のまりんの資料棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥取県のDV防止法犠牲男性からのメール

<<   作成日時 : 2007/09/30 17:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 3

私は、貴方様方のようなHPを捜してました。自分で行政に対し、裁判しようかとも考えているところで、もちろん行政に対する困難は分かっていますが、欠陥法ともいうべきDV法を正すべく、社会問題にしなければならないとの一心で考えています。


家族崩壊を訴えても問題意識を持たないマスコミ・学者・政治家
女性なら記事になるけど

約2ヶ月前、私は私の体験と私の質問に対する県の回答の矛盾の証拠を各新聞社・各雑誌社・各TV局の報道番組・御茶ノ水女子大の戒能民江教授・周防監督・鳥取県の市民オンブズマンに送って来ました。しかし、ほとんど返事がなく無視されてる状態です。相談する県会議員は、女性だと記事になるがと言われる始末です。そこで、社会問題にするために行政裁判しようかと考えているところです。

独身時代から妻の鬱病

前置きが長くなりましたが、本題をお話しさせてください。
嫁は、H16年7月に出産と子宮筋腫で実家に帰りました。12月に帝王切開ですが、無事第一子の長男が生まれ喜んだところです。

H17年4月から嫁がうつ症状で精神科に通院(この時独身時代もうつの治療経験があったのを始めて知る)するようになり、何度か帰る約束を破るが、嫁からの「精神の治療は長くかかるから待ってほしい。」との言葉を受け待っていた訳ですが、9月に嫁から離婚調停をしてきて、H18年1月に本訴をしてきました。


おかしなことの連続
梨を送ってと頼んだり 携帯電話の家族契約を申し出たりしたのになぜ妻はいなくなったのか

この間の経過がおかしなことばかりです。

○離婚調停の9月に、梨を送ってくれと嫁が父と一緒に頼みにきました。ー送ってあげました。
12月、嫁が一発廃車の事故に遭い、同乗の1才の長男はチャイルドシートを後向きにしてたので助かったのですが、直後から危険な前向きに乗せて走り出し、再三注意しても、分かったとの返事だけで、(妻の母親に)母親に「本当は、前向きにしたらいけんだけど」と言って走り続けました。

○H18年1月6日、長女の入園で一緒に保育園に面接に行き、連れて行くのは私ということを、嫁の口から園長先生に話した。初日は1月20日です。

○1月16日、嫁が携帯の家族割引を私に電話で頼んできた。ーOKしました。

○1月18日に嫁が長女を連れて実家から突如いなくなりました。


北朝鮮に家族を拉致されたような思い
行政に拒否される回答

※この1月に、訴訟がきましたが、そこで初めてDV法で保護されたことが分かりました。この間、何が起こったのか、どこに行ったのか分からず、そして、一番キツイのは今日までの1年8ヶ月私は全く子供に会えてません。本当にたいへんな時代で、私は北朝鮮に拉致された家族と同じ心境だと思います。
私は、裁判の間もDV法で行政に何度も質問を出し、回答拒否してきた内容も、行政監査室に動いて貰ったら厚生労働省に調べてようやく出してきました。


暴力を振るったことがないのに
どうして緊急性があるのか

その引き出した回答は以下の内容で、文書になってます。

○DV法に一時保護と書いてあるのは、緊急的一時保護の意味で書いてあるとのこと。裁判での嫁の本人陳述では、福祉相談センターで子供の相談してたらそれはDVと言われ保護されたと書いてます。裁判官も子供の連れ去り防止で保護されたのですか?と2度も質問し、嫁もハイと答えている。


児童相談で、なぜ夫婦のDV保護があるのか

私はこのことを同センターの一時保護課長に聞いたら、子供の事は児童相談所で、大人のDV保護は婦人相談所だから、ありえない例との返事でした。

○県外で保護し、住居や職業も斡旋し生活させていくこともある。−一時保護でないではないか
○一時は約2週間である。
○本人の方向性が決まらなければ続けて保護する。

などであります。


最初から離婚ありきの裁判

裁判の方は、地裁で私の本人陳述が割愛され、ほとんど内容を吟味してないのが分かるような、最初から離婚ありきの判決でした。
高裁は、私の本人陳述の機会を訴えが拒否され、嫁の精神科の診断書の提出(医者は出すと言っている)を求めたが拒否され、DVのことは書かれてないが、離婚と親権者と養育費月4万円の判決を言い渡されました。現在は、難しいと言われる最高裁に提出し、返事待ちの状態です。

私は、一度も嫁を殴ったことはありませんし、まして1年半も実家にいて暴力などできよう筈がありません。全くの嫁のウソで子供を連れ去られてしまいました。当初は嫁の両親も親戚も私に謝っていました。

全くおかしな不平等な時代です。一般の人はもちろん、私が最近相談した弁護士さえ真偽を調べず保護し続けることに驚いています。なんとかこのことを世に知らしめて、正直者がバカを
みないような時代をつくっていかなければいけません。

たいへん長くなってしまいましたが、お役に立てたり、お力をお借りできればと思います。
どうぞよろしくお願いします。

ご返事ありがとうございます。
近日送らせて頂きますのでよろしくお願いします。
なお、嫁が長男を連れて一時保護を願い出た理由は、私が子供を連れ去るというわけの分らない理由でした。私がどこになぜ、長男を連れて去ってゆくのか、全く分りません。まして、旧急性などどこにあるのか、狐につままれた気分です。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

妻の父親が書いた覚書
娘の夫が子供を連れ去る、ということはないと思う、と書かれている
画像
画像をクリック、出てきた画像が小さい場合は、しばらく待って、右下に出てきたマークを再びクリック


続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
離婚マニュアル
必要知識と必要手順を判りやすくまとめた離婚マニュアル。 ...続きを見る

2007/10/01 15:25
離婚の問題 子供の養育費
離婚の問題 子供の養育費 ...続きを見る
離婚の現実
2007/10/08 21:33
鳥取県のDV防止法犠牲男性からのメール2
鳥取県のDV防止法犠牲男性からのメールの記事でご紹介した件について。この男性は奥様が消えてから、DV審尋、離婚裁判等色々ありました。 離婚裁判の判決です。家族を引き裂く判決を出した裁判官は次の通り。 さて、この男性は控訴します。その控訴の準備書面です。DVはなかったと主張しています。 ...続きを見る
のまりんの資料棚
2007/10/13 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしもまるっきり同じです。
私の場合は内縁の精神遅滞と言う病気を持った内縁の妻を2週間入院と言われた同じ遅滞を持った兄が入れてしまいもう半年になりますが別れたいでも退去でも無く接近禁止すら出ていませんので妻の実家で未だに暮らしています。一応婦人相談所の方が他に引っ越して(たとえば家を買うとか)待っててあげたら戻るんでは?と申されたので他に引越しをしましたが内縁の妻の兄が結構めちゃくちゃで事件を起こすので妻の実家に戻っています。
このまま婦人相談所の思いどーりにさせておいていいのでしょうか?・・・疑問です・・。
2週間の入院と嘘をついてまで入所させた
宇都宮の婦人相談所職員(きつれがわ)を訴えるべきなのでしょうか?

話が飛んでしまったので^^;
荷物の整理中に妻が怪我をして病院に兄が連れて行きました。そこでソーシャルワーカーに連行され
婦人相談所宇都宮支部へ
兄は2週間入院と言われたとのこと。無料とも聞かされたらしい。入所後2週間たっても連絡も無く現在に至る。

行政相談や行政評価も当たりましたが返答はありません。
ムーぽん
2007/11/09 20:29
裁判所から行政訴訟をしたら?と言われました
今は、まだ悩んでおりますが
やってみようかと思っております

このHPのおかげで少し元気が出ました
ありがとうございます^^
ムーぽん
2007/11/13 05:22
完全にDV冤罪ですね。
私も調停を起こされ、離婚事由がないということで長期の別居を認めるということで不成立になりました。
その後の妻のやり方はDV防止法を道具にして有利に離婚話を進めるというやり方です。
DV防止法は本当に穴だらけの悪法です。これまでどれだけの父親と子供が引き離されたのか?
弁護士も支援団体も警察も全て取り込み、虚偽のDVやDVの拡大解釈を認めてきました。国もこの事実を放置してきた。
人権問題・幼児虐待・偽証罪全てが当てはまる重罪だ。
watt
2011/08/05 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥取県のDV防止法犠牲男性からのメール のまりんの資料棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる