のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 御茶ノ水女子大で行われたフェミ発表会見学報告

<<   作成日時 : 2007/10/21 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

まず、すごくリッチだなと思いました。受付でいただいた資料なんですが、クリアファイルとボールペンがついていたんですよね。
画像
そして、クリアファイルの中には、冊子が入っていて、プログラムや資料がありました。これは表紙とその裏。
画像
画像
質問用紙2枚、感想を書く用紙1枚が挟んでありました。
画像
画像
画像
画像
さらなる表紙があって、次にプログラムがありました。さて、午前の部ですみんなすごく真面目なお嬢さんたち。ぶりっ子タレントと女子アナの口調を混ぜたような話方で、原稿をすらすら読み上げていました。以下は冊子にあった資料です。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
クリアファイルには、色々な資料も入っていました。次の画像のこの集会のチラシです。表と裏です。
画像
画像
次の資料は「若手セッション」の女の子達の資料です。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
「若手セッション」の女の子達は、とにかく真面目な感じ。粛々と時が過ぎてゆきました。私が一番感銘を受けたのは、三村恭子さんの「女が内診台に乗るとき」です。内診台のカーテンは、女性の羞恥心への配慮だけでなく、権力者としての医者と受身の女性の間を「分断」する働きがあるんだって。なんと、分断の38線、それが、内診台のあのカーテンです。そして、カーテンの向こうで何が行われているか、わからないところに問題があるんだそうです。そして、医療機器は女性の身体について、どう見ているかというと、穴は使いやすい、毛はいらないとか思っているのだそう。で、あそこの穴は手術のためのトンネルではない、とのことです。

三村女史はさらに、機器が見る女性の身体を私達に分りやすく説明するために、紙粘土で人形を作って、写真にとり、大画面に映し出してくれました。私はこれらの画像を急いで写真に撮りました。そしたら、係りの人に、写真は止めてください、といわれました。で、削除したわけで、残念ながら、その紙粘土人形はお見せできません。三村女史は紙粘土がよほど気にいっているらしく、登壇しているときにも傍においておられました。これからも、紙粘土細工を楽しみにしながら、研究を続けるとのことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
美容院
美容院 ...続きを見る
美容院
2007/10/22 05:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
以前から発表で言わんとしていたことと若干異なる報告がこちらに掲載されていることが気になっております。大変申し訳ありませんが、私の発表に関する箇所を削除願えませんでしょうか。
mimura
2011/10/12 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
御茶ノ水女子大で行われたフェミ発表会見学報告 のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる