のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国籍の妻からの仕打ち  5 保護命令と反論

<<   作成日時 : 2007/12/31 13:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

寝ている時に暴力を振るったとされ、虚偽の暴力により保護命令が下されました。保護命令の文言や文章は全国共通の見本ができており、裁判官は名前だけ入れ替えればよいようになっています。ベルトコンベアーで家庭破戒を促進しています。
画像
画像


次の文面は、夫の言い分です。

陳述書及び準備書面に対する反論

 私は、この書面を読んだ時虚偽ででたらめな内容である事を痛感して内心笑いました。
 妻は、日本語も殆ど理解できず、日常の簡単な会話ができるくらいです。茶番作文です。
 夫から暴力を6回ほど振るわれたとありますが、実際は妻からいつも手足で攻撃して一度は鼓膜を破損致しました。又中国人に対する差別については、資本主義と共産主義の
 違いや、それぞれの良い点悪い点に関して議論する事はたびたびありました。又麻薬に関する話は、した事も考えた事もありません。料理に関しては、餃子は上手でよく食べましたが、他の料理は、私の一人生活が長かったせいか口が肥えてる為私から良く教えました。又暴力団など付き合いも仲間もいません。タクシーの営業係りの為早朝帰宅焼酎割りを2杯位飲んで就寝します。21時間程の乗務勤務すると、しらふでは寝る事が出来ません。
  妊娠中はお腹を触って、「元気な子供を産むように」といつも励ましていました。馬鹿にするなんて論外です。妻を支援すると称する人達の、邪悪な人による捏造です。
  在留資格「永住」に関しては、入国管理及び難民認定法に関して精通している私は協力に関して惜しまなくしておりました。妻の叔母さんの娘が国際結婚来日後すぐにもらったと言うので、埼玉入国管理事務所に行くも、日本入国後三年経過しなければ申請受理出来ないと言われ来年2月まで待機している最中でした。帰化申請は在留資格でなくて日本国籍取得目的で法務局の管轄です。帰化すれば、自分の国の国籍は放棄するのです。参政権のある日本人です。
  9月12日早朝、仕事から帰宅して就寝していると、午前8時頃「永住VISAはだめ」と怒鳴り(相談員によるアドバイスか?)挑発する、来年2月まで待つように言ったのですが聞く耳持たず酒のパックを5階から1階に投げる。下に人がいると怪我をすると言って私は片付ける為1階へ、暴力など振るった事、包丁を持った事等全くありません。そして教会の牧師に事情を説明する。帰ると来ていた警察官に「どうしたんですか」と言われ「妻が興奮している」と言うと、少し離れているように指示され車に避難しました。自治会の人に付き添われて管理棟へ行ったようです。自宅で就寝していると又警察が来て「私が暴れていると110番が来た」との事、私は寝ていたので唖然とした。三回目110番しても今度は来ませんと言われ、被害妄想という病気がある事を伝えた。
  夕方管理棟に迎えに行くも「警察が帰った後、いなくなりました」と言う。女性相談等の邪悪な人による拉致が始まったのです。邪悪な人の知っているところで宿泊、翌日狭山市役所子育て支援課で事件と関係ない以前からあった青痣(本人確認済み)を証拠写真として撮る(計画的、狭山市役所確認済み)そして保護施設へ隠匿洗脳が始まる。
  警察に捜索願など出しておりません。DV法適用の為受理出来ないと言われ連絡を待つのみでした。全て邪悪な人間の計画的仕業です。絶対許せない。超法規的措置を願う。
 このような邪悪な人間に日本国内閣府は何故特権支援金を与えるのか疑問です。


感想
 私は、現在60歳になる男性です。今回のような問題に自分が当事者としてかかわるなど夢にも考えてみませんでした。DVと言う言葉は知っていましたが、法律や仕組みまでは分からなかった。今回初めて勉強いたしました。
28歳で旅行会社を設立、東京6大学の学生サークルを対象に営業して参りましたが、時代の流れから4年程前から採算が合わずNET販売に切り替えました。しかし薄利多売時代に突入、安定収入の道が閉ざされ現在に至っています。
 当初日本人との結婚生活もハワイにコンドミニアム購入後、妻の欲求が加速、ハワイに2児と留学、年間1,500万円の送金、妻の不倫で離婚に至りました。次韓国人との結婚も8年間で死別、今回は、余生最後の家族生活を夢見て中国延吉へ語学研修顧客と同行、現地の日本語学校の校長から紹介で現在の妻をめとりました。まだ一部の中国人は日本への入国査証取得が容易ではありません。地域によっては経済格差が大きく存在します。
 現在の妻も中国北方の為、婚姻で来日させるしかありませんでした。普通は、日本に留学で数年勉学に励み、日本人と知り合い結婚に至る場合が多いのですが、日本語も知らない妻を早々来日させ(私はハングルがわかるので意思の疎通は問題なし)大変なつらい思いをさせた事にも責任を感じています。しかし、来日する時、現地の親族と暗黙の了解すなわち日本に行けば日本円を送金援助して欲しいと言う約束がある事は分かっていましたが、日本で子供が生まれ、こちらの生活が一番重要視しなくてはならない事をいつも話しました。しかし、現地からのプレッシャーが続き、間に挟まれストレスが溜まり、今回の事件の引き金になった事もあると思います。妻の考えの甘いところが多いのも事実です。
 一番邪悪なのは、相談センターの邪悪人間は、このような境遇にある者を蟻地獄のように待ち受け利用して保護施設を取り巻く邪悪人間と一緒に洗脳隔離してしまう事です。少しでも実績を作りDV防止法の存在意味を内閣府に示しているのです。国からの支援者や保護施設への予算取り又弁護士や他の関係機関への利益提供が目的です。現在問題なのは、都道府県相談センターの女性・保護施設を取り巻く邪悪な人間又それに関連する弁護士等この人達を関連から排除する事が先決と考えます。
 私は現在、妻と息子の生活援助の為タクシーに乗っております。自宅にいなくなれば仕事をする意味がありません。途方にくれています。
 国際結婚を考えている方は、相手を日本人の物差しで計れないことを良く周知し考えて行動して下さい。制約など交わしても何の意味もありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
中国籍の妻からの仕打ち  5 保護命令と反論 のまりんの資料棚/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/03 08:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
最初に、あなたの言い分は残念ながら保護命令を申し立てられた人々の典型的特徴が見られます。

実際、いくつかの誇張(あなたにはそう思える)が申立書にあったかもしれませんが、裁判官は誇張を見抜く目を養っており、誇張が原因で棄却された事例もあります。
また、法令の決定は確かな事実に基づいてのみ下されます。つまり、申立書のなかに、あなたは誇張を見つけてそれに憤慨していますが、それ以外の記述の中で、言い逃れできないDVに値する行為があったと裁判官が認めたのです。この点に関してはいかがでしょうか。正しく過去を振り返ってみてください。

保護命令を申し立てられた人は揃ってDVなんて自分に縁のないことだと思っていたといいます。DVに関する正しい知識、自覚が欠けている故の暴力なのですから、このコメントは当然です。
これを機会に今一度自分の行動や価値観を考え直してみてください。相手を責めるのみでは、あなたのせっかくの改めの機会も生きてきません。
るる
2008/09/20 15:47
↑「法令の決定は確かな事実に基づいてのみ下されます。」という論法はおかしい。暴力事件の審理については未だ精確には行なわれていない。確かな事実があったというならば、裁判官の言うところの、その事実が裁判上正しい事実か否か挙げてみればよい。そこで、初めて対審性の基盤が整う。そもそも、さもあるかにように装い、しかも、事実を争わせないところで、判定されること自体、裁判制度の趣旨に反する。その証拠に、妻が被害者妻が帰ってきたのではないか。むしろ、「誇張を見抜く目を養っており」というが、誇張を見抜く目をごまかす技術を養っているのではないのか。自覚が足りない極左団体らこそ、今時、DVを推進すると言うだけで、気持ち悪がられているという、自覚をうながしたい。
自覚の足りない人へ
2008/09/20 18:08
 本当に恐ろしいと思いました。何の根拠も無く、公権力が行使されてしまうのは許せない、と思っていたのですが、「家庭破戒を促進しています」で萎えてしまいました。許せないのが公権力の悪用ではなくて、家庭という保守の理想が壊されるからだとすれば、それはちょっとおかしいと思います。
中道左派
2010/07/18 02:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国籍の妻からの仕打ち  5 保護命令と反論 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる