のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔のシェルターから帰った妻の決意

<<   作成日時 : 2008/01/14 11:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

シェルターから帰った奥様からのFAXDを紹介します。
この方は、シェルターに入り、あれよあれよと離婚へとまわりにもってこられました。もちろん、奥様も洗脳を受けました。ご主人と色々と喧嘩はしましたが、こういう憎悪と陰謀の中で自分の人生が振り回されることに耐えられなくなりました。

また、奥様はご主人との気持ちのすれ違いに悩んではいたものの、良い家庭を築くためにどうしたらよいか、ということで、行政の女性相談を訪れたのです。それが、破壊への道であろうとは夢にも思っていませんでした。
(画像をクリック出てきた画像が小さい場合は、少し待って、右下に出てくるマークを再びクリック)
画像
画像
奥様は今、ご主人とともに、関連する行政機関や施設をまわって、DVシェルター騒動の顛末を整理しておられます。ご主人も奥様を血眼になって探し回りました。ご主人のもとに帰っても、シェルターに入所したことによる夫婦の関係はぎくしゃくしていました。
 しかし、お二人でそこのところをなんとか乗り切ろうと今、一緒に暮らしておられます。皆様、このご夫婦に心の応援をお願いします。

FAXの文面が見難いので、私が以下に書き出します。
フェミニストによって、家庭の幸せを築きにくい世の中になったことがよく分ります。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

野牧さんへ

あけましておめでとうございます。DV法のことや家族のことで色々と相談にのってくださいまして、ありがとうございました。
真実を追求すればする程、人間の嫌な部分が、見えてきてしまい、本来の自分を見失ってしまうことさえあります。

私は自分がしてきたことの全てを、今後、社会に公表していくつもりですが、それをしたことによって、一度壊れてしまった家族を取り戻すには一生分くらいの労力が必要ですね。通関しました。

生活、考え、心、大事にしてきたものを全て破壊し(され)、それを取り返すには、何が必要なんでしょうか?
お金ですか?心でしょうか?忍耐でしょうか?今後、それから元の生活を戻し、生きていいけるのでしょうか?

私が夫の元へ戻ったことは、まちがえだったでしょうか?
生活保護を受けていたから夫婦になるのが一番だなんて、安易に思ったのでしょうか?

信実それは @DV法A民生委員の○○、B女性センターC役場(所)福祉課D警察。

5つの行政を相手取って、こんな私に何ができますか?
実際C(生活保護法)については、先日、○○○所まで、夫と話をしに行きました。

DV法と生活保護の関連等について訪ねると、関連はないとのこと。私の所持金がないと、受けられる、とのことです。

私の重度のうつだったのにも、かかわらずです。実父の持ち金はなく、でも、海外旅行にはハワイ、モルジブと行っているんです。にもかかわらず、私の所持金もなく、夫からのがれ、保護命令を受ければ、簡単に受けられるのです。

これから、具体的にこの酔うなさわり部分ですが、行為をしたことについて、私は戦って信実を追求するつもりです。

ただ、夫とは今後、こんなにも、沢山の不正を追求できるのかは、分りません。これは、金銭の追求など、なま優しいものではなく、人間たるものが、とっては、いけない行為にあたるもので、許しがたいことだからです。

素直に家族と幸せを求め、暮らしたかった私の気持ち、子供の心、夫の立場を、なんとか取り戻したいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
皆様 1月27日、日曜日、あのDVシェルター経営者平川和子女史がなんと、教育委員会と女権団体との合体イベントで講演をします。 ぜひ、抗議の声をあげてください。 要点は、つくばみらい市での講演と同じです。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2008/01/20 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ様な境遇で今、悩んでいます。きっと私の妻も同じ思いになり帰ってくると信じています。頑張って下さい。応援します。
ビリーブ
2011/06/03 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔のシェルターから帰った妻の決意 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる