危険が及ぶ」を、市が全面謝罪する>
市が全面謝罪の広告へ!中止の理由を「市民に危険が及ぶ恐れ」とねじ曲げ産経新聞が一般市民の抗議を受け中止とした平川和子の講演会を「市民に危険が及ぶ恐れがあった」と
報道した。

これを受けて主権回復を目指す会は18日午後、西村修平代表、槇泰智幹事、支援者の田原美枝子氏、長谷川財(かね)子氏の4人でつくばみらい市で「市民に危険が及ぶ恐れがあった」とは如何なる具体的内容かを、市側に問い質した。

市側からは海老原 茂部長(総務部)、沼尻春満課長補佐(秘書広聴課)が出席。なを、担当責任者の森 勝巳課長(秘書広聴課)は抗議電話の殺到で、急激な高血圧に見舞われ、退庁・欠席した。

西村修平代表の質問要旨
【市がマスコミに流した中止の理由に「市民に危険が及ぶ恐れがあった」とあるが、どのような危険か?また、「危険」
の内容は具体的にどのようなものだったか?と問い質した。さらに、「危険」とする表現は「殺す」とか「爆弾を仕掛け
た」「放火する」の類を指すが、そのような脅迫は有ったのか?有ったら公表して頂きたい。これは立派な脅迫罪であり、
刑事事件にに該当するが、何故?警察に通報しないのか】

槇 泰智幹事の質問要旨
【講演中止理由の一つに「拡声器で中止を求める騒ぎ」とあるが、市は理由の如何を問わず「拡声器で中止」を求め
たならば、何でもかんでも中止するのか?】

これに対し席上、海老原部長と沼尻課長補佐は、「重大な誤解を与えた事を深刻に反省する」と全面的に謝罪した。
その上で、当会は以下のことを市に要求した。
@産経新聞に対しては訂正記事を掲載するよう依頼すること
A産経が訂正を載せないときは、市が産経新聞に対し、誤解を与えた件につき謝罪の広告を掲載すること
B中止に至った理由を市の広報誌に掲載すること
C広報誌に寄せられた意見を掲載すること

市側は、可及的速やかに誠意を持って回答すると確約した。以上のやりとりは双方が同意の上、テープに録音済み。


※一方、当会は抗議に先立ち、電話取材した産経新聞水戸支局の篠崎 理記者に「市民に危険が及ぶ恐れがあった」
と記事にした理由・根拠を尋ねた。また、この手の手法は、愛国運動を敵視する朝日新聞と同じ手法ではないか?と。

これに対し篠崎記者は市の言い分をそのまま書いただけだと述べ、「『市民に危険が及ぶ』事に関して何故なのかを書く責
任は無い」と突っぱねた。朝日新聞が無視せざるを得なかった記事を、「保守」を名乗る産経新聞が愛国運動を敵視する
朝日の代役をやってのけた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
皆様 1月27日、日曜日、あのDVシェルター経営者平川和子女史がなんと、教育委員会と女権団体との合体イベントで講演をします。 ぜひ、抗議の声をあげてください。 要点は、つくばみらい市での講演と同じです。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/01/20 17:30
マスコミをやるための商材が見つからない
国策捜査って何だろう。 ...続きを見る
小冊子ビジネスの意義,DV講演会:茨城・...
2008/01/20 19:05
見っけ!面白特集〜♪北京ジャックT
ぎゃはは。。面白いの見つけた。のまりんのことが書いてあるにゃ。北京ジャック3月号で、あのつくばみらい市事件のこと特集してる。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/08/31 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 野牧先生からは、行動する事の大切さを教えてもらいました。
 闇は、光に勝てないことの証明だと思います。
大和市民
2008/01/20 15:47
講演会中止を叫んでいて、それが実行されたので、それで善しとして欲しいです。
あんなにギャーギャー騒がれて、車の購入手続きで市役所に行っただけなのに恐ろしいものを感じましたよ。市役所の「安全を考えて」というのはある意味正しかったと思いました。
つくばみらい市民
2008/01/20 23:04
>これに対し篠崎記者は市の言い分をそのまま書いただけだと述べ、「『市民に危険が及ぶ』事に関して何故なのかを書く責任は無い」と突っぱねた。<

「書く責任は無い」っていうより、「聞かなかった」って事なんだろうね。素直に言えば良いんだけどね。「聞くの忘れました。チョンボでした。」ってね。この記者は、DV法(オレは「TTM〈美人局)法って言ってるけど)やら、極左フェミっのが、どれだけ税金使って庶民を小馬鹿にしているか解ってないだけの事。
田舎者
2008/01/27 07:13
>あんなにギャーギャー騒がれて、・・<
すいませんね、つくばみらい市民殿
オレは、以前、我が子の死産証明と火葬許可証をもらいに役所に行ったんだけど、大概、その手の手続きってのは業者が来るもので、個人は来ないらしい。だから、けんもほろろでさ、押したり引いたりしてる所を見かねた業者さん二人が、職員を一喝してくれ無ければ火葬許可証が出ないところだった。火葬ごときでこの始末。
 要はさ、DVやら共同▲ってのには、葬儀以上の利権があってさ、まともにやってたのでは役人なんてのは動かない。しかも、その利権が一部のプロ市民の為にあるとなれば、問題は大きいのではないですかねえ。

暴力の被害者を盾に、美人局や詐欺の片棒担いでる輩の講演をなんで税金てやらなければならないのか不思議でならなのも一つなんだけどね。それを辞めさせるのに、ギャーギャー騒がなければ(身の危険を感じる程、唸り飛ばさないと・・オレの時も、そうだった)仕事しない役人ってのはどんな倫理観をしているのかとね。
田舎者
2008/01/27 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
DV講演会:茨城・つくばみらい市、抗議受け中止に 反対団体「防止法は家族破壊」(毎日新聞) のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる